ペイス、アシュトン、ロード/不思議な国のマリス

ディープ・パープルといえばご存知UKハードロックの雄ですが、解散後ギターのリッチー・ブラックモアはパープル継承的によりPOPなハードロックのレインボーを作るのに対して、キーボードのジョン・ロードとドラムスのイアン・ペイスはファンキーロック路線に進みます。

「ペイス、アシュトン、ロード」、略してP.A.L.。サックスやブラスセクションまで配して、時にはラップ風のヴォーカル(77年前後ですからもちろんまだ一般的にラップはないんですが)もあって、いまのレッチリの魁のようでもあります。

ただ、ファン/オーディエンスのほうがどうしてもハードロックの影を求めているせいか、内容の良さほどは成功しなかったようです。

時代が変わって、隠れた名盤再評価、とても充実した内容のアルバムです。

f0148098_2320476.jpg




Paice, Ashton, Lord - Dance Coming
Dance Coming - previously unreleased track from PALs second album.
YOUTUBE.COM


動画を再生
Paice Ashton Lord - Ghost Story (1976)
Paice Ashton Lord - Ghost Story, from album "Malice in Wonderland" (1976) For ov..
[PR]
by greenwich-village | 2014-07-17 23:21 | グリニッチ・ヴィレッジ

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ