オリンピック論

「オリンピック論」

至って真面目に考えれば、現代のオリンピックの方向性はおかしい。
私はとりたててスポーツマンではないしファンでもないけれど、子供の頃にラグビー、野球、バスケットと親しんだ。
だから、スポーツの祭典やスポーツそのもの、アスリートの皆さん、スポーツファンにはまったく文句はない。
運動は楽しい。

ただ、ヒットラーもそうだし今回もそうだしいつもどこの国でもそうだけれど、オリンピックの体裁は、ほぼ100%が政治的・経済的なものを目的として行われている。
疑いようもない事実だ。
...
スポーツ王座決定戦なら、各ジャンルでワールドカップが行われているんだから、政治・経済的でないという意味で、そっちのほうが価値がある。

お金がある国しかオリンピックを開催できない。愛と平和の祭典ではない。政治的誘導と経済効果の祭典でしかない。

本来ならば、内政が安定しているなら、オリンピックと参加各国がお金を出し合って、小国でも開催させるものではなかろうか。
自ら手を挙げられるのは、経済国ばかりだ。

アジアやアフリカでは未来永劫、オリンピックが開催されない。
IOCと各国の経済効果・政治的面子ばかりだ。
[PR]
by greenwich-village | 2013-09-09 23:57 | グリニッチ・ヴィレッジ

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ