<   2015年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ハンク・ウィリアムス


好きなんだ、ハンク・ウィリアムス  



ロスト・ハイウェイ




Hank Williams - Lost Highway



youtube.com
..




泣きたいほどの淋しさだ


I'M SO LONESOME I COULD CRY (1949) by Hank Williams

One of my favourite Hank Williams songs....


youtube.com
[PR]
by greenwich-village | 2015-07-27 12:05 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

バカ歩き省

大日本バカ歩き省/バカ歩き内閣



内閣



内閣



内閣


[PR]
by greenwich-village | 2015-07-25 12:12 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

7月26日「偽物祭」



7/26(日) [偽物祭」  前売り1000円 チケット扱ってま~す

我らストーンズは19時から、ほかジミヘン、エルヴィス、チェッカーズなど登場!皆さんぜひどうぞ。

OPEN16:00 START16:30


Ticket adv¥1000+D  door¥1500+D
club SONIC iwaki TIME

16:00 OPEN
16:30 START
16:30 - 17:00 TELVIST 30
17:00 - 17:10 転換 10
17:10 - 17:40 ざ ちぇっかーず 30
17:40 - 17:50 転換 10
17:50 - 18:20 五里霧チュー 30
18:20 - 18:30 転換 10
18:30 - 19:00 ゲリランドリクス・エクスペリエンス 30
19:00 - 19:10 転換 10
19:10 - 19:40 The Stone Rollers 30
19:40 - 19:50 転換 10
19:50 - 20:20 act on impluse 30




The Rolling Stones - Jumping Jack Flash - Live On Copacabana Beach

The Rolling Stones played in front of...
youtube.com

f0148098_10155562.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2015-07-24 10:15 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
テーマソング




f0148098_2259338.jpg
f0148098_22593932.jpg
f0148098_22594686.jpg
f0148098_22595588.jpg
f0148098_230585.jpg
f0148098_2301456.jpg
f0148098_230223.jpg
f0148098_2303079.jpg
f0148098_2303785.jpg
f0148098_2304515.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2015-07-21 23:00 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

いつも、どこの政党であれ、叩かれ、擁護されず、批判されるものが「体制・与党」というものだ。もし与党が圧倒的に歓迎され、擁護され、批判されなければ、それは「独裁」というものになる。
「公人には公の場では私語が認められない」のと同じように、与党は与党である限り、世論の批判意見にさらされるのは、民主主義のバランス感覚として当然の「抑止力」だ。
それをもってして一方的とは言わない。なぜなら、一方的な権力を持っているのは当の体制与党側なのだから。

落語の小噺のようだが、


「あなた方は反対していたのですね、じゃあしかたない、反対者じゃろくに働きもしないでしょう、さて、そちらのあなた方は賛成してくださったのですね、ありがとう、賛成してくれたのですからきっとよく働いてくれるでしょう、賛成派のみなさん、賛成してくださったのですから、どうぞ、現地へ行って与党の意向通り働いてください」
ということで、役に立たない反対派は日本に残され、賛成した賛同派はこぞって現地へ行かされ、自ら賛同した後方支援に勤しんだ。

ということが、賛成派にも反対派にも最も公平な展開だと思われる。

ここで反対派を赴かせるのはフェアではなく、民主主義に反する犯罪行為で独裁以外のなにものでもない。

これからの日本と同じように、アフガンで後方支援をした若きドイツ兵たちは、55人が死亡し、多くの兵士たちが帰還後に心的外傷を負って暮らしている。

実際の戦時下、「二次世界大戦」を経験している人たちで今回に「賛成」している人は非常に少ないだろう。切れば血が出る人間であれば至極当たり前の話だ。

今回の問題を、<「国防と戦争の可能性」に関する是非>として捉えると間違えてしまいやすい。いつまでも「賛成派VS反対派」の不毛な論争になる。

なぜなら、それは「論のための論」であり「言葉のための言葉」であり「表現のための表現」でしかなく、「頭を小突かれ横っ面を叩かれた痛み」を経験していない見解に終始するからだ。

「民主主義的自由」が行き着く先は、「全体主義的拘束」にたどり着く。

あくまでも、<現内閣の米国からの要請に対する政治判断の是非であり、違憲解釈による脱法行為の是非>として捉えたほうが、すっきりとわかるはずだ。

法律は衆議院で可決した。参議院がその良識の府の機能を発揮する可能性は、後方支援が戦闘に巻き込まれない可能性よりも低い。

<現内閣の米国からの要請に対する政治判断の是非であり、違憲解釈による脱法行為の是非>の賛否を整えよう。

是非はもういい。
われわれ市民の間で、まったく不毛な溝と感情的遺恨が深まるだけになる。

これからは、あなたの大切な子供たちにも、大人たちの「嘘と言い訳と責任の回避の仕方」を教育しよう。
[PR]
by greenwich-village | 2015-07-21 03:01 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

職業自衛隊員が行くのだし、自分が行くのではないし、自分の子供は自衛隊に入らないし、自分には実害はない、と思っている人達が賛同派とそれに準ずる人たちと無関心者たちの実像だろう。

自分の実害という事ではない。それを言えば、仲のいい友達が事故や病気で死んでも、親子供が死んでも自分には実害はない。
これを読んでいるあなたが死んでもキチガイになっても私には何の害もないし、私が死んだり片輪になっても関係ない。
腹の底のそういうことで判断しているから、論を得て人を失う、ことになる。


自衛隊でも日本人で、国家の指示で、日本人が殺したり殺されたりすることがあり得る。
自分と家族は大丈夫だから、ではなくて、国外に行って国の名の下の殺し合い容認、そういう国に住んでいるということが問題なのだ。
この国の人は賛否無関心全員、殺し合いを認めたことになる。

日本は世界的にもそうならずにやれてきた。そうならずともここまで発展してきた。
アメリカの要請でそれを止めて、わざわざ殺し合いの国の仲間入りをしたのだ。
私個人は関係ない、ことはなくなった。この国の人にとってのお正月やお盆、箸を持ってご飯を食べるのと同じレベルで、戦争参加が認められた。
それが問題であって、多くの人達が反対している根拠だ。

この先、相手でも自衛隊でも犠牲者が出たら、それは賛成反対無関心関係なく、この国の私達の責任になる。
私達は、間接的でも、戦争戦線で誰かを殺すことになる。みんなが人殺しになるのだ。
間接的に人殺しをして、オ・モ・テ・ナ・シをする。

だから当然、多くの人達がそれをイヤがるのだ。
[PR]
by greenwich-village | 2015-07-20 22:11 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
戦争を理論で語ろうとする人たちへ。
だからさぁ~ぁ、賛成する人認める人たちはさぁ、四の五の理屈言わないで現地に赴いてごらんよ、右だ左だ与党だ野党だ、なんてどうでもいいことでさ、休戦の安全地帯なんだっていうんだから、自衛隊じゃなくてもいいんだから理屈言わずに紛争地域に行って、それから理屈言えばいいじゃんか、
俺はやだね。
[PR]
by greenwich-village | 2015-07-16 12:37 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
明日、集団的自衛権法案が強行採決される。もはや日本人は腹を決めるしかない。

世論では支持率が30%台というが、全国にもいわきにも世代無関係に無関心・ノンポリの人たちもいるから4割としても、内閣と自民党は6割の国民を敵に回した。いやもっと差し引いても半分の国民を完全に敵に回した。

言葉や言い方・表現ではなくて、現実として大手を振って「戦争という人殺しができる国」になる。われわれの子供たちが戦場に出かけ戦争に参加可能になる。私たちは明日からそういう国の国民になる。
どんな言い逃れをしたところで、すべての自民党議員・党員・支持者・内閣は、明日の強行採決の責任者になる。「戦争・人殺し可能」の責任者になる。

残念ながら、強行採決される。ただし、少し時間はかかるがやめることはできる。

衆議院・参議院・県知事・県議・市議すべてに、選挙はある。
とにかく選挙で自民党議員を落とすことだ。自民党を落として、他の政党に「集団的自衛権の永続的廃案法案」を裁決させて成立させることだ。

確実に行われる明日の強行採決に対して、それだけが唯一の現実的な力だ。



[PR]
by greenwich-village | 2015-07-14 23:38 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

長谷川きよし

盲目の孤高シンガー・ソングライター、長谷川きよし。

もっと再評価されるべきだし、若い世代にもカヴァーしてほしい。



f0148098_11222119.jpg






長谷川きよし - 「別れのサンバ」2012

7月11日配信シングル「別れのサンバ(Live in...

youtube.com



https://youtu.be/06AXV0MRz5M

長谷川きよし / 別れのサンバ

youtube.com





長谷川きよし/歩きつづけて


youtube.com


f0148098_11224539.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2015-07-14 11:23 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

「ファシズムとは、すなわち“選別の思想”なんだ」

敬愛する作家、安部公房さんのインタヴューから。

「シェルターの収容能力がある程度以上あれば、どうしても収容するに足る人間を選別、審査しなければならなくなる。
未来のための遺伝子バンクだからね。
その場合、いったい何を選別の基準にすればいいかの問題。(中略) 
ファシズムが始まる。ファシズムとはすなわち選別の思想なんだ。(中略) 
シェルターへの入場券さえ手に入れば、君でも、ぼくでも、あなたでも、その瞬間から立派なファシストさ。」
[PR]
by greenwich-village | 2015-07-11 00:41 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ