<   2014年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「最後は金目鯛でしょ」

国に関するすべては私たち「国民の責任」、ただそれだけだ。

関心があろうがなかろうが、投票しようが棄権しようが、専門家であろうが素人であろうが、私たち国民の代理人たちを選んでいるのは、他ならぬ「私たち国民」だ。
私たちの代理人を政治家と言い、その集団を党という。江戸時代以前ではないので、私たち民主主義はそれを選べるのだから、そういう人たちを選出しているのは私たち自身で、彼らが政治的に行うことは、「私たちの国民の責任」だ。
責めるべきは彼らではなく、愚かな者たちを代理人として選出し任せた私たち各々自身にある。

国会議員・県会議員・市議会議員、彼ら我々の代理人たちの多くは、「生徒会長」「学級委員長」レベルでしかない。
思い出せばお分かりだろう、生徒会長・学級委員長を選ぶときに、子供たちの私たちは一度たりとも本気で選出したことはなかったことを。
なりたい奴が内申書目当てで手を挙げている程度で、やりたければやればぁ、程度に成立している。それが、そのまま大人になったレベルだ。

彼らには才能はない。金目の取引先である有権者基盤があるだけだ。
「最後は金目でしょ」と言った頭の悪い性格も悪い息子は言い得て妙、「最後は金目」というのは有権者、基盤支持母体は勿論、つまりわれわれ国民全体のことであって、当時に彼ら政治家たち自身のことでもある。
彼らはいつまでたっても稚拙な生徒会レベルで、それが大人になって下らない政治力学だとか永田町理論だとか強欲だとかを身に付けただけで、政治家・政党が悪いのではなくて、その程度を選出しているわれわれ有権者たち自身が責められるべきだ。

こういうことに関しては自分で自分を責めるのは難しいから、民主主義・多数決で自分たちで選出した者たちを責める。それが一番楽だ。
まさに彼らの手口のように、国民も「責任の所在」をすり替えて運動なり抗議なりに精を出せる。

我々年寄りは、子供たちを守るべきだが、現行騒いでいる事柄は、子供たちを守らない年寄りのための年寄りの老い先短い未来のための国作りだ。
放ったらかしの原発放射能・健康問題然り、「集団的自決権」(そういうことだ!)然り、その是非は、育ち盛りもない健康被害もどうでもいい爺婆・戦場に行くこともない爺婆のために論議されている。
つまり、大人たちが子供たちと未来を食い尽くしている。親が、爺婆が、子供や孫の命を喰らって老い先短くも「最後は金目でしょ」と生活している。

哀れな都議たちは無脳症のようにオートマチックな野次でスベりまくるが、少子高齢化どころではない事態で、生産性・経済性はどうしたところで右下がりの現実に、「我が身だけが生き抜ければ、我が子・我が孫がどうなろうとカマワナイ」といった具合に事柄が運ばれる。

所詮、われわれ人間は「お・も・て・な・し」など「お・も・て・だ・け」で、そういう生き物だから、代表者の彼らも選出する我々も、同罪者同舟だ。
その舟で、金目鯛釣りをしている。

f0148098_10424010.jpg


魚じゃないとやってられないよ~


[PR]
by greenwich-village | 2014-06-29 10:44 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
雨。 

ニュートンではないが、水たまりに落ちる雨粒が作る波紋を見ていてふと不思議に思った。
すべて円形。
この世に100%完全な円はない。円からの立体、つまり完全な球形は作れないときく。
この円形も不完全だろうが、いわゆる円形に波紋が広がる。 
不思議ではないか!
にじむように広がるのでもなく、すべて円形。
これをうまく使えば完全円が作れそうな気がする。完全な水平に完全な垂直で水滴を落とす。 
また、なにゆえ波紋は円形を描くのだろうか?
大げさに言えば、星々や惑星の軌道から分子構造まで、万物は、円形または球形が原型。

実生活には何ら関係ないどうでもいいことだが。

円形は壊れない。

ウィル・ザ・サークル・ビー・アンブロークン


[PR]
by greenwich-village | 2014-06-29 09:03 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
f0148098_9234854.jpg


f0148098_1115462.jpg
f0148098_11153810.jpg
f0148098_11152736.jpg



バーデン・パウエルでお寛ぎ下さい。



baden powell - bassamba
Do álbum "solitude on guitar". Acho que o instrumento é um baixo acústico, favor me corrijam se eu estiver errado.



Baden Powell - Por Causa de Você - Solitude on Guitar
Os dedos de Baden nos remetem ao dedo do Adão de Michelângelo... Ao escutarmos B..
[PR]
by greenwich-village | 2014-06-27 11:15 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

こぎん刺しとシャーデー

こぎん刺し、のご案内

f0148098_10454028.jpg
f0148098_10452975.jpg
f0148098_10452028.jpg



曲は、シャーデーで、スムース・オペレーター



f0148098_10441930.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2014-06-27 10:46 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
降っても晴れても、深夜でも早朝でも、森の中でも都会のお部屋でも、鬱陶しい梅雨時にはこんな音色が似合います。

キース・ジャレット オーヴァー・ザ・レインボー



f0148098_10454325.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2014-06-26 10:45 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

P.P.アーノルド

フリー・ソウル、P.P.アーノルド。

本国アメリカよりも主にイギリスで人気、モッズ時代から昨今のUKアシッドまで、ブリティッシュ・ロック・ミュージシャンに客演で招かれ実に多くのセッションを残している。
ミック・ジャガーはプロデュースまでしている。
ファンキーなアメリカうけなソウルよりも、アコースティックでアレンジやメロディアスな内容などイギリスで受けるのがよくわかるフリーソウル。
よく見ると、ちょっと宮崎あおいに似ている感じ。



P P Arnold Something beautiful happened



P.P. Arnold: The first cut is the deepest
P.P. Arnold: The first cut is the deepest

f0148098_10215799.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2014-06-26 10:21 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

ガトー・バリビエリ

いよいよ、ワールドカップのコロンビアVS日本。

ところで皆さん!!“日の丸”を背負ったことなんてありますか?

応援する人たちは「日の丸背負って頑張って!」なんて勝手なこと言ってますが、自分では背負いたくもないくせに、そんな重苦しいもの他人に背負わせちゃいけませんよ、と思いますね。
毎回感じるんですが、ワールドカップもオリンピックも、選手も応援する皆さんも、日の丸なんて背負うことなく伸び伸びと自分らしいプレイで精一杯やればいいんですよ。自分たちのチカラで自分たちのために戦えばいいのですよ。
いつだってお国は何もしてくれないし、応援しても他人はプレイするわけじゃない。
勝っても負けても、サッカーと勝負事を心から楽しんで欲しいものです。

曲は、どファンキーなラテン・フリージャズ、ガトー・バリビエリ。



f0148098_21565158.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2014-06-24 21:56 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
なんてったってミンガス・ミンガス・ミンガス! チャールズ・ミンガス



Charles Mingus - II B.S.
Charles Mingus, album "Mingus Mingus Mingus" year 1963. Mingus is unique! He jolts with the unexpected and the new. He has something to say and uses every re...

f0148098_0314732.jpg




I X Love - Charles Mingus
"Mingus Mingus Mingus Mingus Mingus" (1963, Impulse!)
[PR]
by greenwich-village | 2014-06-24 00:31 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

ゾンビーズ

ハードロックならぬ、ソフトロックというカテゴリーには一般的な人気とはべつに実に素晴らしい名盤が埋もれていて、マニアックといえばマニアックで挙げるとキリがないのでやめておきますが、例えばゾンビーズ。

日本でもまぁまぁ知られているイギリスのバンドで数曲ヒット曲も出しています。一般にビートルズやストーンズなどの60年代UKグループにくくられますが、モッズもあればマージービートもありロッカーズやブルースロックもありますがら、当時のUKグループといっても実に様々。

ゾンビーズは、ビートルズやUSのビーチボーイズなどにも匹敵する優れたポップセンスを持っていてソフトロックでは5本指に入る名盤を作っているのですが、いかんせんセールスに恵まれなかったバンドです。当時の激動のロックの潮流ではソフトすぎたのでしょう。一過性時代が過ぎてしまえば、いまや揺るぎないエヴァーグリーンな名作アルバムになっています。

優れた「POP」とは、単なる時流でしかない「時代性を越える」ということでしょう。

そんな名盤にも収められているヒット曲、ゾンビーズで「二人のシーズン」。



f0148098_10385713.jpg


アルバムから、シングルB面の「フレンド・オブ・マイン」
[PR]
by greenwich-village | 2014-06-22 10:38 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

荒井由実

世界3大ポールは、ポール・マッカトニー、ポール・モーリア、ポール牧。

世界3大カルロスは、カルロス・サンタナ、カルロス・ゴーン、カルロス・トシキ。

日本3大ユミは、荒井由実、安達祐実、由美かおる。





f0148098_1141274.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2014-06-21 11:03 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(2)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ