悪魔は平和の使者としてやってくる


自民党を叩くが、なにも党全体がというわけでもない。 

民主党時は与党不慣れが諸々の批判対象になっただけで悪政失策でもなく、不景気にタイミング悪く震災と原発事故が重なったに過ぎない。
それで自民党がかえり咲いたが、いづれまた後日詳しく書くけれど、自民党が景気という非人知未確定なものを回復させたのではない。

野党時には隠れていて政権与党になったらしゃしゃり出てくる卑怯狡猾な連中一派が、いまの内閣と派閥連中だ。
評価されるべきは、野党時でも党をまとめようとした谷垣氏だ。冷や飯を食っていて誰もやりたがらない総裁をやったのだから、党と国政に対する真摯な愛情を持っている。
もともと谷垣氏は、自民党加藤の乱の参謀だった人だから、少数派閥で自民の窓際に追いやられていたほうだが、風向き悪い野党時に大御所たちは雲隠れ。


あくまでタイミングの悪さなのだが、ババを引いたのは政権時民主党と野党時谷垣氏派で、今の内閣連中と派閥と若手議員など、はじめから卑怯狡猾で保身汚い連中で、あるべき国政のことも国民のことも言うだけ言葉で何も考えていない。

つまり、昨今の風潮の、闇雲なちょっと危険な「自民党を倒せ!」というよりも、安倍降ろしであって、安倍派閥連中の解体であって、それが肝の核心だ。

安倍氏と内閣にお辞めになって頂けばいい。それは内閣総辞職、解散総選挙ということだ。
そこまでいかなくても、それこそ暴走する内閣の抑止力は、当の自民党自身にある。
抑止力の役目を果たさない党の体たらくと自民議員の無能な卑怯さに対して危惧と苛立ちが広がっているわけだ。

デモ関係がなぜ危険かというと、体制も反体制も構造的に同じ穴のムジナであって、対立と遺恨という暴力性・原理性に陥るからだ。
反体制にも長はいるし、商業的に煽る者、裏から便乗する者がいる。
体制も体制維持のためだけにより凶暴化していく。

自民党議員たちと自民党員たちが、よく肝にすえて反省し、自分たちが所属する総裁を選んでいかなければならない。

繰り返すが、自民党全体が良くないわけではないし、民主党であれ共産党であれ維新であれ、構造・システムと人心が変わらない限り、どこが体制をとっても同等の落とし穴に陥る。それが権力構造だ。

そして、最も気をつけて注意しておかなければならない人は、石破氏だ。
この騒ぎの中、彼は表舞台から雲隠れしている。
 
安倍氏は愚かだが、石破氏はそれにプラス危険だ。
忘れずにいたほうがいい。
悪魔は平和の使者としてやってくる。
[PR]
by greenwich-village | 2015-06-30 01:43 | グリニッチ・ヴィレッジ

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ