現実として、原発も戦争もなくすことができます。

「戦争も原発も、理由はいたって簡単なこと」


理想や概念ではなくて、現実として、戦争も原発もなくすことができます。

なぜ、戦争や軍備がなくならないのか。
なぜ、原発や核兵器がなくならないのか。

ただ単に、需要と供給。

軍事産業や原発製造の会社があるからです。
戦争をしたくても、原発を作りたくても、武器やプラント建設、それらの製造・建設会社がなければ、やりようがありません。

巨額な利益で、兵器を製造販売している会社、炉やプラントを建設している会社があるからです。

ただではない。
そういう会社は、金になれば、金になるから、ダボハゼのごとく首をつっこんでなんでもやる。
武器を売っている国はそれでお金儲けしている。
日本も原発を売ってお金儲けしようとしている。

そこで働いている普通の労働者たちがいる。
僕のある友達はかつて、三菱の工場で戦車製造に関する肉体労働をしていました。

自衛隊も同じで、再軍備・予算拡大で一番喜ぶのは、兵器会社/製造・販売・納入・関連業者です。

自衛隊員の皆さんには養うべき家族があり、普通の暮らしがある。
各自衛隊員の方々には、僕は常常、災害復旧などで感謝しています。

需要と供給で、供給がなければ需要は立たない。
そういうたぐいのものは、作らない・売らない・商売しなれば、戦争も原発もなくなります。

それで、そこで働く人たちが失業するのではなくて、特別災害復旧隊や再生可能エネルギープラント建設などを国家的に押しすすめて、そういうものに必要な道具類を各企業に受注する。
失業することはありません。

戦争や軍備や原発は、あなたが投票した政治家がやりたいだけのことなのです。
官僚は、仕事らしい仕事と恩義せと利権と天下りパイプのために、必要もなく発注したがるのです。
企業は金になるから製造しているだけなのです。

ここに、理念も倫理も哲学も理想もなにも、まったくないのです。
国は、もし健康が維持できるなら、たとえ覚せい剤でも売るでしょう。
政治家と官僚が発注し、製薬企業が製造販売する。

需要と供給。

ただそれだけのことで、世界中の戦争は続き、世界中の原発は稼働しているのです。
[PR]
by greenwich-village | 2013-08-19 12:01 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ