エコノミックモンスター/やはり国民はキチガイを選んだ!

さっそくですまないが、とっとと辞めてくれ!
どうしようもなく気持ち悪い国だな。

f0148098_16451935.jpg



計画段階の原発9基 安倍政権で容認の 可能性も

産経新聞 12月22日 7時55分配信

26日に発足する自民党の安倍晋三政権は、 原発の再稼働とともに、新増設に対する政治判 断を求められる。民主党は計画段階の原発の建 設を認めない方針を示したが、自民党は見直す 方向だ。原子力規制委員会が来年夏に示す新し い安全基準は、既存原発よりも高い安全性が求 められるため、国民の理解が得られやすいとの 見方もある。連立を組む公明党との調整の結果 、容認に転じる可能性がある。

新増設は、運転年数が40年を超える関西電 力美浜原発1、2号機(福井県)など古くなっ た原発の再稼働に比べ、「最新技術で安全性を 向上させるという利点を世論に訴えられる」( 経済産業省幹部)とみられている。

電力会社側にとっても、原子力規制委が示す 活断層調査の結果を含め、来年7月に策定され る安全基準を織り込んだ設計が可能だ。日本原 子力発電も、計画中の敦賀原発3、4号機(福 井県)の建設にゴーサインが出れば、直下の活 断層の存在を指摘された2号機の廃炉判断がし やすくなる。

今年9月にまとめた革新的エネルギー・環境 戦略で民主党政権は、原発は「新増設しない」 と明記。枝野幸男経済産業相は、Jパワー大間 原発(青森県)など着工済みの3基は「許可済 み」として建設続行を容認する一方、中国電力 上関原発(山口県)をはじめ、計画段階の9基 は着工を認めない考えを示していた。

しかし、安倍政権では、公明党と合意した「 可能な限り原発依存度を減らす」との方針の解 釈や整合性によって、計画段階の原発の新増設 が一転して認められる可能性が出てきた。
[PR]
by greenwich-village | 2012-12-22 16:54 | グリニッチ・ヴィレッジ

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ