<   2009年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

家具の音楽

(☆6月1日、2日はお休みさせていただきます。)

シンプルなフォルム、重厚感と軽快さを併せ持つスタイル、座面も広々としてたっぷり。
平日のアフター・アワーや週末休日をゆったりと寛ぐ、まさにザ・ソファーな大人の一品。
f0148098_16285832.jpg
f0148098_16291445.jpg
f0148098_16292540.jpg


家具の音楽といえば、エリック・サティ。

エリック・アルフレッド・レスリ・サティ(1866年5月17日 - 1925年7月1日)
フランスの作曲家。「音楽界の異端児」、「音楽界の変わり者」などと称されるが、西洋音楽の伝統に大きな扉を開いた革新者とみなされている。ドビュッシーもラヴェルも、その多くの作曲技法はサティによって決定づけられたものだと公言しており、印象主義の大作曲家たちはサティへの尊敬の念をずっと忘れることはなかったほど、西洋音楽史上たいへん重要な人物である。

パリ音楽院在学中にピアノ小品『オジーヴ』『ジムノペディ』『グノシエンヌ』などを発表。カフェ・コンセール『黒猫』に集う芸術家の1人となり、コクトーやピカソと交流。バレエ・リュスのために『パラード』を作曲。またカフェ・コンセールのためのいくつかの声楽曲を書く。今日よく知られている『ジュ・トゥ・ヴー』(Je te veux)はこのときの曲。薔薇十字教団と関係し、いくつかの小品を書く。同一音形を繰り返す手法を用いた『ヴェクサシオン』『家具の音楽』なども書いた。

なお『家具の音楽』というのは彼が自分の作品全体の傾向を称してもそう呼んだとされ、主として酒場で演奏活動をしていた彼にとって客の邪魔にならない演奏、家具のように存在している音楽というのは重要な要素であった。そのことから彼は現在のイージーリスニングのルーツのような存在であるともいえる。


[PR]
by greenwich-village | 2009-05-31 16:39 | もの・モノ

彼女

カサンドラ・ウィルソンにハズレなし。形容するなら、漢方薬、湯治の温泉、30年モノのウイスキー。
f0148098_20411014.jpg

アルバム「グラマード」から、「クレイジー」。


[PR]
by greenwich-village | 2009-05-28 20:54 | 音楽

器、ということ。

f0148098_053978.jpg

生活雑器、磁器、陶器、ガラス器、鉄器、お椀、古器。

“機”というマシーンではなくて、“楽しい-器”で、楽器。

家や部屋は、そこに住む者が心地よく過ごすための器。

椅子や家具は、使う者座る者を包み込む器。

服もカバンも靴も、身にまとう器。

灯りも絵も写真も造形も、光という器の中で生れるもの。

“口”“口”を“大きく”開いて、歌い奏でると書いて“器”、音は気持ちや心をすくう器。

両の手のひらを合わせて水をすくえば、それは器。

体は健康の器。

家族や友や恋人は器。

いま、生活や文化や社会の器にはヒビが入っているか、割れている。

天の器、地の器、人の器、砂の器。

街は器、国は器、山は器、海は器、森は器、空は器。

器の大小ではなくて、器の高廉ではなくて、器の普珍ではなくて、器の新古ではなくて、

器の満たされ具合。

多すぎず溢れ出さず、少なすぎず空ではなく、加減のいい具合で、

数多ある器それぞれの、それが、“美”というありふれた美しさ。

f0148098_06740.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2009-05-26 00:09 | その他

笑門来福

f0148098_20335868.jpg

最近お疲れ気味ですか、ストレスたまっていますか。
笑い足りていますか。
なんだか分からない数多いる最近の自称「お笑い芸人」の<TVタレント(ただテレビに出ている人)>さんよりも、笑っちゃ失礼ですが断然笑える。
こりゃ作りじゃないの、やらせじゃないの、まるで優れたコントじゃないの、と思ってしまうほどスんバラシイ出来栄えです。
なんといっても、衝撃のラストが圧巻!!


[PR]
by greenwich-village | 2009-05-22 20:35 | その他
暑くなってくると当然冷たいものが欲しくなりますね。
冷たい飲み物、冷たい食べ物。
アイスクリームやカキ氷、麦茶やウーロン茶、ビールや梅酒ロック、サラダやフルーツ、ゼリーやヨーグルト、そして!そうめんやひやむぎ。
何もロックグラスだからといって氷を入れたお酒を飲むことだけに使うというのではなくて、器は器で、器である限り何に使ってもいいわけで、小さいアクセサリー置きにしたりかわいい花器にするのもいいですし、たとえば切子のロックグラスなんかをソバ猪口にしてそうめんなんか食するなんていうのは、冷たい食べ物と相まって見るからにますますとても涼しげで、かなりイカしていますね。
切子300円~500円のご案内、冷たい食べ物・飲み物がグッと美味しくなる!

f0148098_2154734.jpgf0148098_21525982.jpgf0148098_21533191.jpg






f0148098_2153456.jpgf0148098_21542430.jpgf0148098_21544335.jpg





      切子グラスでそうめん・ひやむぎの夏ソバ猪口!

f0148098_21545998.jpgf0148098_21551447.jpgf0148098_21552516.jpg
[PR]
by greenwich-village | 2009-05-21 22:17 | もの・モノ
古家具屋でもあるので。古くても普通にステキに。
チェア、ソファ、テーブル、イームズ、ちゃぶ台、文机、他いろいろ、ぜひお越しください。
f0148098_2315071.jpg
f0148098_232819.jpg
f0148098_2322086.jpg

ロバート・ワイアットのマッチング・モール時代の傑作「オー、キャロライン」。
本日のテーマソング、古くても普通にステキなこんな歌、そう滅多にはありません。


[PR]
by greenwich-village | 2009-05-19 23:06 | もの・モノ
こんにちは、キュピ子です。
今日は晴天で、久しぶりに暑い陽気でしたね。
初夏の始まり、あまりに暑いので緑溢れる植物園の木陰で全裸になって「クマごー!、クマごー!」と叫んだりギターを弾いたりしたのですが、マスコミ報道陣はおろか警察も来ませんでした。
多くの日本人にとってテレビ/マスコミは無意識に「神」のような存在なので、神を敵に回した非有名人は裸になっても誰にも相手にされないようですね。
やって来たのは最近出入りしているノラ猫の玉五郎だけです。ジャンゴのジプシー・スィングを聞きながら、入り口のマットの上でしばし昼寝をしておりました。

衝撃のオールヌード
f0148098_18153580.jpg

デッド・クマ
f0148098_1811890.jpg

デッド・クマ
f0148098_18111978.jpg

デッド・クマ
f0148098_1811315.jpg

ミニ・ギター  いい音、出ます。asama/artisan
f0148098_18114261.jpg

11弦クラッシックギター・ビートルズ  傑作!
f0148098_18115292.jpg

ギターの巨匠セゴビア
f0148098_1812317.jpg

いぶし銀アーネスト・ラングリン  ジャマイカ/ジャズ
f0148098_18121461.jpg

天才ジャンゴ・ラインハルト&ステファン・グラッペリ
f0148098_18123945.jpg

名スタッフ、コーネル・デュプリー
f0148098_18125577.jpg

吟遊詩人ピエール・バルー
f0148098_1813144.jpg

怒れる老人ニール・ヤング
f0148098_18132692.jpg

生けるデルタブルース、マクヒューストン・ベーカー
f0148098_18133840.jpg

プロテスト・コーラス、ピーター・ポール&マリー
f0148098_1813495.jpg

植物園でくつろぐキュピ子ちゃん
f0148098_181408.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2009-05-18 20:03 | もの・モノ

ブラジル

ぜひ一度お召し上がりくださいませ。
f0148098_2224848.jpg
f0148098_2225988.jpg
f0148098_2231082.jpg
f0148098_2231981.jpg
f0148098_2233116.jpg
f0148098_2235653.jpg
f0148098_224656.jpg
f0148098_2241686.jpg
f0148098_2242686.jpg
f0148098_2243812.jpg
f0148098_2244827.jpg
f0148098_224571.jpg
f0148098_225760.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2009-05-12 22:06 | 音楽

幸せでありますように。

みんな、幸せでありますように。

f0148098_14512157.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2009-05-06 17:07 | グリニッチ・ヴィレッジ

追悼/誕生/魅力

キヨシローがなくなった夜、日付が変った夜中、友達の二番目の子供が生れました。
そして、日付が変わって今日、五月五日、グリニッチ・ヴィレッジはちょうど二年になりました。
どこかに去り行くものがいて、どこかで生まれ来るものがいて、そしてボクは三年目に向かいます。

技術・テクニックや理論・理屈やセンス・才能や情熱や思い入れなども大切ですが、おそらく、物事の本質は個性という美しさにある“魅力”なのではないかな、と思います。
魅力、チャーミングな人、チャーミングなもの。テクニックや理論やセンスや情熱があっても、それ以上に、何かの“魅力”がなければ、感動ときめかないものですよね。

カラオケが巧くても、「あぁ上手だな」とは思ってはしゃぎはしても、心は揺れないものですね。

どんな職業、どんな物事、どんな表現でも、様式・形態は必ず他者同種とカブる。カブってもなお、それとして際立つのはそこにしかない“魅力”でしょう。
上手・下手、得手・不得手、知・無知とかは時間の問題なだけで、たとえば技術が熟練されるように、“魅力”は“どういう心持で、どう生きているか”でしか得られない。
本質である“魅力”は、上辺にあるテクニックや形式や理屈やセンスでごまかしたところで、必ずにじみ出て伝わる。
どんな物事のどんな様式・形態でも、そこに“魅いらせる力”があるかどうかが本質のような気がします。

生れてきた赤ちゃんが“魅力”ある人生を歩みますように。
グリニッチ・ヴィレッジも“魅力”ある店でいられるように楽しく精進して行きますので、また今後ともよろしくお願いいたします。

チャーミングなミュージシャン、追悼:キヨシローに捧ぐ。


[PR]
by greenwich-village | 2009-05-05 01:04 | ビデオ/動画

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ