集団的自決権/地獄の黙示録

「集団的自決権」は綴りの誤りではなく、そのほうが正確だからそう記載する。

理屈ではない。残念ながら、すべての理屈は一切なくなる。

武力であろうが暴力であろうが、抑止力であろうが正義であろうが、一度撃鉄が落とされれば、是も非もなくなる。
自分に本物の銃口が向けられない者、自分が戦地へ行かない者たちが、たいそうな理屈をこねるが、こねる人はまず自分が戦地に行ってから理屈をこねるべきだ。

銃や砲弾を突きつけられいま自分が殺されるかもしれない間際、そういう人たちは言葉も通じない相手に小便も漏らさずに相変わらず理屈をこねる、こねられまい。

武力も暴力も抑止力も国益も、あらゆる理屈が血の流れないスカスカの頭でっかちの理屈でしかなく、極めてインチキなものだ。

正義などない。正義はご都合ということだ。正義など伸び縮みしどんなふうにでも解釈されるカードゲームのジョーカーだ。
それが、争いごと・戦争ということだ。理屈は一切通じない。

だから、賛成派は四の五の言わずに自ら志願して戦地へ行くべきだ。行って、集団的自決権は必要だ、と相手の銃口に向かって述べるべきだ。

そういう行動もしない賛成派の理屈など、屁でもなく犬も食わない稚拙な戯言に過ぎない。自分は撃たれないと思っている。自分は撃たれないところで、ほかの誰かが撃たれてもいいと思っているところの理屈だ。




[PR]
by greenwich-village | 2014-07-01 09:32 | グリニッチ・ヴィレッジ

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ