<   2015年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

UKのマージービートやモッズのような、日本のGSのような、雨後の竹の子のような、USのサーフサウンドも有象無象あまたのバンドが登場して、それがブームというものですが、サーフ音楽なるスタイルなどはなくて、今のサーフィン音楽は60年代サーフ音楽と全く違うので、今も昔も、サーフィンや海遊びの時に若者たちが楽しんでいる音楽、というものがサーフ音楽というわけです。ベンチャーズ直系の深いリヴァーブがビンビン響くエレキギターサウンドに、アメリカンスタイル伝統のコーラスワークがビシッと決まったものが、いわゆる60年代サーフ音楽。

代表的な初期ビーチボーイズなどの唄ものもあれば、エレキインストものもあって、それらが全部、サーフ/海と何らかの関係を持たせているかのようなイメージです。海を強調した歌詞やサーフといわれなければ、音だけ聞けば何がサーフで何が海なのか、エレキがビンビンなっているもので、海のイメージを排したUSガレージ音楽ともリンクします。

UKのモッズが、アメリカ文化・音楽に憧れた無いものねだりだったように、USのサーフも、海だとか映画アメリカングラフティの50年代的くったくのない青春謳歌へのオマージュだったわけです。そしてどちらも、音楽的に親しみやすくともトガッって少し不良がかっている感じ。

「不良性」というのは、いつの時代もどんなジャンルの音楽も、ポピュラー音楽のもっとも重要なエッセンスで、それがない大衆音楽は学級委員長や生徒会長のように、優等生ではあっても魅力に欠ける。それぞれの時代時代の、みんなが憧れる不良が、スターでありポップスでありアイコンになります。

優等生・品行方正が爽やかでまぶしいなら、不良はダークですから、時代時代というのは、光が影を作るのではなくて、影が光をあぶりだした結果なのです。

ポジティヴなものがポジティヴとしてポジティヴだけの世界だったら、世界はコントラスト・バランスを失って、のっぺりと薄明るいだけのノッペラボウになってしまう。不良性・アウトサイダー・個性という影が、明るい部分を立体的に削りだしていく。
たかだかPOPSから少々大げさに言うと、群衆によって形作られている光りあるこの社会は、フィルム写真のネガのように、「暗部の深度」の反発力なのです。


曲は、映画パルプ・フィクションでお馴染みの不良サーフ音楽。



f0148098_1053588.jpg
f0148098_10531288.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2015-02-27 10:54 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
三寒四温、またどんよりと曇り空。こんな日にピッタリの音楽をどうぞ。

アン・バートン




f0148098_1135364.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2015-02-26 11:03 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
2月21日(土)から3月1日(日)まで、いわき市美術館「市美展」に展示されますので、お時間がございましたらぜひ実物をご覧ください。


「海と人間」   90×180   ZEN


f0148098_23183559.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2015-02-19 23:19 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

「地球儀」

「地球儀」    2015  ZEN


f0148098_23172917.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2015-02-19 23:17 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

後悔が正気を保たさせる


ただの生き物として、自然の摂理と整合性から遠く離れたところで、気持ちよく感じるということは、なんて気持ちの悪いことなんだろう。

その気持ちの悪さを気持ちいいものとして処理することで、より一層もっと自然の摂理と整合性から遠く離れてしまう。

生き物の人は、居心地の悪い摂理整合の代償補償として、居心地のいい不合理を住処にしている。


存在をたくし上げて現れるのは、性器でも排泄物でもなくて、愛情でも孤独でもなくて、まして知でも富でもなく、いくぶん黄ばみがかった骨と僅かばかりの記憶。

生き物の人として、後悔することが、正気を保たさせる。
[PR]
by greenwich-village | 2015-02-18 03:14 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
なんだか最近の産経新聞はすっかり現内閣の御用新聞になったようで、体制御用作家の隔離政策擁護記事とか、体制批判をイスラム国寄りだとか、そんなコラムが多いようで、そんなもので話題を作って購入させようとしている魂胆のようだ。
どこかの出版社がフランス乱射の原因の風刺画新聞を日本訳で出したが、それ以上に産経新聞は日本版の逆シャドブリエか。
どちらも何の言い訳を論じても、無料で配っているのではないのだから、ようは売れてナンボの商売だから、知識人・良識層ぶった話題作り。
そういう類は、体制・風潮が変わったり世論に押されればコロッと変わる風見鶏。これぞ御用学者・御用作家・御用新聞・御用マスコミの本領発揮。
とはいえ、今や体制批判しようもないほどの投票支持率だから、産経新聞は国民感情どおりの内容を載せてるだけと言える。
内閣を支持している大半の国民の代弁といったところか。
目に入る出来事を当てはめればわかる。実際のところ現日本には、自由も民主も思想もない。
現日本人はただひたすら資本主義的全体主義。経済のためだけに全体として統率し、全体であるために経済を先行誘導する。
自由は放棄し、民主は踏みつぶされ、思想と呼べるほどの懐疑もない。
共通して貫かれているのは、経済効率と盲目的な全体性。
自由で民主的で懐疑的で経済性にとらわれず全体性からはみ出すだけで、体制批判をしなくとも拘束弾圧される世の中を作る内閣を大多数が支持し、その経済性に全体的に乗って生活している。
原発も沖縄も自衛権も憲法も輸出入も教育も外交も、積極的平和主義ではなくて、資本主義的全体主義だ。
実は一個々人でしかない各政治家や各官僚などどうでもいいことだ。
一個人である限り有限だから。
個人の愚かな政治家や利己的な官僚も遅かれ早かれいずれ役を退く。
誰でも体制の権力者になれる。
問題は、構造・システム・法・慣例・体質といったものだ。
それは無限のループとして遺伝継承される。時代が変わり、世代が変わり、風潮が変わり、物質が変わり、生活形態が変わっても、遺伝子構造は変わらない。
顔を変えても遺伝子は変わらないから、生まれてくる子は遺伝子通りの子だ。
かつてはあったことでも今は子供を間引いたり売ったりしないが、構造・システム的に同質のことが行われている、資本主義的全体主義によって。

f0148098_29354.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2015-02-18 02:18 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
f0148098_1031384.jpg


錦織優勝のテニス・メンフィスオープンのトロフィーはギターだって。さすが本場だね。

ギターがトロフィーになるように、タバコケースがギターになったりする。しかも3弦とか4弦とか1弦とか、自家製のシガーボックスギター。これがなかなか、結構ポピュラーでみんな作ってる。
ようは胴の箱部分とネックの竿部分に弦を張れば弦楽器オリジナル。
こういうのが、あぁ、アメリカのアメリカらしい素敵な良部だなと。


[PR]
by greenwich-village | 2015-02-16 10:32 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
ブラック・ビートルズ


[PR]
by greenwich-village | 2015-02-14 12:41 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
バレンタインデーのラヴソング


人気アイドルグループ「台風」とコメディアン「モタリ」をメインパーソナリティーに迎えた金曜夜8時ゴールデンタイムにお送りする情報バラエティーワイドショー。日本中のおバカによるおバカな珍事、おバカな政界の裏事情、トレンディーおバカ、バカにまつわる情報をストリップショースタイルでお届けする番組「J-トレインなんて乗るもんか!」のタイアップ曲。


[PR]
by greenwich-village | 2015-02-14 11:41 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
バレンタインデーのラヴソング


東京下町、軒を連ねる犬猿の仲の老舗和菓子屋と洋菓子屋。その息子で幼なじみのブル男とハピ太。二人はともに刑事になりコンビを組むことに。沖縄出身の女性シンガーのシュガーの失踪事件と実家の抗争が絡みドラマは意外な展開へ。ハジテレビ月9が送るロマンチックコメディー「ハピブル!」の主題歌。


[PR]
by greenwich-village | 2015-02-14 11:37 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ