<   2014年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

真夏の出来事



THE1971 真夏の出来事 平山三紀


恋のバカンス



ザ・ピーナッツ 恋のバカンス
作詞:岩谷時子 作・編曲:宮川泰 1963年4月
[PR]
by greenwich-village | 2014-07-28 11:08 | グリニッチ・ヴィレッジ
南国の夜



南国の夜、日野てる子


涙の太陽 オリジナル



涙の太陽 エミー・ジャクソン / Catherine Spaak - Diciottenni Al Sole (1962)
映像 / 太陽の下の18才_カトリーヌ・スパーク 音楽 / エミー・ジャクソン_涙の太陽

八月の濡れた砂



石川セリ「八月の濡れた砂」
[PR]
by greenwich-village | 2014-07-28 10:53 | グリニッチ・ヴィレッジ

クロード・ドビュッシー

最も敬愛する作曲家/音楽ジャンルで尊敬する芸術家



Claude Debussy - Piano Trio in G major (1879)
Jean-Efflam Bavouzet (piano), Daniel Rowland (violin) and Jacqueline Thomas (cello). Fantastic set of musicians plays quite unknown piece by Claude Achille D...

f0148098_8563123.jpg


クロード=アシル・ドビュッシー(Claude Achille Debussy, 1862年8月22日 - 1918年3月25日)は、フランスの作曲家。
長音階・短音階以外の旋法と、機能和声にとらわれない自由な和声法などとを用いて独自の作曲を実行した。
ドビュッシーの音楽は、代表作『海』や『夜想曲』などにみられる特徴的な作曲技法から、「印象主義音楽(印象派)」と称されることもある。
また歌詞やテーマの選択は象徴派(象徴主義)からの影響が色濃いと目されることもあるのだという。



Claude Debussy - Sonata for Cello and Piano
Jules Eskin, violoncello. Michael Tilson Thomas, piano. The Cello Sonata is a la...



Debussy, Suite Bergamasque. Claudio Arrau, piano
Claude-Achille Debussy (1862 - 1918) Suite Bergamasque 1. Prélude 2. Minuet 3. C..
[PR]
by greenwich-village | 2014-07-28 09:01 | グリニッチ・ヴィレッジ

草枕 / 夏目漱石

「草枕」  夏目漱石

(冒頭部)

 山路やまみちを登りながら、こう考えた。
 智ちに働けば角かどが立つ。情じょうに棹さおさせば流される。意地を通とおせば窮屈きゅうくつだ。とかくに人の世は住みにくい。
 住みにくさが高こうじると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟さとった時、詩が生れて、画えが出来る。
 人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣りょうどなりにちらちらするただの人である。ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。
 越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、寛容くつろげて、束つかの間まの命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降くだる。あらゆる芸術の士は人の世を長閑のどかにし、人の心を豊かにするが故ゆえに尊たっとい。
 住みにくき世から、住みにくき煩わずらいを引き抜いて、ありがたい世界をまのあたりに写すのが詩である、画えである。あるは音楽と彫刻である。こまかに云いえば写さないでもよい。ただまのあたりに見れば、そこに詩も生き、歌も湧わく。着想を紙に落さぬとも※(「王+膠のつくり」、第3水準1-88-22)鏘きゅうそうの音おんは胸裏きょうりに起おこる。丹青たんせいは画架がかに向って塗抹とまつせんでも五彩ごさいの絢爛けんらんは自おのずから心眼しんがんに映る。ただおのが住む世を、かく観かんじ得て、霊台方寸れいだいほうすんのカメラに澆季溷濁ぎょうきこんだくの俗界を清くうららかに収め得うれば足たる。この故に無声むせいの詩人には一句なく、無色むしょくの画家には尺※(「糸+賺のつくり」、第3水準1-90-17)せっけんなきも、かく人世じんせいを観じ得るの点において、かく煩悩ぼんのうを解脱げだつするの点において、かく清浄界しょうじょうかいに出入しゅつにゅうし得るの点において、またこの不同不二ふどうふじの乾坤けんこんを建立こんりゅうし得るの点において、我利私慾がりしよくの覊絆きはんを掃蕩そうとうするの点において、――千金せんきんの子よりも、万乗ばんじょうの君よりも、あらゆる俗界の寵児ちょうじよりも幸福である。
 世に住むこと二十年にして、住むに甲斐かいある世と知った。二十五年にして明暗は表裏ひょうりのごとく、日のあたる所にはきっと影がさすと悟った。三十の今日こんにちはこう思うている。――喜びの深きとき憂うれいいよいよ深く、楽たのしみの大いなるほど苦しみも大きい。これを切り放そうとすると身が持てぬ。片かたづけようとすれば世が立たぬ。金は大事だ、大事なものが殖ふえれば寝ねる間まも心配だろう。恋はうれしい、嬉しい恋が積もれば、恋をせぬ昔がかえって恋しかろ。閣僚の肩は数百万人の足を支ささえている。背中せなかには重い天下がおぶさっている。うまい物も食わねば惜しい。少し食えば飽あき足たらぬ。存分食えばあとが不愉快だ。……
[PR]
by greenwich-village | 2014-07-26 01:28 | グリニッチ・ヴィレッジ
金曜、蒸し暑い週末の夜はこんな音楽で飲んだくれて、だらしなく酔っ払うのもいいんじゃないか夏の夜。

女性ブルーズ・オムニバス BY Pーヴァイン

f0148098_23285046.jpg


マ・レイニー

Gertrude "Ma" Rainey-See See Rider Blues
Ma Rainey (April 26, 1886-December 22, 1939) See see, Rider. ...See what you done.

メンフィス・ミニー

memphis minnie chickasaw train blues

エタ・ジェイムス

Etta James - W.O.M.A.N.
none
[PR]
by greenwich-village | 2014-07-25 23:29 | グリニッチ・ヴィレッジ

パピヨン

映画つながり海つながりで、あぁ、「パピヨン」!
名画に名曲あり!オリジナル・サウンド・トラックとしての。
「太陽がいっぱい」をスケールダウンしたのが石原慎太郎/裕次郎の「太陽の季節」/太陽族のように、後の多くの映画の男同士の友情ものや脱出劇ものの雛形のひとつが「パピヨン」といっても過言ではないでしょう。
これは実話で、脱獄本人が書いた原作もあります。



Papillon- Ending
Final Scene of papillon
YOUTUBE.COM
[PR]
by greenwich-village | 2014-07-25 10:50 | グリニッチ・ヴィレッジ
主に、大好きなフェデリコ・フェリーニというイタリアのモノ凄い映画監督の作品の音楽を担っていたのが、ニーノ・ロータ。
フェリーニ映画はあまり一般的ではないので、ニーノ・ロータ映画音楽で多くの人に知られているのは、「ゴッドファーザー」「ロミオとジュリエット」「太陽がいっぱい」。すべてフェリーニ映画以外のもの。
今日の猛暑には海を舞台にした「太陽がいっぱい」。
いやはや、久しぶりに見ても、やはりさすがにアラン・ドロンの切れるほどのイケメンなこと。オネエじゃないけど、美しいこと。そして暗い。暗さが美しさに拍車をかける。
そしてこの物悲しい音楽。美しい海と太陽に囲まれてはいるけれど、それら全部がウソ・インチキ・欲望の装置でしかないストーリー。それらのコントラスト。



Plein Sleil - Nino Rota (太陽がいっぱい / ニーノ・ロータ)
Alain Delon, Marie Laforet and Maurice Ronet in "Plein Soleil.(1960) Theme Music:Nino Rota. I upload again as "Photo Movie", because "Plein Soleil (movie cli...

f0148098_1048336.jpg


私に言わせればフェリーニ映画は全部傑作・名作。



Nino Rota 映画「道」 La Strada ~ Gelsomina
[PR]
by greenwich-village | 2014-07-25 10:48 | グリニッチ・ヴィレッジ
「JUJU」と言っても日本の歌手ではなくて、アフリカのジュ・ジュ・ミュージック。

キング・サニー・アデ、最高に楽しいダンス音楽です。

これで明け方までライヴやるんですから堪らない!



King Sunny Ade - Maajo (Live)
Live at Montreux 1983

f0148098_2350286.jpg




King Sunny Adé & His African Beats "Synchro System" (Live at Montreux 1983)
King Sunny Adé & His African Beats - "Synchro System" Live at the Montreux Jazz Festival, 1983.
[PR]
by greenwich-village | 2014-07-24 23:50 | グリニッチ・ヴィレッジ

曇り空の嘉手苅林昌

f0148098_11372155.jpg



夏だから海だから気分は沖縄、なわけでもなく、なんだか自由な雰囲気だからオキナワ、なものでもなく。
島唄ばかりか、琉球王朝・正調野村流の幽玄さも大好きで。
島々の民の唄は、決してノーテンキな明るさではない悲しみがあるのは民俗音楽・民謡全般に共通する響き。
スカッと晴れた青空にも満天の夜空にも似合いますが、今日のようななんだかハッキリしない曇った湿度もある薄曇り薄暗さこそ、島唄が増幅します。
神様を信じてはいませんが、音楽を愛する者として唄者のスタンス、音楽内容云々以前に林昌爺はそれに近い価値。
神棚に祀ってしまい込むには風狂な方ですが。


形のないお守りみたいなもの。




道輪口説 嘉手苅林昌
一、空も長月はじめ頃かや 四方のもみじを 二、そめる時雨にぬれて牡鹿の なくもさびしき 折りにつげ来る 三、雁の初音に心うかれて ともにうちつれ 四、出づる野原...



嘉手苅林昌 ♬ 海ぬチンボーラー(Okinawan Naakunee Uminu Chimborah) ↝ TBNYD13
先島で派生した「アヤグ」や「トゥバルマー」の慎ましい恋歌が、沖縄本島へ渡り男女間の「毛遊び」の即興歌としてチミラク発展したのが「ナークニー」であろう...世俗へ...



恨みの唄 / 嘉手苅林昌
from album "嘉手苅林昌特集" (1982)


f0148098_1137454.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2014-07-24 11:38 | グリニッチ・ヴィレッジ

おならのニオイ

おならのニオイ、かぐと体に良いことが起こる


f0148098_741166.jpg



マイナビウーマン 2014年7月22日 21時09分 (2014年7月23日 07時03分 更新)


仲良しの夫婦でも臭いおならには閉口してしまいます。若いときはおならなんて恥ずかしすぎて、パートナーの前では絶対にしなかったのに今では平気でブリブリとしてしまう姿はちょっと悲しいですね。

臭くてどうしようもないおならですが、悪いことばかりではないようです。

イギリスのエクセター大学、医学部が研究したところ、おならのニオイにはさまざまな病気を防ぐ力があるそうです。

おならの主成分は硫化水素です。これがあの臭いニオイの元となっているわけですがこのニオイを少量吸い込むと、病気を予防してくれるそうなのです。

硫化水素通常、たくさん吸い込んでしまうと非常に体に悪いものだというのは周知の事実でしょう。少量なら大丈夫なんて一体どうしてなのでしょうか。

硫化水素には体の中の炎症を防いでくれるミトコンドリアを守る働きがあるのです。ミトコンドリアがないと人の細胞は簡単に壊れてしまいます。また人の細胞は炎症などが起きると、硫化水素を生成して自分の身を守ろうとしますがその量はほんの少しなので、あまり有用な働きができないそうです。

そこでおならが大活躍するわけです。おならの硫化水素が脳卒中、認知症、関節炎、糖尿病や心臓病を予防してくれるのです。

研究者たちはおならのニオイを害にならないように、上手に病気の予防に役立てる方法を研究しているそうです。

将来病院で「おなら治療法」なるものが誕生するのももうすぐかもしれませんね。
[PR]
by greenwich-village | 2014-07-23 07:41 | グリニッチ・ヴィレッジ

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ