天ぷら、シャボン、噴水の、本物のインスタレーション。


天ぷら、シャボン、噴水の、本物のインスタレーション。

昨日は、いわきアリオスのパークフェスでした。天気も良く多くの人出で賑わっていました。飲食・物販・音楽・スポーツ・ダンス・クラシックカーからプロレスまでとても楽しい内容でした。
何より最も素敵だったのが、それらの総電力を賄っていたいわばパークフェスの心臓と言える、島村さんの電源車。お馴染みのソーラー車もありますが、今回は天ぷら廃油発電車。発生機のシャボン玉の雨もミニパネル発電のソーラー噴水も大人気。
先進国消費社会の申し子余興の産物に“空間芸術”インスタレーションなんてものがありますが、あのソーラー・廃油発電車こそ本物のインスタレーションで、心から感動しました。


震災があり原発が吹っ飛んでから四年目の温かい晴れた空。電力は飲食街界隈から出た生活油・天ぷら廃油。クルクル回るソーラー噴水やキラキラと光に輝くシャボン玉の雨に、子供たちも親御さんも大人たちもみんな笑顔がこぼれる。場と時間がアイロニカルでもありポジティヴでもある。
アートという言葉はとても苦手だし、意図せず島村さんも微塵もアートのつもりはないのですが、場と時間のアート・インスタレーションといえばこれこそインスタレーション。意図狙いのない良きものには、人は自然に集うものなのでした。

月1パークフェスにお出かけの際は、飲食・物販・イベントのほか、島村電源車が作り出している空間をぜひ体験してみてください。
ご本人はいたって照れ屋な方です。


f0148098_10222171.jpg

f0148098_10222890.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2015-04-13 10:22 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ