生きる理由

「生きる理由」   ブルース・スプリングスティーン


ハイウェイの横の溝に横たわる
死んだ犬をのぞきこむ男を見た
その男は困った顔で 棒で犬をつついた
車のドアは開いたままで 
彼は31号線に立っていた
そこにずっと立っていれば 
犬が起き上がり走り出すかのように

何かがおかしい気がする 僕には
辛い一日の終わりに 
人がまだ信じる理由を
見出すことができるってことが


メリー・ルーはジョニーにくびったけ
”あんたのために毎日働いて
稼いでくるからね”
彼女は言ったが ある日彼は出ていった
その時以来彼女は 道端に立って
ジョニーが帰ってくるのを待ってる

何かがおかしい気がする 僕には
辛い一日の終わりに 
人がまだ信じる理由を
見出すことができるってことが


赤ん坊を川へ連れていく
カイル・ウィリアムという名前だった
川の水で洗礼をほどこし 
小さなカイルの罪を洗い流す
水しっくいを塗ったみすぼらしい小屋で 
老人がこの世を去る
死体が墓に運ばれ 
人々は遺体のかたわらで神に祈る

お願いです 
どういうことか教えてください
辛い一日の終わりに
人はまだ信じる理由を
見出そうとするということを


川辺に人が集まっている
牧師が聖書を持って立っている
花婿は花嫁を待っている
集まってた人々はいなくなり
夕日がシダレヤナギのむこうに沈む
花婿は一人で立ち 
川が悠然と流れるのを見ている
そして花嫁が一体どこにいるのか考えている

辛い一日の終わり
まだ人は信じる理由を
見出そうとする



[PR]
by greenwich-village | 2014-12-31 01:13 | グリニッチ・ヴィレッジ

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ