人気ブログランキング |

カテゴリ:食べ物( 25 )

ウェハース、チョコレート、クッキー、タルト、チョコサンド、マシュマロ、
毎冬場お馴染みのヨーロッパ焼き菓子類入荷。

f0148098_1852183.jpg
f0148098_18523353.jpg
f0148098_18524811.jpg
f0148098_18536100.jpg
f0148098_18532287.jpg







by greenwich-village | 2010-11-14 18:54 | 食べ物
前回あっという間に完売だった人気のマロングラッセ、再び入荷。
季節も落ち着いて、ようやくこの味わいが楽しめる秋になりました。
ほっとひと息、コーヒーや紅茶に最高の相性、そんな時間はちょっと大人なフラメンコ音楽で。
窓から見える秋雨前線の空模様も、コーヒーとマロングラッセとフラメンコでまた楽し。

マロングラッセ
f0148098_15391232.jpg

カルロス・ピニャーナ
f0148098_15384133.jpg

アルバム「デル・スール」から。



マロングラッセ、秋にはアコーディオン音楽の響きもよく似合います。
f0148098_15393496.jpg

タンゴ、アイリッシュ、ジプシー、ミュゼット、ポルカ、クレツマー、アコーディオン音楽各種。
f0148098_15394914.jpg

by greenwich-village | 2010-10-09 16:24 | 食べ物
f0148098_1854222.jpg


wataさんから頂きました。ありがとうございます。

こちら、食玩ではなくれっきとしたホンモノ、植物のカボチャでございます。

一見、蝋か紙粘土かで色付けしたまったくの作り物かと思うほどの、ロケットのような奇妙な形とオレンジがうまい具合にかわいいミニ。
観賞用なんだそうで、食べられないそうです。おそらく食べてもおいしくないんでしょう。
不出来とか偶然とかではなくて、オブジェとかディスプレイ用にとかでこういうのが栽培されていて、お花屋さんあたりでも扱っているところもあるそうです。
たしかに、食べる必要もなく、見ているだけで非常に良い出来、カワイイので女性に人気があるのがわかります。
花を活けた花瓶の隣や窓辺に置いたりして、ナチュラルで個性的なインテリアになりますね。

食玩ならこのままずっと置いておけるのですが、ホンモノのカボチャなので時が来れば腐ってしまうので捨てなければならないのですが、そういう儚さも含めて何ともビックリで面白く味わい深い軽妙な感じです。

こういう奇妙でかわいい観賞用インテリア野菜・果物専門の栽培会社をやろうかな、などとちょっとマジで考えたりします。何も花や草ばかりが観賞用とは限りませんものね。
食べる野菜から、見て楽しむインテリアな野菜へ!


あー、でもグリニッチ以上に一般受けしないだろうな・・・・・・、笑。

f0148098_18542167.jpg
f0148098_1854357.jpg


「もっとカボチャをリスペクト!!」

カボチャーマン


by greenwich-village | 2010-09-18 19:01 | 食べ物

冷たいラーメンと夕立

もうしょうがないほどの猛暑、暑い夏には冷たいラーメンと夕立がよろしいかと存じます。

本場・山形の、冷たいラーメン2食入。醤油/塩、各入荷いたしました。ぜひ一度ご賞味ください。

f0148098_14381224.jpg
f0148098_1438324.jpg
f0148098_14384133.jpg


夕立   井上陽水


by greenwich-village | 2010-07-26 14:45 | 食べ物

無敵のマロングラッセ

コレは食べないわけにはいかないでしょう、無敵のマロングラッセ入荷。
f0148098_12285474.jpg
コーヒー、紅茶にはもちろん、ワインやブランデー、ウィスキーやバーボンにも!


f0148098_12282660.jpgマロングラッセ(仏:Marron glacé )

固い鬼皮を剥いたクリを煮て渋皮を剥く。
バニラで香りをつけた砂糖液(糖度25度)にクリを漬け込み、沸騰させないように弱火で加熱する。
蒸発した水分を砂糖液で補いながら、糖度が35度前後になるまで10日間ほどかけてゆっくりと煮詰める。
汁気をきり、表面を乾燥させて仕上げる。
砂糖液に風味付けのためのブランデーやラム酒を加える場合もある。

もともとフランス語でマロン(Marron)とは、トチノキ科の木であるマロニエの実のことだったが、マロングラッセに使うマロニエの実をクリで代用したことから、クリのこともマロンと呼ぶようになった。

f0148098_12294761.jpg

はなはなマロンとあなくま



f0148098_12574544.jpg

by greenwich-village | 2010-03-15 12:35 | 食べ物

アップル

アップルコンピュータでも椎名林檎でもありません、あしからず。

ありがとう~、Sさんからお土産で頂いた、岩手南部せんべいの“林檎せんべい”
f0148098_15293870.jpg

焼き菓子はさすがのドイツ・コペラートクッキー、アップル&シナモン 280円
f0148098_15295243.jpg

ビートルズ、アップルレコード、ホワイトアルバム30周年アニバーサリーCD。
f0148098_1530223.jpg


ビートルズ/ホワイトアルバムから、“ブラックバード”。


by greenwich-village | 2010-02-09 15:36 | 食べ物

お菓子の好きな少女

こんなに寒いと甘酒が恋しくなりますね。
毎年おなじみ、酒蔵が作る人気の甘酒飴(ノンアルコール)入荷。380円。
f0148098_20202441.jpg

お待たせ、そしてやっぱり熊ラーメン、再々々々入荷。醤油・味噌・塩、190円。
f0148098_20224528.jpg

さらに、寒い冬をノドの奥から温かく、ポカポカの生姜かりんとう。400円。
f0148098_20245899.jpg

日本の冬の定番といえば、おせんべい。醤油、塩、おかき、ザラメ他。380円。
f0148098_20275100.jpg

コーヒーや紅茶に、冬場はチョコレートが一番美味しい季節でもありますね。
スペイン伝統の味、ザッハのチョコ。リキュール・チェリー、ミルク、ビター。450円。
f0148098_20303944.jpg

そのままは勿論、ケーキやアイスのトッピング、ココアやコーヒーに浮かべて。
コラーゲンたっぷりの、こちらもスペイン、マロー社のマシュマロ。220円。
f0148098_20481383.jpg


お菓子の好きな少女     舟木一夫


by greenwich-village | 2009-12-17 20:34 | 食べ物
f0148098_16464246.jpgf0148098_1647090.jpg









昨日のエントリーのカニ・ラーメンのスープで作るカニ雑炊もそうですが、いよいよもって寒くなるとやはり鍋もの・汁もの・煮込みものが恋しくなって、これがまたやたらに美味しい季節でもありますね。
寒い季節は苦手なのですが、こういう瞬間があるときは寒いのも悪くないなぁと四季がある日本の風土をありがたく感じたりします。

いろんな温かい食べ物がありますが、毎度おなじみのお世話になっている2店の温かい食べ物をご案内しますと、まずは平・白銀「ルイジアナ」の米国ニュー・オリンズ定番の「ガンボ」。平たく言えば程よい辛味とトロ味のシーフード煮込み。ご飯でもよしパンでもよし、一度食べたらクセになります。
さらに、ボクが好きなのはオイスター・ロックフェラー」という牡蠣と香草・バターのオーブン焼。焼くことで美味しさが凝縮されて噛めばかむほど旨みが溢れ出して、残った焼き汁にパンを浸して頂くのがこれがまた美味い。ビールでもバーボンでもカクテルでもぴったりの逸品です。

ガンボには、こんな音楽が良く似合います。

アイヴァン・ネヴィル(アーロン・ネヴィルの息子)   ニュー・オリンズ




平・鍛冶町「ハイキング食堂」ではお馴染みのタイ・ラーメンや焼きビーフンなどが定番ですが、メニューボードには書いていないのですが、裏メニュー/隠しメニューで「トム・ヤム・クンもあるのです。
レモングラスの効いたあの酸っぱ辛いタイのシーフード鍋の定番。トム・ヤム・クンといえば具を食べ終わった汁に麺を入れて頂くのがまた美味しい。
ほかにボクが好きなものは、カリビアン・スパイスと柔らかい食感、焼き色・香ばしさがなんとも美味い「アボガドのスパイス焼き」。新鮮なのにどこか懐かしい味。チェリー・ビールや梅酒、ラムや泡盛にも相性バツグンです。

トムヤムクンには、こんな音楽が似合います。

ロード・キチナー(カリプソの伝説的御大)     トリニダード&トバコ/カリブ




ニューオリンズ定番鍋「ガンボ」とタイ定番鍋「トムヤムクン」。西と東の横綱対決!白鵬VS朝青龍!
鍋と言うだけあって、まさに“汎”、パン、フライパンのパン、環状。パン・ワールドで、世界中の鍋物を食してみたい今日この頃、寒い季節ですね。

あ、本生低温熟成2段乾燥の熊ラーメンもどうぞ!190円。

f0148098_16212590.jpg
f0148098_1622814.jpg
f0148098_1622259.jpg

by greenwich-village | 2009-12-03 16:06 | 食べ物

一匹のカニ

♪~ キミはセレブになったんだってね、オレはラーメンを食ったのさ

うまい!!本場北海道、一杯のカニ・ラーメン。好評発売中170円。
人気のカニ・ラーメンは、残ったスープにご飯を入れてカニ雑炊に!
f0148098_13584281.jpg


『一匹のカニ』       詩:谷川俊太郎

きみはハワイへ行ったんだってね  おれは江ノ島へ行ったのさ
波は水平線からわいてきて  砂にしみこんでいったよ
おれがうらやましいのはきみよりも  赤い甲羅の一匹のカニさ
負けおしみかもしれないけれど

きみはボルボを買ったんだってね  おれはサンダルを買ったのさ
道は地平線へとのびてゆき  空へとけこんでいったよ
おれがうらやましいのはきみよりも  枝をひろげる一本のケヤキさ
負けおしみかもしれないけれど

きみは幸せになったんだってね  おれはどうなのか分からない
人は細い路地から出てきて  どこへ消え去ってゆくのか
おれがうらやましいのはきみよりも  泣きわめいてる一人の子どもさ
負けおしみかもしれないけれど


一匹のカニ        唄:小室等


by greenwich-village | 2009-12-02 14:02 | 食べ物

人生のスパイス

普段の暮らし、普通の生活。
私たちのこの短い人生を楽しくさせるのは、ただ<“モノ”がある>ではなくて、モノの見方・聴き方・使い方・感じ方・考え方・捉え方、そういう味わい方だと思うのです。
食器や瓶は一輪差しにもなり、タライは金魚ばちになり、障子枠は壁飾りになり、脚立は棚になり、イスやテーブルは花台にもなる。
つまりそれは、“モノ”を自分らしくどう味わうかという柔らかい<遊び心>。
人生のスパイス、<SPICE OF LIFE>を、ボクは<遊び心>と訳してみます。
人生を楽しくさせ、生活を美味しくいただく“遊び心”。

【SPICE OF LIFE】   from グリニッチ・ヴィレッジ

f0148098_14255398.jpg


寒い季節に温かい一杯、麺がぜんぜんちがう!激ウマ!ぜひ一度ご賞味ください。
人気の<熊ラーメン>大好評売切れ際は御免、ほか、ミソ、鶏ガラ、塩、カニ各種。

f0148098_142667.jpg


スパイス・オブ・ライフ       エブリシング・バット・ザ・ガール


by greenwich-village | 2009-11-24 15:19 | 食べ物

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ