クロンチョン  インドネシア

f0148098_22562785.jpg



インドネシアに古くからのポピュラ-音楽でクロンチョンというものがあります。独特な響きを持つPOPSです。
このクロンチョンの音楽的な兄弟は、南米ブラジルのショ-ロ/サンバと南洋ハワイのウクレレ・ハワイアンです。
これらの親・宗主にあたるのは、南欧ポルトガルの音楽です。ポルトガルはヨーロッパクラシック音楽とファドという大衆音楽とマンドリンなどの楽器があります。
大航海時代に新しい航路を求めて船出したポルトガル船が寄港した場所場所で、これらの音楽文化も伝えられました。それらが土地土地の風土気風と混ざり合ってそれぞれ独特な形に変わってい行きました。
オリジナルが変容し新しいオリジナルを創造していきました。それらのオリジナルはそれぞれオリジナルでも、親・宗主を経由してどこか同じ匂いを共有しています。いわば、異母兄弟、異父兄弟。





61 Keroncong Hasrat Menyala


youtube.com




かなり前にキュ-バの古い大衆音楽で“ソン”というものを取り上げて再構築・再評価した「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」がCD・映画などでヒットしましたが、それを音楽的に請け負ったのは音楽研究家でもあるミュージシャンのライ・クーダーという人。自身曰く「いままでのキャリアで最高の仕事、このために生きてきたようなもの」というほどの入れ込みようでした。
ブエナ・ビスタと同じようなフィ-リングを、こちらにも感じます。
同じアジアなので、日本にライのような技術的にも達者で見地も愛情も深いPOPミュージシャンがいるならやってほしいですが、ライにもう一度頑張ってもらって世界的なスポットをあててもらいたい気もします。
古き良きPOP音楽は、今のように殺伐と忙しくなく時代の波長が緩やかだったので、世界中どこの音楽もゆったりと穏やかです。


このおじいちゃんおばあちゃん、実にステキに音楽を奏でています。




f0148098_2314793.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2015-09-07 22:56 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ