ペルシャのバラ

透明ガラスと青い色ガラスの二つを組み合わせて作った、気泡入りの古いガラスの灰皿・器。いつもながら、古いガラスの柔らかい光は穏やかに美しい。

底面にバラのレリーフカットを施し、側面を三段にくぼませた凝った作り。
大ぶり小ぶりのまばらな気泡が、古いガラスゆえの鈍い透明度の青色ガラス部分で文字どうり水の中の泡のように輝く。または、夜空の星々のようにも見える。

f0148098_2022121.jpg
f0148098_2023950.jpg
透明と青色の古いガラス器  3500円
f0148098_2025327.jpg
f0148098_203437.jpg


ガラスというものの起源は、紀元のはるか昔、メソポタミアやエジプトにある。
メソポタミアはチグリス=ユーフラテス。今のイラク/イランあたりだ。

イラン=ペルシャの古から伝わる伝統音楽。
こちらも古いガラス器のように柔らかい美しさと穏やかな輝きに満ちている。


f0148098_2003562.jpgf0148098_2004455.jpg









1400円                      1600円


イランのトラディショナル・ミュージック   美しい音色の“タール”という弦楽器


[PR]
by greenwich-village | 2010-01-22 20:24 | もの・モノ

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ