「目には目を、歯には歯を」はまったくの誤り

誤ったものが伝搬流布継承され、何の疑問もない類の常識になる。
宗教でも、その歪曲解釈でも、習俗でもない。誤り・誤用・誤解の連鎖であり、「知恵のない怠惰な暴力」と「何も学ぼうとしないイメージの混乱」だ。子育てであれ、いじめ虐待であれ、犯罪であれ、テロであれ、戦争であれ、いつの世も、飽くなき利己の渦中にいるのが我々人類だ。

「目には目を、歯には歯を」は「やられたらやり返せ!」という意味ではまったくない。「愛情には愛情で、平和には平和で」ということだ。




...「目には目で、歯には歯で(タリオの法)」 ハムラビ法典

「目には目で、歯には歯で」との記述は、ハンムラビ法典196・197条にあるとされる(旧約聖書、新約聖書の各福音書にも同様の記述がある)。しばしば「目には目を、歯には歯を」と訳されるが、この条文の目的は、いわゆる同害報復を要請するものではなく、無限な報復を禁じて同害報復までに限度を設定することであるので、誤りである[要出典]。195条に子がその父を打ったときは、その手を切られる、205条に奴隷が自由民の頬をなぐれば耳を切り取られるといった条項もあり、「目には目を」が成立するのはあくまで対等な身分同士の者だけであった。

もし強盗が捕えられなかったなら、強盗にあった人は、無くなった物すべて神前で明らかにしなければならない。そして強盗が行なわれたその地あるいは領域が属する市とその市長は、彼の無くなったものは彼に償わなければならない。

ハンムラビ法典の趣旨は犯罪に対して厳罰を加えることを主目的にしてはいない。古代バビロニアは多民族国家であり、当時の世界で最も進んだ文明国家だった。多様な人種が混在する社会を維持するにあたって司法制度は必要不可欠のものであり、基本的に、「何が犯罪行為であるかを明らかにして、その行為に対して刑罰を加える」のは現代の司法制度と同様で、刑罰の軽重を理由として一概に悪法と決めつけることはできない。財産の保障なども含まれており、ハンムラビ法典の内容を精査すると奴隷階級であっても一定の権利を認め、条件によっては奴隷解放を認める条文が存在し、女性の権利(女性の側から離婚する権利や夫と死別した寡婦を擁護する条文)が含まれている。後世のセム系民族の慣習では女性の権利はかなり制限されるのでかなり異例だが、これは女性の地位が高かったシュメール文明の影響との意見がある。

]現代では、「やられたらやりかえせ」の意味で使われたり、復讐を認める野蛮な規定の典型と解されたりすることが一般的であるが、「倍返しのような過剰な報復を禁じ、同等の懲罰にとどめて報復合戦の拡大を防ぐ」すなわち、あらかじめ犯罪に対応する刑罰の限界を定めること(罪刑法定主義)がこの条文の本来の趣旨であり、刑法学においても近代刑法への歴史的に重要な規定とされている。



Best Of Funny Cats And Dogs Protecting Babies Compilation 2014 [NEW]Dog Protects Baby | Dogs Protect Babies | Dog Protecting Baby | Dogs Protecting Babies | Cats Protecting Babies | Cat Protects Baby | Cats And Dogs Protectin...
[PR]
by greenwich-village | 2015-02-06 11:59 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ