ダバダ~違いがわかるゴールドブレンド/ケニー・ランキン/中村勘三郎

f0148098_10263439.jpg


ダバダ~。
大好きなケニー・ランキンの、しかも違いがわかるゴールドCD。
この声、歌唱、空気、佇まい。
アルコールはただ酔っ払ってしまうだけで、かえって邪魔になります。
コーヒー、紅茶、緑茶でも、寛いでください。
大人の時間、ではなくて、大人だけの時間。

音楽好きなら、とりあえずのネット・ケータイでのダウンロード低劣化音質よりも、CDやレコードで聴いたほうがイイですよ。
30年もののウィスキーと600円の合成焼酎・チューハイとでは、内容が全く別物ですから。

若い人たち中心のデジタル時代は、低音質・缶チューハイで育ってしまっているので、それが判断基準になっていて、「ものの良し悪し」がいささか低くなっています。

ウィスキーブレンダー、酒の杜氏さんたちはみんなすごい方たちなんですよ。売れればいいだけの大手メーカーの不味い廉価商品とは違うのです。

育ってしまった価値判断基準はなかなか変えられないものですが、そこからより肥えたものになって本質に近づくことはできます。

本質はいつの時代でも変わらずしっかりしています。

故・中村勘三郎いわく、
本質の型があってはじめて「かた破り」。目先の時流ばかりで本質の型がないのは「かたなし」。
型がなければ新しいことなどできないし、新しいものなどない。

「本質の型」こそが、必要とされるこれからの新しい時代なのではないでしょうかね。


高音質ゴールドCDですから、このネットやFMなどでお聞きになる潰れた音質とは大違い。
違いがわかるゴールドブレンド。

とりあえずの、いつものユーチューブの潰れた音でご案内。

f0148098_10264959.jpg









[PR]
by greenwich-village | 2012-12-08 10:56 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ