<   2010年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

f0148098_1120515.jpg
f0148098_11211387.jpg


皆様の2011年が良い年になりますようにお祈り申し上げます。
お正月は1日から3日までお休み、4日からの営業になります。よろしくお願いいたします。



[PR]
by greenwich-village | 2010-12-31 11:25 | グリニッチ・ヴィレッジ
TV専門のお笑いタレントさんたちには申し訳ないのですが、そこまでして無理やり「笑い」が必要だとは思わないのです。
笑いは、やっぱり自然にわきあがってくるものですからね。
それに、最近はタレントさんたち自身が笑っているので、笑う前に引いてしまうのです。笑わせてもらっていないのです。
これ、本当に面白いのかなぁと思いながら見ているので、笑えない。
何かひとつのステイタスで、TVのおかげでやたらお笑いタレントさんが多い。それほど面白くないけど、TV局や事務所や先輩タレントが面白気に演出する。
TVだから、お金を払っていないのでどうでもいいんですけどね。
芸人さんでもコメディアンでもなくて、視聴率のTVの中だけで生きているタレントさんなのでどうでもいいんですけどね。


チャップリン映画音楽集
f0148098_1985310.jpg


今年楽しんで耳を傾けた古今東西の音楽の中で、みなさんそれぞれが最も記憶に残った愛すべきこの一曲はなんでしょうか。
ボクの場合は、もともとチャップリン映画の「モダン・タイムス」のテーマ曲“スマイル”がとても好きなのと、ごく個人的に今年にまつわる音楽の中で大切な楽曲だったのでこの“スマイル”を。


人心乱れて何かと世知辛い世の中ですが、生きていく時間の中で大切なものといえば、ある人にはお金かもしれないし、ある人には友達かもしれないし、ある人には愛かもしれないし、ある人には仕事かもしれないし、ある人には家族かもしれないし、ある人には自由かもしれないし、そういうふうに人それぞれ違いますが、それぞれの大切なものを楽しんだときには心底気持ちのいい笑顔がこぼれる。

だから、ボクにとって大切なものは笑顔。イライラしたもの、ネガティヴなもの、楽しくないもの、諍いごと、不機嫌やエゴには、そういう笑顔がありませんものね。
逆に笑顔であれば、何とか歩いていけるもの。

世は、チャップリン映画の「モダン・タイムス」さながらで、やれ新しさだ、やれ金だ、やれ成功だ失敗だ、みたいに騒いでいるようですが、古い映画でも今でもまったく変わらずに伝わってくるのはチャップリンが“人間そのもの”を描いていたからでしょうね。
日本で言えば、古典落語と同じでしょう。


~一夜明けて、途方にくれる二人でありました。
「あぁ、わたし、これからどうしたらいいのかしら」
嘆く彼女にチャップリンが言います。
「大丈夫、僕らは一緒じゃないか」
その言葉に安心して頷く彼女。当てのない荒野の一本道を2人して歩き出すのでありました。
「笑って、笑って、こんなふうに」
二人が歩いていく荒れ果てた道の彼方には、明るい日差しがさしているのでありました。


動画は“スマイル”とともに、そのラストシーン。これ以上“笑顔”ということを象徴したシーンはないでしょうね。
何より、笑顔は明るいものですものね。





そして、これもまた名場面、チャップリンの「独裁者」の演説シーン。
世界も社会も、この時代だからこそもう一度。


[PR]
by greenwich-village | 2010-12-30 19:40 | 映画
今年はジャニーズの“嵐”が圧倒的な売上だったそうで、トップ10をAKBと二分した一年だったそうです。
やはりアイドル・エンターテイメントのCD売上・興行成績はすごいですね。

しかし今日は寒いですねぇ~。
今日明日は大荒れの天気模様で場所によっては大雪になるという予報ですので、年末年始お出かけの際はお気をつけ下さいね。


嵐といえば、ボクはこっちのほう。国際情勢のテーマソングですなぁ。

吹けよ風、呼べよ嵐/ワン・オブ・ジーズ・デイズ  ピンク・フロイド


[PR]
by greenwich-village | 2010-12-30 11:32 | 音楽
今年はどんな年だったでしょうか。

政治も経済もまったく史上最高にひどいもので、いちいち言うこともないほどあきれてしまうわけですが、年末といえば、音楽で言えばベートーヴェンの「第九を歌う」が恒例で、あれはどんな運命であれその人生を全肯定したパワフルな喜びの音楽ですが、さて、ロック音楽でこの「第九」的なものは何かなぁ、第九的であってロック的。

パッと思いつくと、ストーンズの邦題「無情の世界」でした。
ロックミュージシャンや年末年越しロックフェスなどで、この曲を第九のように演奏したらそうとうハマるんじゃないかな、と思う次第であります。

来年は、みんなが欲しいと思うもの、必要なものがちゃんと行き渡るような景気・社会・そういう年になってほしいものですね。

ロック版第九です、you can't always get what you want。

f0148098_2044165.jpg


♪~あんたはいつだって欲しいものが得られない
  そうさ、毎度のこと、ぜんぜん手に入らない
   今のままじゃ、あんたが欲しいと思うものはあんたの手には入らない
だけどなぁ、まぁ時々たまには、あんたも本気でトライしてみればさ
   あんたが本当に必要としているものが手に入ることもあるもんだぜ~♪

you can't always get what you want ローリングストーンズ


[PR]
by greenwich-village | 2010-12-28 20:19 | 音楽
さぁさぁお立会い、

ここに取り出だしたる蓄音機、ゼンマイ仕掛けの舶来品、
ギリギリ・ゴリゴリとネジを巻きますると、ガランゴロンと回転し、
針をガッチと乗せまして、少々、シャリシャリと雑音はしますれど、
いよいよもって、ここぞとばかりに聴こえますは古の音色、あな麗し、
かのエジソン先生が考え出したる、これぞ文明の利器だ、お立会い、
よってらっしゃい、見てらっしゃい、
ついでによければ買ってらっしゃい、御代はお持ち帰りのおかえりだ。

f0148098_1201197.jpg
f0148098_1202297.jpg
f0148098_1203272.jpg
f0148098_1204182.jpg


流行り廃りの浮世の波間、デジタル・アナログ、騒ぐじゃないよ、
やって損するやらなきゃどうする、行くも帰るも泥の道、
くんずほぐれつ迷い道、とどのつまりは南無阿弥陀仏、
歌は世につれ、世はアホにつれ、
柳にツバメはあなたに私、胸の振り子がなりまする。


胸の振り子  霧島 昇


[PR]
by greenwich-village | 2010-12-25 12:39 | もの・モノ
メリー・クリスマス  from  GREENWICH VILLAGE
f0148098_1115640.jpg
f0148098_11153073.jpg
f0148098_11154043.jpg
f0148098_11154970.jpg


サンタが町にやってくる   ブルース・スプリングスティーン



ダンシング・スノウ      グリニッチ・ヴィレッジ


[PR]
by greenwich-village | 2010-12-24 11:18 | グリニッチ・ヴィレッジ
ミッフィーのドロップキック!!

f0148098_201831100.jpg


来年の干支、実はウサギって凶暴なんですね。


[PR]
by greenwich-village | 2010-12-22 20:15 | その他
f0148098_12323964.jpg
f0148098_12324641.jpg


最近ヒットの重宝品といえば、うちではシリコン樹脂製のルクエが大活躍しています。

シリコンだかゴムか知らないが何だかゴム臭くなったり溶けちゃうんじゃないの、と始めは放っておいたのですが、使ってみるとこれが!実に素晴らしい道具だったのです。
いまではすっかりこれがフル稼働で、もうひとつ購入することになりました。
とにかく何でも作れます。しかも何でも美味しく出来上がる。誰でも鉄人になれる逸品です。
電子レンジはもちろん、レンジオーブンでもまったく平気。優れものです。

レンジで加熱、熱しても燃えない、美味しく熱々になるのは中の料理だけ。

♪ ~温野菜~ぃ、お食べな~さ~い  (喜納昌吉“花/すべての人の心に花を”風に)


燃えよ、大根。
燃えよ、レンコン。
燃えよ、ウコン。
燃えよ、球根。
燃えよ、エアコン。
燃えよ、サンコン。
燃えよ、合コン。
燃えよ、新婚。
燃えよ、金婚。
燃えよ、ツアコン。
燃えよ、街コン。
燃えよ、パソコン。

まさに、燃えよシリコン!といった具合でございます。

燃えよドラゴン



花 石川さゆりヴァージョン(日本が世界に誇る本物の歌姫の一人です)


[PR]
by greenwich-village | 2010-12-21 12:43 | その他
実家のを借りてブログは更新していますが、相変わらずパソコンはなく、新しいネット環境も整っていないので、一部お問い合わせやメールなど(メールが見れませんので)、ご迷惑をお掛けしております。今しばらくこの状況にお付き合いくださいませ。

70年ビンテージ:カマカ・ウクレレ(ホワイトラベル)/ハワイ・コア材
f0148098_10511578.jpg
ジャンベ、その他の太鼓
f0148098_10513628.jpg
f0148098_10514634.jpg
f0148098_1051561.jpg
f0148098_1052485.jpg
f0148098_10521334.jpg


今年ももう終わり、来年はどんな年になることでしょう。
新しい年に、いままでとはちょっと違う何か新しいことにチャレンジする、新しく何かを始めるのは新鮮な楽しさがありますね。
いつも新鮮、いつも新しい気持ちで、生鮮食料品ではなくとも、いやそれ以上に、気持ちの鮮度というのはとても大切なことですね。

「それはまぁそんなものです」というのは、往々にして大概は、熟知しているわけではなくて、悟っているのではなくて、諦めているのでもなくて、気持ちがただクサってイジケている場合が多いように思えます。
これは年をとっても若い人でも同じで、むしろ若い人の方がちょっとしたことでそうなりやすい、打たれ弱いような感じもします。打たれ慣れていないからというのもあるでしょう。
自分で自分をイジケさせてしまうと、当然気持ちの鮮度は落ちてしまう。幾ら若くても老成化してしまう。

たとえば、僕が音楽を聴いているのは、聴けば聴くほどいつまでたっても終わりがない、終わりがないどころか知らないことだらけで、その度に新鮮な楽しみが得られる。
僕が楽器を弾くのも同じで、弾いたり曲を作ったり唄ったりすればするほど、自分の才能のなさや音楽の奥深さを垣間見て、悦に入って自己満足する以上に、次はどうなんだろう、これはどうなっているんだろう、あんなふうに弾きたいなと、新鮮な好奇心が沸いてくるからです。

来年は、たとえば何か楽器を始めるとかなど、いいかもしれません。
ギターでもウクレレでもパーカッションでも、何でもかまわない、初心者だったとしても出来ればイイ楽器をオススメします。イイ楽器は当然その音色が違うわけですから、ポロンとでる音だけでも気持ちよくなれる。それなりの値段のするイイ楽器であれば、もったいないという理由からでも、途中で挫折することも少ない。
ちゃんとした楽器は、オモチャにもインテリアにもならないどころか、来年が終わる頃には数曲演奏できるようになっているかもしれません。
仲間とバンドを組むのも楽しいことですし、一人の時間も新鮮な好奇心に満たされて過ごせます。

プロになってそれで食っていこうとかではないのですから、上手いとか下手とか、他人からなんといわれようが、ホントにそんなことは全くどうでもいいのです。
新しいイイ楽器と生活する新鮮な楽しみ。心がワクワクするはずです。
僕も時々ギターケースからギターを取り出して手にするとき、いまだにワクワク・ゾクゾクしています。ジャジャ~ン、と鳴らしたときの至福感。

来年、新しい年は、新鮮な何かを始めてみませんか。


曲は、入荷したアナログLP群から、ジェファーソン・エアプレイン。

ヒッピーカルチャーで有名な彼らですが、昔から名前は十分知っていますが、僕はヒット曲「あなただけを」程度で、実際ちゃんと聴いていなかった、というか当時は売っていなかったのです。
こういう、知っているつもりで名前だけで、聴いているつもりで聴いていないバンドや音楽ってまだまだありますよね。
だから、音楽はやめられないのです。知らないアルバムの多いこと多いこと。
ロック小僧が中年になって、ようやくジェファーソン・エアプレインに乗った、わけです。

40年も前のものでも、新鮮な飛行機です。


ジェファーソン・エアプレイン


[PR]
by greenwich-village | 2010-12-20 11:41 | 音楽
ドイツの偉大な作曲家クルト・ワイルの名曲の数々を大胆にジャズアレンジした、エリック・ドルフィも参加しているオーケストラUSA。
こちらは前エントリーのアナログLPの中からのご案内。
ドアーズでも有名なアラバマ・ソング、運よくyoutubeにもありました。
原曲を幾分逸脱したところに、さらにテンションからドルフィーが切り込んでいく。うはっ、でも全体的には不思議とまろやかな味わい。
今日みたいに晴れた日曜の楽しいお散歩のテーマソング。

アラバマ・ソング    エクステット・オブ・オーケストラUSA/エリック・ドルフィ


[PR]
by greenwich-village | 2010-12-19 11:55 | 音楽

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ