<   2012年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

音楽という本物(1)

グルーポ・フォルクロリコ

f0148098_1119207.jpg




f0148098_11193324.jpg



[PR]
by greenwich-village | 2012-08-31 11:29 | グリニッチ・ヴィレッジ
アマゾン先住民多数殺害か ベネズエラで金採掘業者
【リオデジャネイロ共同】


先住民保護活動を続けている英国の非政府組織(NGO)サバイバル・インターナショナルは29日、南米ベネズエラのブラジル国境に近いアマゾン密林地域で、金採掘業者らが先住民のヤノマミ民族を多数殺害していたことが明らかになったと発表した。
同NGOが同民族関係者から得た情報によると、ベネズエラ南部の集落で7月、業者らに80人近くが殺害され、生き延びたのは3人だけだった。

f0148098_11564137.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこの国であろうと、人間は欲深くて愚かだな。

こういう採掘金の用途が、われわれ日本人の生活に無関係であることを祈るが、みんなが欲しがる高級時計や宝飾品から携帯内部機器、オーディオのケーブル・ジャックから金箔入りラーメン、株式相場から18金の文房具まで、どこでどう繋がっているのか分からないから、そうもいかないのが現代世界で、間接的にどこか関係してるわけだな。

その身に着けているブランドは、知らずに血なまぐさい金が使われている殺戮のロンダリング・ワールド。

罪もないひっそりと暮らす部族を皆殺しにして出来上がる、金仕立てのセレブ・アクセサリー。
食べものは産地・生産者を気にするが、金銀・宝石・原料の出所なんて誰も一切気にしない。
気にするのは、その値段だけ。


かつて、インディアン/アメリカ先住民を強制移住させて、居住地域から採掘したウランで作った原子爆弾が、広島・長崎に落とされたんだよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


曲は、ミシシッピ・シェイクスのカントリーブルース。

バイオリンはクラッシック、アイリッシュ、ブルーグラスばかりじゃない。
バイオリン/フィドルで、ブルース。

f0148098_11243733.jpg




f0148098_11245142.jpg







[PR]
by greenwich-village | 2012-08-30 11:24 | グリニッチ・ヴィレッジ
f0148098_1150566.jpg

f0148098_11502269.jpg


日本の住環境から縁側らしい縁側が消失して久しい。

一目で、欧米の住宅との決定的な違いは、ポーチという伝統。

つまり現代日本人は、実のところ全く欧米化などしていないと同時に、自国の伝統も失ってしまった。

ハイカラ革新でもなければ伝統保守でもない、奇妙に整った宙ぶらりんの環境にいる。

形状/フォルムではなく、琴線・感性・フィーリングとしての用途だ。

縁側もポーチも、単なる衣食住的な合理・経済にはまったく必要のない部分だけれど、

その遊びの環境こそ、人間らしい小粋さを与えてくれる。



ポーチのように小粋なダン・ヒックス   ウェスタン・スウィング音楽

f0148098_11493330.jpg











f0148098_11494819.jpg


f0148098_11554251.jpg
f0148098_1155503.jpg
f0148098_11555797.jpg
f0148098_1156376.jpg
f0148098_11561027.jpg
f0148098_11561897.jpg
f0148098_11562884.jpg
f0148098_11563948.jpg
f0148098_11564832.jpg
f0148098_11565881.jpg
f0148098_11571654.jpg
f0148098_11582188.jpg
f0148098_11583199.jpg
f0148098_11584068.jpg
f0148098_11585066.png
f0148098_1159071.jpg
f0148098_11593264.jpg
f0148098_11594138.jpg
f0148098_11594835.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2012-08-29 11:52 | グリニッチ・ヴィレッジ
「箸よく盤水を回す」

水を満たした皿を箸で回す。
はじめは水を切って、ただ箸だけがくるくると空回りする。
けれど、あきらめずに続けていると、やがて皿の水が大きく回り動き出す。
たとえたった一膳でも、箸よく盤水を回す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国栄えて、魂荒む。
国滅びても、魂荒む。
魂が救済されなければ、人生は空虚。
まるで空虚を誤魔化すためだけに、日々を費やしているよう。
すべての魂は救われるためにある。



アメイジング・グレース   アレサ・フランクリン

f0148098_11223192.jpg


アレサの最高なゴスペルライブから、ホーリー・ホーリー。



[PR]
by greenwich-village | 2012-08-28 11:36 | グリニッチ・ヴィレッジ
スペインのキリストのフレスコ画を修復したおばあちゃんが話題だけれど、あの修復作品はモディリアーニっぽくてイイんじゃないかな。
まぁ、とてもキリストには見えないけど。

f0148098_085050.jpg
f0148098_085827.jpg
f0148098_09103.jpg
f0148098_091895.jpg
f0148098_092781.jpg
f0148098_093589.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2012-08-25 00:13 | グリニッチ・ヴィレッジ
デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンのデザインによるエッグチェア。

エッグチェアは1958年にコペンハーゲンのSASロイヤルホテルのロビーならびにラウンジ向けにデザインされた。
アルネ・ヤコブセンにとってホテル内に使用される家具と同様に建物のあらゆる要素をデザインする権限を与えられたことは、彼のデザインと建築における理論を総合的に実践する大きな機会となった。

エッグチェアは垂直水平により構成されたヤコブセンのトータルデザインの建物内において彫刻的な対比を生み出し、成功をおさめた一例となった。
彫刻家のように、自身のガレージで粘土を使用しシェルの完璧なフォルムを追求し、シェルの張り地の下に硬い発泡材を使用するという新しい手法を先駆けて用い、このエッグチェア誕生させた。

エッグチェアは、その独特のフォルムにより公共の場においてもわずかなプライベート空間を作り出し、プライバシーを保つことを可能にする。

f0148098_22224091.jpg
f0148098_22224975.jpg
f0148098_22225756.jpg
f0148098_2223633.jpg


アルネ・ヤコブセン 1902-1971

1902年、デンマーク、コペンハーゲン生まれ。
デンマーク王立芸術アカデミーを1927 年に卒業し、1930 年に自身の設計事務所を設立して集合住宅ベラヴィスタなどの設計に携わった。
第二次大戦を経てから建築家としての活動を再開し、SAS ロイヤルホテル、オックスフォードのセント・キャサリン・カレッジ、デンマーク国立銀行などを設計している。
それらの建築のためにデザインした家具や照明器具は、製品化されてロングセラーとなっている。


f0148098_22342716.jpg

本日の曲は、坂本龍一+ダンスリーから。




[PR]
by greenwich-village | 2012-08-24 22:25 | グリニッチ・ヴィレッジ
いわき市(市議・市長)は、
山間部にある極端に高いホットスポットの村に対して、除染なり非難移住なりの何のアクションも起こしていない。
いわき市のその地域は、特定非難準備区域ではないというだけで、国からも何の援護も受けていない。
その地域住民たちは、子供たちも含めいまだにその地域に生活せざるを得ない状況だ。
国もいわき市も、私には彼らの頭の中がどうなっているのかさっぱり理解できない。
もともと郷土愛は希薄な私だが、そんな未来など、全部インチキだ。


「未来」
f0148098_23541677.jpg
f0148098_23543999.jpg
f0148098_23544673.jpg



死んだ彼らの 残したものは
生きてる私 生きてるあなた
他には誰も 残っていない
他には誰も 残っていない



大傑作! 名曲集・名演

武満徹ソングブック / ショーロ・クラブ
f0148098_2356170.jpg


原発問題・労働者問題から尖閣・竹島問題、そしてシリアでお亡くなりになったジャーナリストの方まで、
この名曲を、昨今のこの国と世界の一連の現状に向けて。

ぜひ5分ほどお時間を割いてお付き合い、お聴きください。

「死んだ男の残したものは」   
ショーロ・クラブ WITH アン・サリー



作詞:谷川俊太郎   作曲:武満徹

死んだ男の 残したものは
一人の妻と 一人の子供
他には何も 残さなかった
墓石ひとつ 残さなかった

死んだ女の 残したものは
しおれた花と 一人の子供
他には何も 残さなかった
着物一枚 残さなかった

死んだ子供の 残したものは
ねじれたあしと かわいた涙
他には何も 残さなかった
思い出ひとつ 残さなかった

死んだ兵士の 残したものは
こわれた銃と ゆがんだ地球
他には何も 残せなかった
平和ひとつ 残せなかった

死んだ彼らの 残したものは
生きてる私 生きてるあなた
他には誰も 残っていない
他には誰も 残っていない

[PR]
by greenwich-village | 2012-08-24 00:05 | グリニッチ・ヴィレッジ
剣持 勇 けんもち いさむ、1912年1月2日 - 1971年6月3日

日本そして世界を代表するインテリアデザイナー。第二次世界大戦後に渡辺力・柳宗理・長大作・水之江忠臣らと共にジャパニーズ・モダンと呼ばれるデザインの礎を創ったと言われる。

廉価なうえに高機能を求められることの多いインダストリアルデザイン分野で手腕を発揮し、1958年に発表された積み重ね可能な「スタッキング・チェア(スタッキング・スツール)」と呼ぶ椅子は普及品として今なおベストセラーの地位を維持している。

1961年に発表されたラタンチェアーは日本の家具としては初めてニューヨーク近代美術館(MOMA)の永久収蔵品に加えられた。

丹下健三設計の香川県庁舎のインテリアデザインや、ホテルニュージャパンの内装を手がける。「グッドデザイン」運動を推進するなど、日本のインテリアデザインの草創期を築いた。

乳酸菌飲料として日本国内シェアの高いヤクルトの容器も剣持デザインの代表作である。

f0148098_9243359.jpg
略歴

1912年:東京府で生まれる。
1932年:東京高等工芸学校木材工芸科(現・千葉大学工学部デザイン学科)を卒業。卒業後、商工省(現・経済産業省)工芸指導所に入り、来日していた建築家のブルーノ・タウトに師事。椅子に求められる機能性の研究を行なう。
1952年:渡辺力、柳宗理とともに日本インダストリアルデザイナー協会を結成。
1955年:剣持勇デザイン研究所を設立。スタッキングスツール(秋田木工)をデザインする。
1958年:スタッキングスツール(秋田木工)の販売が開始。
1964年:代表作であるラウンジチェアがニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久コレクションに選ばれる。
1968年:日本航空の航空旅客機ボーイング747のインテリアを担当する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


山形が誇る大好きな天童木工のプロダクト。
剣持勇デザインのカブトチェア。
元祖モダンでクール、さりげなくスタイリッシュでコンテンポラリーなのはもちろんですが、
全く無意識な雰囲気コピーものや昨今の奇をてらった単なる表現主義に陥っているものとは違い、
椅子という道具の基本の計算された角度・座り心地が見事。
さすが天童木工、さすが剣持勇。
現行品(10万前後)もありますが、オリジナル経年品ゆえ一部若干シートの破れがありますが、
おおむね問題ありません。
気になる方は、天童木工は当然、近隣張替業者で好きな素材・色でカスタマイズできます。


f0148098_95579.jpg
f0148098_951624.jpg
f0148098_953361.jpg
f0148098_954257.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2012-08-23 09:14 | グリニッチ・ヴィレッジ
海に浮かぶ使いようもない下らない小さな島々に関してのくすぶりが、最近また騒ぎになっているようですが、巨大地震が来るなら、あれらの島々を海底深く沈めてほしいものです。
あるから下らない騒ぎになる。なければ騒ぎようもない。

歴史に関して。
二次大戦以降ですが、その前後も合わせて、関係各国はもう一度すべての歴史をきちんと提示しあうべきです。
各国は、自分の都合の悪い部分は公にしません。
都合のいい歴史だけで、お互いに言い争っている。

東アジアは、東アジアに関する各国のどんな些細なものでも、すべての歴史をお互いに洗いざらい出し合って、そのうえでもう一度検討しあうべきです。

大戦前後に関する歴史を、関係各国で正直に吟味すべきです。
そうでもしなければ、あの手の騒ぎは続くでしょう。

それから、島国の日本の場合は、
ほとんど多くの日本人に「国境意識」がない。
大陸・地続きの国には、友好関係でも敵対関係でも、ゆるくても厳しくても、必ず国境がある。

国の歴史は、地理的な国境で成立してる。
日本人の我々は、この意識が大変希薄なんです。

そういう無意識の作用が、一連の騒ぎの対応に垣間見える。
国境・結界は歴然としてあって、それがあるからこそ、平和な世界と言える。

国境がないほうが平和だ、幸せだ、というのは、いかにも国境意識の希薄な日本人の感覚なんです。
ここからそっちとこっちの線引きをやるのは、タカ派とかハト派とか穏便にとかの話とは次元が違うわけです。


地理と歴史の認識を、ウソ偽りなく、洗脳教育なしで、金の損得なして、愚かな思想なしで、東アジア各国がお互いに提示しあって吟味しない限り、まったく下らない騒ぎは、暴動が起きても起きなくても、ただ時間の無駄として、ただ認識・知性の低レベルとして、この先も続いていくでしょう。

下らないことが続いていくから、これ以上下らないことはない。
[PR]
by greenwich-village | 2012-08-22 11:41 | グリニッチ・ヴィレッジ
f0148098_235698.jpg


ガムラン音楽は、多くの日本人にとって一般にバリ島のものを連想するでしょうが、ほかの地方にも様々なスタイルがあって、画像左がジャワのガムラン。
私は、激しさ主体のバリ・ガムランよりも、穏やかなジャワ・ガムランや宮廷ガムランのほうが好きです。涼しげな響きと催眠効果、独特の音階・旋律・リズム・楽器。
やはり寒い冬場に聴くよりは、今のような暑い時期に相性抜群で楽しめます。涼しい時間帯でも暑い盛りの時間帯でも、朝でも昼でも夕方でも夜でも、この季節なら気持ちよく心地よく響きます。
夏のアンビエント、エキゾチズムもたっぷりですが、響きとしてのリラックス効果も望める音楽です。







[PR]
by greenwich-village | 2012-08-14 02:23 | グリニッチ・ヴィレッジ

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ