投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!
2008年 10月 17日

水素、酸素、炭素、窒素


秋の夜長、夜中に何気なくNHK高校講座「地学」などを見ていました。


『ビックバンは137億年前のたった一瞬に起きて、あっという間に膨張し宇宙が出来上がる。
原始太陽を中心とする太陽系は46億年前に形成され、ほどなくして原始地球も生れる。

太陽は原子同士の核融合を繰り返し、それによって生れる膨大なエネルギーが地球上の生命すべてを育む。

我々の祖先ではないネアンデルタール人は体格の大きさばかりではなく、絵や記号の原始文字という知恵を持たなかったために絶滅し、その知恵を持った我々の先祖クロマニヨン人が今の人類へ進化する。

我々人間の体の99%は水素、酸素、炭素、窒素のわずか四元素によって出来上がっていて、それらはビックバンからの原始宇宙空間で初期に生成された単純元素であって、星々と人間の物質構成原子は同じものである。』


まるで俳句や箴言、比喩や啓示のように、簡潔明快でありながら深く広がる様々な意味合いを、地学からまたあらためて感じたのでありました。


by greenwich-village | 2008-10-17 22:42 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://slowbiz.exblog.jp/tb/9410207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 生と死の幻想      フグの肝臓とサツマイモの美味し... >>