<   2011年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

f0148098_9165931.jpg
f0148098_9172879.jpg


スティーナ・ノルディンスタム



f0148098_9182039.jpg
f0148098_9183855.jpg
f0148098_9191433.jpg
f0148098_9193999.jpg
f0148098_9195734.jpg
f0148098_9205451.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2011-10-30 09:37 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(2)
陽だまりのような暖炉のような生き方をしなければ、陽だまりのような暖炉のような温もりは得られないということ。
焚火のような釜戸のような生き方をしなければ、焚火のような釜戸のような温もりは得られないということ。
炬燵のような火鉢のような生き方をしなければ、炬燵のような火鉢のような温もりは得られないということ。
スープのようなシチューのような生き方をしなければ、スープのようなシチューのような温もりは得られないということ。
毛布のようなセーターのような生き方をしなければ、毛布のようなセーターのような温もりは得られないということ。
ウィスキーのようなお風呂のような生き方をしなければ、ウィスキーのようなお風呂のような温もりは得られないということ。

暖かい部屋で、暖かい服を着て、暖かい食べ物と飲み物の、暖かい生活があっても、人は、寒空のように凍えてしまう。

そういう生き方をしなければ、何を持ってきて何をして何を手にいれて何に乗っかっても、決して温もりは得られないということ。

f0148098_11219100.jpg


ビル・ジョーンズ    アイリッシュ/シンガー・ソングライター








[PR]
by greenwich-village | 2011-10-29 11:14 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
f0148098_9573684.jpg


“オハイオの遊び人たち”の最初期のファンキーR&B。ソウル好きなら無論、UKモッズもDJさんもマスト。洗練無縁のザックリ、ゴリゴリッ!







[PR]
by greenwich-village | 2011-10-29 10:05 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
f0148098_1050305.jpg


小春日和のようなやわらかいキンシャサ・ダンス・ミュージック/ザイール

パパ・ウェンバ








[PR]
by greenwich-village | 2011-10-27 10:54 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
f0148098_10522842.jpg


アレサ・フランクリン    フィルモア・ライヴ    レコード


娯楽と救済。

アメリカン・ブラック・ミュージックのエッセンスをザックリと説明すると大きく2つ。

ひとつは、諸外国の芸能・昨今の日本ではごく一部になってしまった芸能と同じ、リズムダンスやイメージでの完璧なエンターテイメント、非の打ちどころのない娯楽、または演芸。

もうひとつは、キリスト教・教会を軸にした「信仰心からのゴスペル」の魂と技。
黒人音楽では、よく“ブルーズ”感覚や“ソウル”のグルーヴが引き合いに出されますが、あれはひとつの芸能の形式形態・音楽のフォルムであって、エッセンスにあるのは、生活に基づいた“ゴスペル感”。

ゴスペル。

ストレス発散のコーラス運動ではなくて、信仰に基づく“救済”。救済による解放、恍惚、トランス、浄化、安堵。
キリスト教プロテスタント黒人系=ゴスペルばかりではなくて、そういう“魂の救済”エッセンスは、ジャマイカでもキューバでもブラジルでもアフリカでも、世界中の黒人音楽には色濃く表れている感覚。

たとえば、同じ黒人音楽の“ジャズ”音楽の誕生から変遷を見ると、勿論全部ではありませんが基本的に、そのコミニュケーション・語法・洗練から、「外側へ向かう音楽」に思えるのですが、ゴスペル/ソウル音楽は、どこまでも「内側へ向かう音楽」のように思えます。
コミュニケート=外側、救済=内側、といった感覚です。

やがて、これが大きく外側へ踏み出したのがゴーゴーだったりディスコだったりヒップホップだったり、そういうエンターテイメントで、筆頭の故キング・オブ・ポップを代表とした娯楽形態に洗練されていく。


カーティス・メイフィールドやダニー・ハサウェイのニューソウル音楽や、歌姫アレサ・フランクリンは出所がまさに教会・ゴスペルですからなおのこと、ソウル音楽の形態をとって音楽的に洗練昇華されても、このゴスペル/“救済”は全面に表れています。


ジャム・セッションやダンスフロアといった集団的・外側・外界へ向ける以上に、演者自身と聴衆個々人それぞれのさまざまな思いがある内側へ向けて、“救済の音楽、救済の娯楽”を奏でています。






[PR]
by greenwich-village | 2011-10-26 11:42 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
f0148098_0182228.jpg


pure prairie league


急いで行けば間に合うかもしれないが、気持ちが擦り切れてしまう。
急がなければ間に合わないかもしれないが、心穏やかでいられる。
エイミー、キミならどうする? 急いでイライラするか、天使を待ってくつろぐか。


エイミー



エンジェル


[PR]
by greenwich-village | 2011-10-25 00:10 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
f0148098_10402547.jpg


名盤「ガールフレンド」 マシュー・スウィート

パワーポップ/オルタナなんていうよりも、
ポップでメロディアスでカントリー、時にビートリー、時にストーンジーなロック。
小細工なしのストレートなサウンドと丁寧な曲作り。歪みエレキも心地いい。
ロック小僧の良心。










[PR]
by greenwich-village | 2011-10-23 10:46 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
f0148098_918479.jpg


映画「真夜中のカウボーイ」主題歌  “うわさの男”  ニルソン

バーバンクでポップでソフトロック、ドリーミーでノスタルジックな傑作アルバム「空中バレー」。初期ニルソンは元祖作り込みオタク系。

田舎町から大都会を目指す若者たち。目もくらむほど眩しい真夜中に翻弄されるカウボーイ。





[PR]
by greenwich-village | 2011-10-23 09:20 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
f0148098_9321962.jpg
f0148098_9324430.jpg


ジョン・ピザレリ






[PR]
by greenwich-village | 2011-10-21 09:34 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)
f0148098_1037395.jpg
f0148098_10374898.jpg


国定文化財 さざえ堂 二重らせん建築

f0148098_10513727.jpg
f0148098_1039095.jpg
f0148098_10392917.jpg
f0148098_10394964.jpg
f0148098_1040144.jpg
f0148098_10403346.jpg
f0148098_10405243.jpg
f0148098_10411297.jpg
f0148098_10413493.jpg
f0148098_10415649.jpg
f0148098_10422488.jpg
f0148098_10431193.jpg
f0148098_10454737.jpg
f0148098_10484676.jpg
f0148098_1046654.jpg
f0148098_10462216.jpg
f0148098_10464056.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2011-10-19 10:46 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ