人気ブログランキング |

新鮮な飛行機/2011年のエアプレイン

実家のを借りてブログは更新していますが、相変わらずパソコンはなく、新しいネット環境も整っていないので、一部お問い合わせやメールなど(メールが見れませんので)、ご迷惑をお掛けしております。今しばらくこの状況にお付き合いくださいませ。

70年ビンテージ:カマカ・ウクレレ(ホワイトラベル)/ハワイ・コア材
f0148098_10511578.jpg
ジャンベ、その他の太鼓
f0148098_10513628.jpg
f0148098_10514634.jpg
f0148098_1051561.jpg
f0148098_1052485.jpg
f0148098_10521334.jpg


今年ももう終わり、来年はどんな年になることでしょう。
新しい年に、いままでとはちょっと違う何か新しいことにチャレンジする、新しく何かを始めるのは新鮮な楽しさがありますね。
いつも新鮮、いつも新しい気持ちで、生鮮食料品ではなくとも、いやそれ以上に、気持ちの鮮度というのはとても大切なことですね。

「それはまぁそんなものです」というのは、往々にして大概は、熟知しているわけではなくて、悟っているのではなくて、諦めているのでもなくて、気持ちがただクサってイジケている場合が多いように思えます。
これは年をとっても若い人でも同じで、むしろ若い人の方がちょっとしたことでそうなりやすい、打たれ弱いような感じもします。打たれ慣れていないからというのもあるでしょう。
自分で自分をイジケさせてしまうと、当然気持ちの鮮度は落ちてしまう。幾ら若くても老成化してしまう。

たとえば、僕が音楽を聴いているのは、聴けば聴くほどいつまでたっても終わりがない、終わりがないどころか知らないことだらけで、その度に新鮮な楽しみが得られる。
僕が楽器を弾くのも同じで、弾いたり曲を作ったり唄ったりすればするほど、自分の才能のなさや音楽の奥深さを垣間見て、悦に入って自己満足する以上に、次はどうなんだろう、これはどうなっているんだろう、あんなふうに弾きたいなと、新鮮な好奇心が沸いてくるからです。

来年は、たとえば何か楽器を始めるとかなど、いいかもしれません。
ギターでもウクレレでもパーカッションでも、何でもかまわない、初心者だったとしても出来ればイイ楽器をオススメします。イイ楽器は当然その音色が違うわけですから、ポロンとでる音だけでも気持ちよくなれる。それなりの値段のするイイ楽器であれば、もったいないという理由からでも、途中で挫折することも少ない。
ちゃんとした楽器は、オモチャにもインテリアにもならないどころか、来年が終わる頃には数曲演奏できるようになっているかもしれません。
仲間とバンドを組むのも楽しいことですし、一人の時間も新鮮な好奇心に満たされて過ごせます。

プロになってそれで食っていこうとかではないのですから、上手いとか下手とか、他人からなんといわれようが、ホントにそんなことは全くどうでもいいのです。
新しいイイ楽器と生活する新鮮な楽しみ。心がワクワクするはずです。
僕も時々ギターケースからギターを取り出して手にするとき、いまだにワクワク・ゾクゾクしています。ジャジャ~ン、と鳴らしたときの至福感。

来年、新しい年は、新鮮な何かを始めてみませんか。


曲は、入荷したアナログLP群から、ジェファーソン・エアプレイン。

ヒッピーカルチャーで有名な彼らですが、昔から名前は十分知っていますが、僕はヒット曲「あなただけを」程度で、実際ちゃんと聴いていなかった、というか当時は売っていなかったのです。
こういう、知っているつもりで名前だけで、聴いているつもりで聴いていないバンドや音楽ってまだまだありますよね。
だから、音楽はやめられないのです。知らないアルバムの多いこと多いこと。
ロック小僧が中年になって、ようやくジェファーソン・エアプレインに乗った、わけです。

40年も前のものでも、新鮮な飛行機です。


ジェファーソン・エアプレイン


by greenwich-village | 2010-12-20 11:41 | 音楽

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ