人気ブログランキング |

<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


*テーブルの上に両手を置いてみてください。

片方の手で2拍子、もう片方の手で3拍子、で同時にトントンと叩いてみてください。
2拍子も3拍子も簡単なリズムですからすぐにできそうですが、両方同時だと意外になかなかできないかもしれません。
それが、<8分の6>というリズムの基本になります。

このリズムは欧米や日本人にとっては一番遠いリズムかもしれませんが、地球規模だとかなり普通に親しまれているリズムです。
4も8も16もつまりは2で割り切れますから、その手のリズムはどんな激しいリズムでも2で割り切って変換してすぐにノれます。

音楽的に言えば、
昨今流行のフロアテクノ、クラブ音楽、リミックス、DJのつなぎ、ユーロビート/トランス音楽、メトロノーム、催眠音楽、エイ-ベックス、エアロビクスなど、ベースドラムがドンドンいっている所謂<四つ打ちリズム>は決して激しいわけではなくて、どんな人でも2のリズムですぐにノれるのでウケているわけです。

そういう単調なドンドン・ドコドコというと、一般に太鼓・パーカッションでのアフリカを想起しやすいですが、あれはイメージの刷り込みでしかなく、アフリカのリズムは<8分の6>の応用・転用にそのリズムの多用性があります。
ラテンはもちろんアラブ圏でもインドでもジプシー音楽でも、四つ打ちの単調なリズムはありません。
四つ打ちは、欧米のかつてのディスコやテクノ・ポップから来ているものですから、極めて西洋的です。
(西洋のクラッシック音楽は多種多様なリズムを多用しています。)

たとえば2拍子と3拍子が絡み合って全体でひとつのリズムを作り出すのを、「ポリ・リズム」といいます。
(同名のパヒュームのヒット曲のリズムは「モノ・リズム」です。)
3は2では割り切れませんから溶け込まずタイミングがズレているように感じますが、<2×3=6>で同調する。それで大きなウネリが生まれて<グルーヴ>になる。

黒人や社交ダンスやラテンダンスはそのリズムに踊り手がそれぞれ自由に「拍を見つけて埋め込んでいく」ので統一されたフロアにはなりづらいものですが、2拍や四つ打ちだけを強調した音楽でそこに集約されると、それらのダンスフロアは昨今のようにマス・ゲームになるわけです。

音楽は人が作り、人の社会の産物ですから、拡大解釈をすれば、
人間関係も社会もそうで、2拍子の人も3拍子の人も4拍子の人も5拍子の人も7拍子の人もいてポリ・リズムであって初めて、心地よい大きなウネリ・グルーヴが生まれる。
2拍子に集約されてしまうようなものは“派閥”だとか“組織”だとかボンデージのように窮屈で息苦しいものになってしまう。
それが証拠に、軍楽マーチ・行進曲は2拍子です。良くも悪くも統率させるための単一強調リズムです。
昨今流行の四つ打ち系の音楽は、さしづめ、拭い去れない不安をひた隠す現代人の寄る辺なき軍進曲といったところでしょうか。

8分の6拍子をハチ・ロクといいますが、すぐにはノれなくても、ハチロクに代表されるような暮らしが結果的に心地よい大きなウネリに抱かれた生活を作るような気がします。
(いや、かつては日本もそういう社会だったのですが、超西洋化し、社会も人の意識も、いまや四つ打ち感覚になってしまったように思えます。そのBGMが、流行の四つ打ち音楽なのかもしれません。)

ポリ・リズム。
即効性・即時性・即席性はないですしすぐにノれないかもしれませんが、すべてのリズム・鼓動は、何拍目か先には必ず一致して同調する。
そこがアクセントになって、グルーヴや大きなリズムを作り出す。

テーブルに両手を置いてトントンと、8分の6を叩いてみましょう。

f0148098_1544837.jpg


キューバ、エクアドル、USA、スペインと世界を流浪する孤高のピアニスト。
アルバム「センティール」とはスペイン語の「感じる」という意味。生ピアノを軸に、ベースやドラムを排し、モロッコ、キューバ、ベナズエラの民族打楽器を加え、3つのアフリカ系黒人文化を再構築するダイナミックな演奏が展開される。絡み合う祝祭のリズム、スピリチュアルな響き、旋律。


オマール・ソーサ      キューバ/ジャズ


by greenwich-village | 2010-10-06 15:24 | 音楽
f0148098_18184082.jpg

地図を開くとエジプトの下、南側に位置する国、アフリカのスーダン。
ここにもまた、ウソのない実に楽しいPOP音楽がありまして、大御所ムハンマド・ワルディ。
こちらはスーダンの下、さらに南側に位置する隣国エチオピアでのライヴ・アルバム。

おそらくこういった音楽をここで初めて聴く方が多いかと思いますが、
初めて聴いたのに、きっとなぜだかとても懐かしいフィーリングを持つことでしょう。
お好みは別として、それは、あなたが紛れもなく日本育ちの日本人にほかならない証です、笑。

実に楽し気なライヴですよ。


by greenwich-village | 2010-10-05 18:59 | 音楽

業務連絡

ソニー・バイオのパソコンがついに壊れてしまいました。
現在、実家のPCを借りて書き込み中。
ですので、しばらくの間、ブログは更新できませんのでよろしくお願いいたします。
by greenwich-village | 2010-10-02 15:36 | その他

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ