私たちこの国の住人は全員人殺してオモテナシをする


職業自衛隊員が行くのだし、自分が行くのではないし、自分の子供は自衛隊に入らないし、自分には実害はない、と思っている人達が賛同派とそれに準ずる人たちと無関心者たちの実像だろう。

自分の実害という事ではない。それを言えば、仲のいい友達が事故や病気で死んでも、親子供が死んでも自分には実害はない。
これを読んでいるあなたが死んでもキチガイになっても私には何の害もないし、私が死んだり片輪になっても関係ない。
腹の底のそういうことで判断しているから、論を得て人を失う、ことになる。


自衛隊でも日本人で、国家の指示で、日本人が殺したり殺されたりすることがあり得る。
自分と家族は大丈夫だから、ではなくて、国外に行って国の名の下の殺し合い容認、そういう国に住んでいるということが問題なのだ。
この国の人は賛否無関心全員、殺し合いを認めたことになる。

日本は世界的にもそうならずにやれてきた。そうならずともここまで発展してきた。
アメリカの要請でそれを止めて、わざわざ殺し合いの国の仲間入りをしたのだ。
私個人は関係ない、ことはなくなった。この国の人にとってのお正月やお盆、箸を持ってご飯を食べるのと同じレベルで、戦争参加が認められた。
それが問題であって、多くの人達が反対している根拠だ。

この先、相手でも自衛隊でも犠牲者が出たら、それは賛成反対無関心関係なく、この国の私達の責任になる。
私達は、間接的でも、戦争戦線で誰かを殺すことになる。みんなが人殺しになるのだ。
間接的に人殺しをして、オ・モ・テ・ナ・シをする。

だから当然、多くの人達がそれをイヤがるのだ。
[PR]
by greenwich-village | 2015-07-20 22:11 | グリニッチ・ヴィレッジ

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ