<   2012年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧


ある男が何やらいわくつきのたいそう高価な掛け軸を受け取った。

昔の話なので所在はよくわからないが、彼の曾爺さんが何かの折に預かったか手に入れたものだそうで、決して旧家ではない一般庶民の彼の家ではどう転んでも入手できるような代物ではないほど価値がある掛け軸だそうだ。

父親の死去の際にゴミとも思える荷物を片付けていた折に、実家の納戸か天袋の奥にあったものを母親が見つけ、よくわからないまま彼が受け取った。

金糸張りで表具こそ高そうだが、表装された絵は墨の走り書きで落書きされたようなもの。落款はない。
掛け軸が納めてあるこれまた高そうな桐箱とともに覚書がそえてあって、古いということはわかるが草書の文字で何が書いてあるのはまったく読めなかった。

男は知り合いの伝手を手繰ってこれがどういうものなのか専門家に鑑定を依頼した。すると信じられないほど高価なものらしく、名前を言われてもまったくわからないが、作者、表具職人、桐箱職人、どれをとっても当時の当代きっての高名な人たちの手によるものだという。
国宝に迫るほどのもので、時価1000万は下らない。

鑑定者は、新たに鑑定書を作り男に「素晴らしいモノですから大切にしてください」といって手渡した。

どう考えても自分の家・先祖がこんな代物を持っているわけがない。祖父も父親も借金こそ残したが相続できるようなものは何もない。住んでいる家も借地だ。

いまさらどうしたところでこの掛け軸の出所など知りようもないし、男にとっては知りたいという興味もそそられない。
飾ってみようかと思っても、床の間もなければそれ相応の部屋もない。100円ショップから買ってきたフックを取り付け、一度玄関や居間の壁に掛けたことがあったが、ほんとうに高価なものなのかなんだかみすぼらしく、ただでさえ殺風景な家を余計貧しく感じさせたので外した。親戚が訪ねてきたり友達が遊びに来たりした時も皆まったく興味を示さず、むしろ「なんだこりゃ、カッコわるいから外せよ」と言われた。
無理もない。自分がそうだったとしても同じように言うだろう。

ただ、鑑定士と鑑定書が示す通り、1000万の価値はあるらしい。

男はその掛け軸を丁寧に梱包すると天袋の一番奥に仕舞って、その代わりに鑑定士が作った1000万の鑑定書を額装してテレビの脇のサイドボードの上に飾った。
こっちのほうが断然絵になり、なんだか優雅な気分だ。以来、親戚や友達も来る者全員が鑑定書に見入った。
鑑定者の手書きの文字は決して上手ではなく小学生のようなものだったが、1000万という文字に誰もが目を凝らした。

口々に「そうだったのか、もう一度見せてくれよ」「いや、実はなんだかそんな気がしてたよ」「オレは良いなっておもってたんだ」と言われても、男は出すの面倒だからといって天袋に仕舞い込んだまま出そうとはしなかった。

ある夜のこと、その夜も男はお気に入りの額装鑑定書に見入っていた。そして1000万を何に使おうかと思いを巡らせていた。

突然、台所の方から火の手が上がった。鍋の火をかけたままだったのか、ガス漏れなのか、漏電なのか、とにかく火の手は強く見る見るうちに燃え広がり家じゅうに黒煙が充満した。
男は取りも直さずすぐさま鑑定書を手に取り一階のベランダから表に飛び出した。
火の手はあっという間に家全体をのみ込んだ。もはや全焼だった。

業火の中で朽ち果てる我が家を前に、男はひとり言をつぶやいた。

「もともと大したものもないしな、でもよかった、この美しい鑑定書だけは持ち出せて・・・・」


翌日、新聞の片隅に小さく「ニセモノ鑑定士捕まる」という記事が載っていた。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




[PR]
by greenwich-village | 2012-09-12 11:27 | グリニッチ・ヴィレッジ
f0148098_10411965.jpg


古いウランガラス。
紫外線/ブラックライトにあてると美しく蛍光し、それがウランガラスかどうかの証になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・

萩焼の“萩の七化け”と言われ愛されるように、長い時間愛着を持って接しそれらの時々の様々な変化を楽しみ親しむ精神こそが、“美”であり“価値”です。
アイドルからマスコミ、床屋さんからラーメン屋さん、日曜大工から手習いまで、お手軽に一億総アーティスト時代のようですが、本来の圧倒的な職人の技・意地にように、継がれて普段の思考に響き残っているのを“魂”といいます。

その精神を養っている人が普遍的な“価値組”です。
“モノ”はただひたすら誠実です。高いとか安いとか、珍しいとかありふれているとか、知識とか所有とかではなく、“モノ”の扱い方・接し方・所作だけでその人の“魂”の在り様が見えます。
“消費”と“愛でる”はまったく別物ですし、“食は三代”という諺が伝えています。

「これが美で、これが幾らほどの価値ある高級もので、これが格式伝統あるものです、これが憧れの雰囲気です」といわれてみても、残念ながらそこに美はまったくありません。
多くの人は美を見ません。見ているのは「オープン・ザ・プライス」ばかりです。
オープン・ザ・プライスが美ではありません。オープン・ザ・プライスは各々の収入水準の話にすぎません。
高価であっても、高価だから仕舞っておくのは、単なるガラクタで邪魔なものです。

美は、使われモノとして働く中で生まれます。
美は、自分で見出した人だけにしか存在しません。

どんな暮らしでも、美はその人の普段の生活範囲の中にごくありふれたモノとして無数に存在しています。それらの存在にまったく気がつかないでいるのです。

何を言われなくても、初めから中秋の名月は美しいのです。
高くもなく珍しくもなく所有もなく、値段がない。

そういう本来の日常という美をより美しく引き立て愛でるために、モノはモノとしてあるのです。
愛でられなければ、お金がいくらあっても、その人にはこの世に“美”も“魂”もはまったく存在しません。

そんな時代だから、一億総アーティストが群雄割拠しているのかもしれません。
アーティストやエコノミストが席巻し、スペシャリストが絶滅しているようです。


企業セミナーだとかハウツー本だとか、カタログや雑誌など、流布されたパターンでオリジナリティーが必要とされない時代で、ホームセンターから住宅大工まで単なる既製品のプラモデル施工ですが、規格通りばかりか既製品・既成概念以外のものを何とか創意工夫して作るのが、本来の職人・スペシャリストの技・意地・魂でもあります。

この“モノ”をどう使おうか、どんなふうに活用しようか、どう再利用しようか、というオリジナルな発想が、“ロハス”といわれるものです。
[PR]
by greenwich-village | 2012-09-11 11:39 | グリニッチ・ヴィレッジ
アジア人はベタッとしたバラードが大好物ですから、日本も何かと人気のあるJ-ポップ歌謡からロック歌謡・ヒップホップ歌謡、有名無名のシンガー・ソングライターまでやたらとバラードで、すべからく悲しいこと辛いことを悲しく辛く切々と歌い、最後は「こんなかわいそうなアタシ、さびしいボク、それでもアタシ、ボク、がんばるから」が定番の歌詞ですね。
ヒットチャートやカラオケ人気曲といえばバラードのオンパレード。

カントリー・ミュージックのダンディズムは、悲しいこと・辛いことを悲しく辛く歌わない。「泣きたいほどの淋しさだ」けれど、そういう風には歌わない。曲もスローテンポのバラードではない。
アメリカ西部の乾いた土地柄からですが、日本でいえば湿気がなくなった秋の高い空といった感じです。

地球規模でみると、各POP音楽の質は「湿気・湿度」によって生成されています。日本は多湿ですから、ベタッとヌメッとした絡み付くようなものが遺伝子体質的に多くの人に好まれます。ですから、精神論的でしょうか、多くの日本産POPは知らず知らずに粘りつくように情念的なのです。

よくカントリーやブルースは日本の歌謡・演歌のようなものだとかいうのを耳にしますが、あれは単なるイメージに過ぎないものです。
ついでに、日本・アジアに3拍子POPのヒットソングが少ないのは、もともと3拍子音楽がないのでリズム感がなくあまり親しまれないのです。
3拍子は舞曲・ダンス音楽、シンコペーションがハネますから、テンポがゆったりしていてもバラードとは違います。


泣きたいほどの淋しさだ   ハンク・ウィリアムス

f0148098_11203193.jpg




f0148098_11204271.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2012-09-07 11:43 | グリニッチ・ヴィレッジ
ドゥービー・ブラザース   ある愚か者の場合




ある愚か者の場合  what a fool believes


君が過ごした良き日々は過ぎ去り 今や君は過去の人
優雅で感傷的な愚か者には 何も理解することができない
一生懸命になって 必死にもう一度やり直そうとしても
君の思いとは裏腹に はじめから誰もつき合っているつもりなどなかった

君のつまらないむかし話に 上辺だけは微笑む努力をして
君が何を話してみたところで 何一つ本当に話したかったことじゃない
そうなんだよ そんなことを話したかったんじゃない

君の人生にとっては それは大きな存在だったかもしれないけれど
この世界にとっての君は とるに足らないちっぽけな存在
現実を目の当たりにして 君は立ち尽くす
わかりきったこと 君は日々が無意味に費やされているのをただ見つめるだけ

それなのに ある愚か者はいつまでもただ信じてる
この世は 抜け目なく腹黒いものだとわかっているはずなのに
信じる理由なんてどこにも見当たらないのに 
まったく見込みがないわけじゃない と自分に言い聞かせてみる
もともと そんな根拠なんて何もないのに 

それでも 君はあきらめきれない
もう忘れるほど古い 遠い昔の些細なことを持ち出して 
君は信じようとする いつかどこかで我が人生が戻ってくるんだと

君の人生にとって大切なのは 何か認められることだったんだろうけど
この世界にとっての君は まるで興味のない存在だった
現実をつきつけられて 君はどこにも行き場はない
わかりきったこと いまや君の人生は無意味に費やされているだけ

それなのに ある愚か者は何も見ようとせずに信じてる
この世は 二枚舌の口実がまかり通るとわかっているはずなのに
信じる理由なんてどこにも見当たらないのに 
まったく見込みがないわけじゃない と言い聞かせてみる
もともと そんな根拠なんて何もないのに 
[PR]
by greenwich-village | 2012-09-06 11:18 | グリニッチ・ヴィレッジ
f0148098_115546.jpg

まだ暑いですが、時折少しだけ涼しい風が吹きます。肌に感じる日差しも若干落ち着いてきて、朝夜などは涼しさが増しているようです。

ハイフェッツ




[PR]
by greenwich-village | 2012-09-05 11:07 | グリニッチ・ヴィレッジ

音楽という本物(2)

セプテート・ナシオナール

f0148098_11273853.jpg




f0148098_11275285.jpg



[PR]
by greenwich-village | 2012-09-02 11:27 | グリニッチ・ヴィレッジ
グリニッチ・ヴィレッジは主に古道具を扱っていますが、いつも未来のあり方を志向しています。

懐古趣味や何でもかんでも古物好きではありません。

時間を蓄積したものや歴史は、新しいプロダクト以上に、未来の姿を教えてくれます。

古いものを知り、新しい時代にどう活かすことができるか。

考慮し、想像し、活かすことができなければ、

古いものでも新しいものでも、高いものでも安いものでも、ただ単なる“つまらないモノ”。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


東京にいたころ、私は在日や韓国やアジア圏の友達や知り合い、仕事や遊び友達としてわりと多く交流していた。

今のように韓流などになるずっとずっと前のことだ。


これらの動画で伝えている方々、作っている方々に、最大限の尊重と賛辞を。

現実・事実は、認識と思考。

それぞれの国民の感情を煽るだけで、無思慮にさせる/無思慮でいることこそ、

どこの国民であろうと、われわれの日常一般的にして最大の罪になるだろう。

けれど、東アジア各国のわれわれは、いつまでもお互いに決して愚かではない。

ただ単に、欲深い愚かな輩たちが、いつも各国のトップに居座っているということだ。

国家や民族、思想や洗脳ではなく、各々の「個人」という人間の資質が、新しい未来を作る。

「箸よく盤水を回す」、必ず。












[PR]
by greenwich-village | 2012-09-01 10:29 | グリニッチ・ヴィレッジ

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ