天童木工・ISAMU KENMOCHI/剣持勇・カブトチェア

剣持 勇 けんもち いさむ、1912年1月2日 - 1971年6月3日

日本そして世界を代表するインテリアデザイナー。第二次世界大戦後に渡辺力・柳宗理・長大作・水之江忠臣らと共にジャパニーズ・モダンと呼ばれるデザインの礎を創ったと言われる。

廉価なうえに高機能を求められることの多いインダストリアルデザイン分野で手腕を発揮し、1958年に発表された積み重ね可能な「スタッキング・チェア(スタッキング・スツール)」と呼ぶ椅子は普及品として今なおベストセラーの地位を維持している。

1961年に発表されたラタンチェアーは日本の家具としては初めてニューヨーク近代美術館(MOMA)の永久収蔵品に加えられた。

丹下健三設計の香川県庁舎のインテリアデザインや、ホテルニュージャパンの内装を手がける。「グッドデザイン」運動を推進するなど、日本のインテリアデザインの草創期を築いた。

乳酸菌飲料として日本国内シェアの高いヤクルトの容器も剣持デザインの代表作である。

f0148098_9243359.jpg
略歴

1912年:東京府で生まれる。
1932年:東京高等工芸学校木材工芸科(現・千葉大学工学部デザイン学科)を卒業。卒業後、商工省(現・経済産業省)工芸指導所に入り、来日していた建築家のブルーノ・タウトに師事。椅子に求められる機能性の研究を行なう。
1952年:渡辺力、柳宗理とともに日本インダストリアルデザイナー協会を結成。
1955年:剣持勇デザイン研究所を設立。スタッキングスツール(秋田木工)をデザインする。
1958年:スタッキングスツール(秋田木工)の販売が開始。
1964年:代表作であるラウンジチェアがニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久コレクションに選ばれる。
1968年:日本航空の航空旅客機ボーイング747のインテリアを担当する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


山形が誇る大好きな天童木工のプロダクト。
剣持勇デザインのカブトチェア。
元祖モダンでクール、さりげなくスタイリッシュでコンテンポラリーなのはもちろんですが、
全く無意識な雰囲気コピーものや昨今の奇をてらった単なる表現主義に陥っているものとは違い、
椅子という道具の基本の計算された角度・座り心地が見事。
さすが天童木工、さすが剣持勇。
現行品(10万前後)もありますが、オリジナル経年品ゆえ一部若干シートの破れがありますが、
おおむね問題ありません。
気になる方は、天童木工は当然、近隣張替業者で好きな素材・色でカスタマイズできます。


f0148098_95579.jpg
f0148098_951624.jpg
f0148098_953361.jpg
f0148098_954257.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2012-08-23 09:14 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ