<   2015年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧



ティータイム・イングランド

f0148098_12252376.jpg
f0148098_12254570.jpg
f0148098_1225591.jpg
f0148098_12261668.jpg
f0148098_12263359.jpg
f0148098_12265350.jpg
f0148098_1227953.jpg
f0148098_12272958.jpg
f0148098_12274411.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2015-01-29 12:27 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

自己責任

自分一人で、すべては自分の責任でというのは独善悪だと思う。
自分が思っている以上に、一人の人間は実に多くの人たちによって成立している。
「自己責任」というのは単なる新造語であって、矛盾した無意味なものだ。
自分一人だけでは、責任は生まれないし取ることもできない。
[PR]
by greenwich-village | 2015-01-29 00:17 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

自国民優先

テレビやニュース番組の方々は本気なのか、大馬鹿か。

日本とヨルダンの立場が反対だったらどうだ。当たり前だがまず自国民優先だ。そんなことを四の五の語っても仕方ないだろ。
[PR]
by greenwich-village | 2015-01-28 23:25 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

ロック・ザ・カスバ

さて、王は阿呆野郎に言った
おめえはそのラーガをやるのやめんしゃい
砂漠の下には油有り
ばくばく溢れておりました
その首長、彼が運転してたのはかねて所有のキャデラック...
ぶんぶん街を流してた
礼拝呼びかけ人は立ってました
ラジエターグリルの上で

あーー

首長はそいつが好きじゃない
ロックはカスだ
ロックはカスだ
首長はそいつが好きじゃない
ロックはカスだ
ロックはカスだ


預言者の仰せのままに
わしらはその阿呆音楽を禁止する
忠実なる者、堕落する
その狂ったカスな音楽で
だが奴らが連れ出したベドウィン族は
電気式ヤカンドラム
田舎者ギター弾きはてめえのギターを親指で弾いた
即座に首長はまともにするため掃討す
みんな泣き叫んじゃったよ

首長はそいつが好きじゃない
ロックはカスだ
ロックはカスだ
首長はそいつが好きじゃない
ロックはカスだ
ロックはカスだ


さてあまねく寺院にて
おお、マジで魅了されてる人々いっぱい
先頭を行く者は言う そいつはクールだ
この詠唱を掘り下げますことは
だが風向きは変わって来た
寺院のバンドはテイクファイブ
群集はウィフを捕まえた
その狂ったカスバ・ジャイブをやりやがった

首長はそいつが好きじゃない
カスバでロック
カスバでロック
首長はそいつが好きじゃない
カスバでロック
カスバでロック

王はジェット戦闘機を呼び出した
彼は申しました お前らは代償を支払った方がよかろう
塔に爆弾落としなさい
カスバの方にある
すぐさま首長はそこから逃げ出した
ジェットパイロットは了解と言って
コックピットのラジオを全開にしやがった
すぐさま首長は
奴の髪を引っ剥がす
ジェットパイロットは泣き叫んだよ

首長はそいつが好きじゃない
カスバでロック
カスバでロック
首長はそいつが好きじゃない
カスバでロック
カスバでロック

首長はそいつが好きじゃない
ーー彼はそいつがまともじゃないって思ってる
ロックはカスだ
ロックはカスだ
首長はそいつが好きじゃない
ーーー基本的に彼はそいつを受け入れられないのだ
カスバでロック
カスバでロック
首長はそいつが好きじゃない
ーーーわかってるだろ、奴はマジで憎んでるんだ
カスバでロック
カスバでロック



The Clash - Rock the CasbahMusic video by The Clash performing Rock The Casbah. (C) 1982 SONY BMG MUSIC ENTERTAINMENT (UK) Limited
[PR]
by greenwich-village | 2015-01-24 21:30 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

身代金

何より人質の安否、人命は尊重される。
が、一度身代金を払うと前例になって、海外にいる日本人、海外旅行をする日本人すべてが身代金の標的になってしまう。
国家を相手にした身代金目あての誘拐だ。
旅行先国問わず、外国に行くことが今以上に危険になるだろう。
イスラム国や狂信者ばかりではなく、便乗する犯罪者はどの地域にもいる。...
旅行会社が企画する単なる観光旅行も、あくまで自己責任ということになる。
保険のお金はかけられるが、命のスペアは保証しようがない。
[PR]
by greenwich-village | 2015-01-24 00:26 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
演る側も聴く側も、せめて音楽くらいは自由であればいいのに、表現が自由というならば。

とても自由な表現でユーモラスでもありながら、昨今の世界情勢や人々の深層を表しているかのような響き。
これはアドリブのフリージャズではなく、何度でも再演再現可能な譜面に記載された音楽。
フロムという心理学者の著書「自由からの逃走」にあるように、人は本当の自由になるとたまらなく不安になる。そして自ら不自由に入り込む。
おかしな話ですが、人は、不自由であることで安心していられる。不自由を拠り所にして、自らの存在理由を確認している。

...ジョン・ケージ プレペアドピアノのためのソナタとインターリュード



f0148098_1052341.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2015-01-23 10:52 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
分かっていたのに、こうなるまで何もしなかった。

総選挙そうとう前、去年8月や11月ころに拘束され、72時間以上の時間はあったのだから、こうなる前に何らかの策を打たなかったのは、関係者各位や明らかに政府や外務省の不手際・責任だ。
後日、糾弾されるべき課題だ。

理屈も、経験も、人間的常識も全く通用しない。
[PR]
by greenwich-village | 2015-01-21 12:15 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
質の悪い冗談だと思われるが、きわめて現実的なものだ。

お金で払って人質が解放され無事救出できるなら、お金を払うべきだ。
ただ、ただでさえ財政逼迫の日本だから、余剰2億ドルというお金はないので、関係者や国民全員で負担するしかない。
200数十億というお金は見たこともないしどれくらいなのか想像もできないし計算機もないし各分担算出方法もないからよくわからないが、関係者各位が大目に負担するとして、赤ちゃんまで含めた国民全体で割ると一人頭数十万か数百万か。...
我が家にはそんなお金はないので借金するしかない。

助かってもらいたいから、それしかないが、助かってほしいと願う人たちは具体的にどう考えているだろうか。
[PR]
by greenwich-village | 2015-01-21 11:59 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
結局、欲しいのはお金である。

そのお金で、武器なり兵器なり食糧なり生活品なりを買う。買うということは当然売る側がいる。売買するための道具である。
売る側は誰なのか、どこの国なのか。売る側がいなければお金は無意味だ。
自分たちには生産性も経済もないのだから、他国が売らなければ売買は成立せず、お金は役に立たない。武器も兵器も爆弾も原料もなにもない。ただの紙切れだ。...
奪った油田の原油も、どこの国も買わなければお金にならない。電気も作れないし、原油から作られる製品の加工技術もない。ただの泥水だ。
宗教ではない。ただお金だ。お金での暮らした。暮らしがなければ、お金も宗教も満足感もない。
宗教・信仰というのは後付けで、ただ大規模な基地ごっこか大規模な出稼ぎをしている。お金と権力が欲しい指導者と幹部たちのもとへ、世界中から、暴力によって満足感を得たい者たちが、お金の暮らしの保証を求めて集まっている。一つの組織を維持するための経済や生産や産業などまったく頭にない者たちだ。
売る側としては、こういう連中はもってこいの上客になる。どこが武器や兵器を売っているのか。売っているからお金が必要になる。
結局は、欲しいのはお金である。

桃太郎は、わざわざ邪悪な鬼が島まで出かけて行った。幸いなことに鬼に捕まらなかったので、退治どころか、鬼の宝まで頂戴してきた。
鬼が島で、鬼にとってはその宝は宝でしかないのだが、人里に持ち帰ればたいそうな価値で、桃太郎もおじいさんもおばあさんも金持ちになり、贅沢な暮らしができるようになった。

冒険家や登山家は、旅に出る前に、もし死んでもしかたない、それでも目的地に行きたい、なんとか生きて帰れればいいが、と思うだろう。
知らないわけではない、危険だと知っていても、自ら選んで危険地帯に進んでいく。誰よりも本人自身が死を自覚している。死んだらどうしようと思うなら行くことはない。死ぬかもしれない危険地帯だけれど、誰かに頼まれたわけでもなく義務でもなく、自らの目的達成のために分け入る。

スキー禁止の裏山地帯に入り込んで遭難した自分本位の者たちがいたが、遭難しても当たり前の危険があるので立ち入り禁止区域だったのを、自ら好んで入り込んだ。
そういう区域だから、救助に向かう人たちも命を落とす危険がある場所だし、そのために多くの人たちと時間と費用が費やされる。
テレビ報道された救助され恫喝されるドレッド頭の姿は記憶に新しい。

生業という言葉をよく使うが、生業の対義語は、無償なり奉仕ということ。つまり「ただ」「無報酬」ということ。
この世で最も尊いことのひとつは「まったくの無報酬・無益の行為」。この無益には自己満足・自己顕示などの精神性も含まれる。
こういう行為からなされるものを踏みにじるものほど醜悪なものはないが、こういう行為自体が、そう滅多には存在しない。
必ずなんらかの益が含まれるし、対義語の「生業」ならばもちろんそうだし、生業を免れないものは、これまたほぼ存在しない。
行動理由は生業であって、無報酬・無利益どころか、旅費・食費も自分持ちで何の満足感も感じない作業をするようなことは、通常の生活者・成人の行動にはほとんどない。

何らかの生業によって、一連のすべての歯車はかみ合っている。

命は尊いし、殺しても殺されてもいけない。大前提だ。

それを大前提として、個人的にもっとも憤りを感じるのは、今回の日本人よりも、アフリカのボコハラムによる自分たち同胞の女性子供たちの大量拉致誘拐だ。
女子子供たちは、人身売買されたり、10歳ほどで妊娠させられ、爆弾を巻きつけられ知らされず自爆テロに使われている。

結局、欲しいのはお金である。

要求は、イスラム教復興ではなく、お金である。しかもご丁寧に「ドル立て」での請求である。彼らにとってもやはり「USドル」は魅力的なのだ。その時点で、イスラム原理主義も何もない。
[PR]
by greenwich-village | 2015-01-21 10:55 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

シャルリー

妻が買い物に出たあと、息子と一緒にテレビのニュース番組を見ていた。

「おとうさん、フランスの人ってみんなシャルリーって名前なの?」

「そうだなぁ、表現の自由がないからみんなシャルリーって名前なんだな、きっと。」

...「そうなんだ、でも、おとうさんの財布にもキャバクラ「シャルリー」って名刺が入ってたから、おとうさんもシャルリーなの?」

「しっ!いいか、人には誰でも触れちゃいけない部分があるものなんだぞ、お前だって今朝オネショしたじゃないか!俺が干したんだぞ、シャルリーは誰にも言っちゃだめだぞ」

「あ、表現の自由じゃないの?」

「そんなものはない!!とくにおかあさんには絶対言うな、♪想像してごらん~お小遣いがなくなるってことを~♪」

「それはイヤだ!」

「だろ、俺だって怖い!いつも機嫌よくさせないとな」

「うん、今度、学校の図工の時間にクラスで一番絵が上手い友達におかあさんを描いてもらうよ」

「おい、それは難しいぞ、おかあさんのウエスト回りなんてとくにデリケートだ、美人過ぎると怪しまれるし、そのままだと危険だ」

「どうしよう、美人とそうじゃないのとの区別がつかないよ、表現の自由って難しいね」

「難しくない、あれから10数年~、ウエストに関しては触れちゃいけない」
[PR]
by greenwich-village | 2015-01-19 11:31 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ