<   2011年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

f0148098_12551733.jpg



「カフェ」と言い出して、「喫茶店」と言わなくなって久しいですね。

ただこの「カフェ」という呼び方もちゃんとリバイバルで、古い小説を読んでいると「カフェ」という言葉が普通に出てくる。
明治、おもに大正(デモクラシー/モボ・モガの時代ですね)、昭和初期、戦争前までは「カッフェー」や「ミルクホール」とかでした。
おそらく敵勢用語ということで名を変えて、真っ只中の戦時中は懇親とか寛ぐとか談義するとか議論を交わすとかどころではないのでそういう場自体がなくて、その後、戦後から平成過ぎるころまでは「喫茶店」という呼び方があったでしょう。

今は、今様の「カフェ」で大いに受け入れられていますね。
カフェばかりではなくて、新しくなく内容はなんら変わらなくともカタカナでの言い換えはあらゆるジャンルで頻繁に行われている昨今ですね。

言葉が持つイメージ。
ボクは言霊だとか音霊だとか呪文だとか、そういう類のものはまったく信仰していませんが、まさに言葉がおよぼす力、といったところでしょうか。
「喫茶・やまびこ」よりも「エコーズ・カフェ」なんて言ったほうがモダンでクールでグルーヴィーな気がしますものね。

スポーツ選手だと普通の感じですがアスリートなんて言うともの凄そうですし、公約なんて言うと重々しいけれどマニフェストなんていうとスマートで知的な匂いがしますよね。

ガロというグループに「学生街の喫茶店」という大ヒット曲がありますが、今では日本全国「カフェでブランチ」なんてところですね。
流れているのは、♪~片隅で聴いていたボブ・ディラン、ではなくてレディー・ガガとかキラキラ・テクノでしょうか。

さて、ガロというグループは前記曲があまりにもヒットしてしまったために、そればかり取り上げられてしまいがちですが、他の曲もポップでステキです。

それから、生業・生活のため売れるためにはポップ歌謡路線も仕方ないんでしょうが、彼らはもともとクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングなフォークロックなグループです。
(生業は、またも陽水の曲ですが、“SUMMER”という曲のワン・フレーズが決定的に言い当てています)

♪  ~思いのままは暮らすこと  思いのほかは生きること 


古い音楽でも、今時の「カフェ」で流れていても遜色なく気持ちいい音楽ですよ。
むしろ、今様よりもポップでフォーキーでロックです。若い世代にこそ聴いてほしいですね。






CSN&Y のカヴァーで「オハイオ」、エレキがガンガン。


[PR]
by greenwich-village | 2011-02-27 12:43 | 音楽 | Comments(0)
ポール・マッカートニーってあれだけの音楽・アレンジ(純クラッシック組曲大作も作曲しています)を作っているのに、譜面が読み書きできないんですって!!!

ビートルズ時代に一度勉強したんだそうですが向かなかったらしく、曲とぜんぜん間違った譜面を書いてしまって止めたそうです。
やっぱりロックの人、やっぱり天才、天才の天才たる所以です、今更ながらのようですが、ポールなら譜面くらい楽々マスターしてるだろうと思い込んでいたボクにはビックリするエピソード。
これを譜面スコアなしで、誰かに書いてもらって作っているなんて!!

音楽を志すみなさん、大切なのはオリジナリティと豊かな創造性ですよ。


[PR]
by greenwich-village | 2011-02-26 21:21 | 音楽 | Comments(0)
必ずしも、口数が多いからたくさん伝わる、というわけではありませんね。
かえって、言葉が多すぎて結局まったく何も伝わらない、ということもあります。

省こうとすれば省けるような言葉の羅列よりも、言葉と言葉をつなぐ文脈や行間の奥行き。
言葉や文字は道具ですからボキャブラリーをかき集めて、たとえばテキトーにこんなふうに書けます。ちょっと書いてみましょう。
若い頃はこんな類のものでした。

「108番目のアルマジロが 北斗七星になったとき ボクの指先は未来を予感して 憂鬱なミトコンドリアが睡眠薬に溶け出すと ほら キミはサクラダファミリアのように闊歩して バオバブの断末魔は 楽天的に 現実的に 輝きだすネイルアートのように 見ろ 偽札作りのオラウータンと踊る街路樹を あれは神秘にして神聖な食べ物 新しいカンガルーと 即興的にランデヴー アクアリウムで サナトリウムで 気の効いた髭剃りでも探そう エレファントはモニュメント 50回電話しても30回は間違い電話 だから もうすぐ世界はこだまする 紳士的に だからガンバレ 雨は斜めから吹き上げる 宇宙から感受性 ボクは馬で ニンジンより髭がある 芥川よ 耳たぶは太陽の子供 ディクショナリーに花束を食べさせよう もだえうつ天然痘 知ってるかい キミが知らないことを 本当は知らないだろ キミの知っていることを コメディアンと番犬 おー、フランスパンの失恋 ジェット機はブランコ 晴れクリシュナ 平和は彼らに 狭いタンスの中の湯沸かし器 煙突の風 ボクはこう言いたいのさ お誕生日おめでとう」

なんて、とりとめもなく、際限なく、実際、何のことやらさっぱりわからないですね。
このわからなさが、覚醒的な現代芸術かもしれませんね、笑
自身の出所のない即席知識的現代表現ならTVのほうが分かりやすくてずっと面白いです。

たとえばこの歌、ビートルズですが、つまりは終始「お誕生日おめでとう」と言っているだけですが楽しいロックソングになっています。そのあたりがメロディーとリズムと言葉とサウンド一体になってのロック音楽の妙。

今のボクはこの短い言葉だけでいいです。言葉は少なくてもちゃんと物語がありますから。

お誕生日おめでとう キミとボク。


ビートルズ


[PR]
by greenwich-village | 2011-02-26 12:40 | 音楽 | Comments(0)
今年の寒さは記録的なもの 凍えてしまうよ 毎日吹雪 氷の世界~、でしたね。


♪ ~人を傷つけたいな 誰か傷つけたいな だけどできない理由は 
やっぱり ただ自分が恐いだけなんだろ

その優しさをひそかに 胸に抱いてる人は いつかノーベル賞でも 
もらうつもりでガンバッているんじゃないのか



古い歌でも、ファンキーでめちゃくちゃカッコいいバックの演奏に乗っかって、
まるでディランかマイルスかの如く、伸び伸びと自在な歌で泳ぎまくる陽水爺。



[PR]
by greenwich-village | 2011-02-25 12:11 | 音楽 | Comments(0)

東へ西へ/陽水 その2

前エントリーで、陽水は所謂「ガンバレ~」ソングは歌わない、と書きましたが、「東へ西へ」では「がんばれ、みんながんばれ」と歌っています。
ですが、お聞きになれば分かる思いますが、「東へ西へ」は昨今の、大変健康的な歌謡ロックやJポップの「がんばれ」ソングではないわけでして、念のため。

強いて言うならば、「がんばったところでどうなのよ?」ソング、でしょうか。

♪ ~目覚まし時計は 母親みたいで心がかよわず

♪ ~満員 いつも満員 床にたおれた老婆が笑う

♪ ~満開 花は満開 キミはうれしさあまって気がふれる




[PR]
by greenwich-village | 2011-02-25 11:51 | 音楽 | Comments(2)
抜けるような青空を見て、あぁひとりきりだ、と感じる人もいるんです。


大ヒットしたアルバム「氷の世界」(ジャケットで弾いているギターはキヨシローのだそうです)も「二色の独楽」も、このアルバムの次作「white」(大麻逮捕2年七ヵ月後)と次々作「スニーカーダンサー」も良いアルバムですが、やはり陽水の最高傑作はコレです。

76年作。
「氷の世界」大ヒットでいきなりスターになってしまった陽水、さらに拓郎等とフォーライフ・レコード会社を設立します。
フォーライフ第一弾で、気合も人気も生業も才能もすべて上り調子で、さらなる創造性と何かの空虚感、さて、そこで手を出すものといえば、大麻、でした。

このアルバムはそんな背景もありまして、曲調もフォークからロックへシフトし始めてまもなく、サウンドもフォーク~ロック~その他アコーステックやスライストーンばりにリズムボックスまで使ったりとバラエティ豊かで、歌詞もセンチメンタリズムからの決別というか、前にもまして非常にクールでシニカルな世界。音楽と自分を切り離したいのに、まだ切り離せていないギリギリ感。

静かな曲もファンキーな曲も、なによりこのアルバムでの彼の声、あぁ悪いことしているなぁ、いけないものを吸引しているなぁ、というヤバさ満載、なのに、美しさも満載。
これを作り、そして、逮捕されます。
逮捕されましたが、この作品は傑作です。


陽水は、ハンパに正義の味方ぶったり青年の主張だったり、「がんばれー」だとか「アタシこんなにダメだけどガンバルわ~」とか「みんな一緒に、いこーぜー」とか「ボクはキミをこんなに愛しているんだよー」とか歌わない。

自分たちが作ったレコード会社の意気揚々とした船出、第一弾のアルバムの一曲目が「GOOD GOOD BYE」だなんて!
(その後、奥田民生と「ありがとう~感謝しよう」と歌った時にも驚きましたが、笑)

今のJポップを生業にするのみなさんで、

「仲良しこよしは何だか怪しい、夕焼け小焼けはそれより寂し」

「別れのテープは、絡みつくだけの邪魔なもの」


なんて歌う人、まったくいませんね。

毒抜きさてれ去勢されて、みんなイイ人になろうとしているみたいですね。

(毒のないものはつまらないというのは、毒のない食べ物はおいしくない、というのと同じ、毒のないタレント芸人、毒のない歌手ミュージシャンの産業オンパレードの時代です)

毎度お馴染み、ジャケットもステキで、というか、薄ぼんやりとやっぱりヤバい感じです。



f0148098_1224140.jpg









逮捕後一発目の、留置場で作った名曲。

♪~オレはコタツで生まれ 狭い風呂場で遊び 重い毛布に包まり 夜の間に育った
    今の住所はここで 鉄の扉が守り オレは冷たい息をし 水を飲むたび凍らす


[PR]
by greenwich-village | 2011-02-22 12:26 | 音楽 | Comments(2)
オリジナル・モッズといえば、ザ・フー以上になんといってもスモール・フェイセス
(もともとストリートのリアルモッズだったスモール・フェイセスに対して、フーはちょっと遅れて時代に乗っかった感があるのです)
スティーヴ・マリオットのこの黒々としたヴォーカル、当時のUKでもっとも黒い。

ボクは十八~二十歳頃、黒のモッズコートを羽織っていたんですが、もうモッズなんて年ではない中年のおっさんですが、やはりモッズではこのバンドが一番カッコいいなぁ。
アルバムで聴くとモッズといってもそうとうハードで、実はUK産初のハードロックバンドだろうと思っています。

さて、そのスモール・フェイセスのカッコいい曲をパクったのが、レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジとロバート・プラント。
(ペイジはクレジットを自分名義にして訴訟されている曲もあってけっこうパクってますね)
2人がまだ若かった頃、スモール・フェイセスも聴いていたのはまちがいないですね。ロバート・プラントはマリオットのヴォーカルをお手本にしている、というかそっくりそのまま。

タイトルから、ラストのアレンジまで、笑


それにしても、ジャケットのマリオットの何気なこのシャツ、いまの時代だってこれをここまで渋くカッコよく着こなせる人はちょっといないなぁ。

ロックはカッコいいモノ。
カッコわるくてもいいのは、あんまりロックじゃないかもしれませんね。


原曲  you need loving small faces 1966年

f0148098_11341536.jpg




移曲  胸いっぱいの愛を   レッド・ツェッペリン


[PR]
by greenwich-village | 2011-02-20 11:49 | 音楽 | Comments(0)

春の気配に踊る熊

ステップを踏むのに打ち込み機械やリズム楽器が強い音楽である必要は一切ない。

Will you dance ?

f0148098_1116863.jpg


太陽フレア大爆発で降り注ぐ電磁波もなんのその、そろそろ少しずつ春の陽気。
春の気配に冬眠していたクマだってヨタヨタとのんびりと踊り出す。


[PR]
by greenwich-village | 2011-02-19 11:23 | 音楽 | Comments(0)
エジプトが倒れ、中東諸国に民主デモの輪が広がっていますね。

独裁者と長期にわたる一党独裁政権、こういうものは必ず腐敗して国が立ち行かなくなる。
日本もそうでしたし、その感覚に慣れてしまった後遺症で現政権与党(当時の野党)も無能力の人材の宝庫になってしまいましたね。
かといって、そういう議員センセーと呼ばれる人材を後援しているのは、つまりは私たち国民のレベルなので仕方ない。

原理主義でも宗教主義でも、民主主義でも、共産・社会主義でも軍国全体主義でも、主体主義でも官僚主義でも、どんな党派でも主義主張でも、経済主義でも金融業界でも、環境団体でも相撲協会でも、行き着くところは同じ。
私たちの総体の行為が、他でもない私たち自身にちゃんと戻ってくる。

すべてのシステムにあらかじめ内在している原理性と、そこで機能する駒でしかない人間の本性分・曖昧性から、利権維持・独裁性というのは避けられないものです。

昨日のタレントモデルも今日には急先鋒のやり手センセー、昨日のフリーターも今日には代議士タレント、昨日の腰抜け兵隊も今日には建国の父になれる。そうやってシステムに収まれば、いわゆる偉いセンセーになる。
システムはシステムとして今日も粛々と機能する。
まったくつまらないどうでもいい話で恐縮です。

どんな思想で誰が頂点に立とうが、みんな単なる人ですから。
みんな単なる人でしかないのに、自分は違うとかあのセンセーは違うとかいった選民意識、そういうものが誤りを生む。
リーダーが誤れば幹部も誤り国民も誤る。けれど、誤ったツケだけを国民に押し付ける。そういうシステムが大変有用にきわめて常識として機能している。

必ず、何がしかのシステムなしでは現代人はもちろん、アマゾン奥地の原住民も生きていけませんから、システムというのは必須必要悪で、この手の生き方を選ぶ人間の権力構造内で増殖する欲望も必要悪、そこからこぼれる汁に吸い付く後援者も必要悪、といった構造。

単なる人が作り出した、単なる世界システムに、単なる人が乗っている。
私たちは、みんな単なる人。

無意識であれ、意識的であれ、つまりは、
必要悪の大きな壁を作っている、単なるひとつのレンガにしか過ぎない、わけです。


アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール   






[PR]
by greenwich-village | 2011-02-18 12:26 | その他 | Comments(0)
大学試験・進学・就職・転職など、そろそろ人の動きが始まる季節ですね。
現実の文化状況、ボクら地方在住の者と地方出身の東京在住者に捧げます。


[PR]
by greenwich-village | 2011-02-14 11:35 | 音楽 | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ