沖縄UFO/月の裏側

UFO? 那覇の夜空に謎の光 目撃者複数
沖縄タイムス 1月25日(土)9時48分配信

那覇港上空に横並びに並んだオレンジ色の光=23日午後9時ごろ
 
 23日午後9時ごろ、那覇市上空で約10個のオレンジ色の光が漂っていたという、複数の目撃情報が本紙に寄せられた。専門家は「天文現象とは考えられない」と話している。目撃者によると、那覇市通堂町の那覇港上空付近に複数の光が現れ、上下左右に移動を繰り返し、約15分後、全て消えたという。
 石垣島天文台の宮地竹史所長は、動画で確認し「隕石(いんせき)が大気中に入り燃えながら落ちるときは地上から光が見えることがあるが、その場合は、ものすごい速さで飛ぶ。今回のように長時間ほぼ同じ場所に光がとどまるのは、天文現象ではないと思う」と話した。
 浦添市西原から目撃した新垣覚さん(45)は「とても明るい光で、びっくりした。曲線を描きながら動いていたので、飛行機ではないと思う」。那覇市識名から目撃した竹尾慎太郎君(12)は「10個ぐらいの光が動いて、集まったり消えたりしていた」と話した。
 航空自衛隊によると、謎の光についての報告や目撃情報はない。同日は午後7時20分までにすべての訓練を終え「その時間に自衛隊機は飛んでいない」という。(画像は一部加工しています)


明らかにUFO/未確認の飛行物体だろう。


那覇上空に謎の光
www.youtube.com
1月23日午後9時頃、那覇上空に複数の謎の光が現れた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本人の目には、月の模様はウサギが餅をついているように見える。
諸外国では各国それぞれで異なっている。
また、日本にはご存知の月に帰るお姫様の「かぐや姫」物語がある。
幼児の姫がおじいさんに見つけられたのは竹の切りかぶで、それはまるで現代のロケットを連想させる。
アポロ11号が有人月面着陸をして、月に関するデータが明らかになって久しい。
それでも実際のところ、都市伝説の類ではなくて、NASA以外は知りえないトップシークレットは存在する。

月面着陸したもの以外に、誰ひとりとして見ることができない月の裏側。...
NASAから出された情報しかないのだから、そこに何もないといえばそうなる。

けれど、月の裏側には、かつてか今だにか、何らかの人為的・理性的な建造物なり跡なりがあるかもしれない。
地球生命体にさとられずに地球を観察するのにこれ以上理にかなった都合がいい場所はない。見つからない、天文観測でも見つけようがない。
沖縄上空のUFOが月の裏側と繋がっているかどうか、好奇心を掻き立てられる。

笑点大喜利だったら、月の裏側では「カメが尻餅をついている」とでも回答するだろうけれど。
[PR]
by greenwich-village | 2014-01-25 11:36 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ