人間は心地よさのための道具として自滅する



これは時代についていけない年寄りの古い感覚かもしれないが、あるべきすべての表現・意思表示は決して心地よいものではない、と確信している。

それがどのような形であれ、心地よいものだけならば、それらの表現存在理由として、すべての音楽はBGMだろうし、すべての絵や造形はデザインだろうし、すべての物語・文字媒体は美辞麗句だろうし、すべての報道や評論見解は統一するだろうし、すべての芝居や映像やパフォーマンスは暇つぶしの産業だろうし、すべての仕事はべつにその人がやらなくてもいいものだろうし、すべてのコミュニケーションは必要ないものだろうし、人為的・人工的な一切は非人為的な無効性だろうし、人そのものの存在が危ぶまれることになる。
心地よさは、心地よさを優先することで、人を圧迫し表現をないがしろにする。心地よさだけがひとり歩きをする。そこに人がいてもいなくてもどうでもいいことになる。人がいてもいなくてもいいのだから、おのずと人の社会は崩壊する。

誰もいなくなった空間に、心地よいBGMが流れ、心地よいデザインの建築物や品々が溢れ、心地よいストーリーのドラマが映し出され、心地よいいイルミネーションやレーザーが照らされ、心地よい出来事が配信され、心地よいスムーズなシステムやオペレーションが心地よく制御され、ありとあらゆる心地よさが計算され創出される。完璧なまでの心地よさだが、残念ながら誰もいない。誰かがいたとしても、完全な心地よさに囲まれているので、それ以上何も表示する必要がなく、誰がいてもいないのと同じ状態になる。人為が求めた心地よさが完成した姿だ。


自然界・自然現象は極めて不都合で決して居心地がよいものではない。だからこそ、時に人間は畏怖を抱き、極めて美しく感じるものなのだ。
人為・人工でしかない人間の行為・表現・意思表示は、心地よさを求める人の世界に対してもっと不都合で心地よくないものでなければ、結局人を失い、誰にも何も届かないものになる。




Steve Reich - Music for 18 Musicians (1978) [Full Composition]


Steve Reich - Music for 18 Musicians Composed between...


youtube.com
[PR]
by greenwich-village | 2015-04-30 09:21 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ