マネー&メロディ/国民総不幸量第1位の国

あるタレントさんの家族の生活保護に関してマスコミが騒いでいるようですが、あれは業界の見せしめのようなものですね。
マスコミのゴミ漁りとネガティヴな騒ぎには関わりたくない事務所・関係者。


リンクしているtakahashiさんもブログで書いていらっしゃいますが、騒ぎ出した「片山さつき」大先生なんてとてもとても恥ずかしい。
国会議員が一個人のことをつついてわざわざ調べさせて正義の味方ぶってどうしますか。国政を任されている人なんだからそんな暇があるなら他にやるべきことが山ほどある。
監督不行き届きの関係各省・役所・生活保護制度そのものを考えるべきで、わざわざ一個人に対して動くような事柄ではないでしょう。
そんなレベルの方が国政を担っているのだから、こんなふうににっちもさっちもいかない国になってしまった。
大先生はツイッターだとかブログだとかに乗っかって名前と顔を売りたいだけ。
東大出・官僚出身の片山さつき大先生、年収ゆうに3000万超と聞きますから、落選ただの人の不安はあっても老後生活保護の不安はまったくないでしょうな。

生活保護不正受給に関しては、これは性善説か性悪説かということに行きつきますが、性悪説ならば不正受給者ばかりか、政治家大先生も官僚もわれわれも、みんな性悪になりますし、性善説ならば殺人犯もテロリストも性善になる。

性善説も性悪説も、みんな一律にどうなのかといった考えなので、生活保護の理想と実態のようにおかしな話になる。
みんな一律になどありえない。だから細かく見るべき事柄ですし、細かく見る現場の仕事は各自治体の役所が担当している。細かく見ることもなく、法律上の規定におさまっているから受給される、というのは細かく見る仕事を生業にしている役所の職務怠慢になる。
ちょっと前の、死んだ老人たちへの年金受給もそんな話でしたね。

こういうものは全然普通に、ごく当たり前に行われていますね。
いろいろな社会保障手当や市営・営団住宅入居者の収入の実態だとか。ごく普通に、みんなうまく不正している事実は、わざわざ言うまでもないですね。

あるタレントさんは、有名タレントであるからこそつるし上げられた。それだけのこと。性悪なのは普通にごくありふれた世間に広くいきわたっていますね。

人はもともと善なのか悪なのか、善になるのか悪になるのか、そういった根本の話なのですが、他人の収入や家庭環境の覗き見話だとか、政治家が利用してみたり、マスコミのメシの種だったり、話がまったく表層的な事柄に終始してしまっている。
だから、つるし上げられた者だけがババを引いただけで、たいした話ではないんですね。

日本の民法には、生活保護の場合、親なり子供なりの扶養者が一定の収入があれば受給できないらしいのですが、このあたりも日本的です。

親と子供、子供と孫、こういうものが家を媒介にして、風俗習慣・社会的・法的につながっている。
人間性としての関係は希薄でも、法律という形式上はガチガチにつなげて縛り合っている。
つまり、表層的・形式的なものが、日本的なのかもしれませんね。

血と骨に染み込んでいる宗教観から、たとえばキリスト教圏では、神様とその息子キリストと私たち全員という感覚で、そこは親と子といった日本的な感覚ではなく、神に対して親も子も平等である、という。
だから、キリスト西洋圏では、小さい時から子供部屋を与えて、親の部屋と子供部屋を分けている。大人になっても、日本のように親と同居が当たり前といったものはなく、それぞれが独立して暮らすのが一般的。
親の保護も、子供の保護も、それぞれが別々として考える。
子供が出世して収入がいいからといって、親の生活保護とは一切なんら関係ない話でしょう。

ここは日本で、私たちは日本の現世利益・無宗教観として生まれ育ってきていますから、表層的日本としての親と子の法的・形式的関係として生きていますが、つるし上げられたタレントがいくら年収があっても、親は親、子供は子供だと思いますよ。ただ、民法上問題があっただけでしょう。
親を養うかどうかは、個々人の話で、なにもこのタレントさんばかりではなく、多くの私たちが親の面倒をみていない・またはみられないでいる。

インチキ政治家の頓珍漢な方向性と、マスコミのハイエナ趣向丸出しの報道だけが、フルスイングで三振しているように見えます。
観客はちゃんと知っているんですね。自分たちだってけっこうインチキだってことを。

神様に見られている感覚が希薄な無宗教の国民ですから、誰もいなければ・誰にも見られていなければ、もうなんだってする日本です。
性善説も性悪説もへったくれもないんですよ。あるのは現世利益・どうやって楽して国のお金を誤魔化すかばかり。
国のお金って私たちの税金ですから、お金が無くなれば税金も上がって当然。結局は、自分で自分の首を絞めている。

この世の世間一般では、もう何でもいいからお金をどれだけ稼ぐか、どれだけ手に入れるかがステイタスになっていますが、本当は、どれだけのお金でも、それをどう使ってどう暮らしているのかがステイタスなんですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


グリニッチ・ヴィレッジには、あんまりお金はないですけれど、メロディなら沢山ありますよ。


[PR]
Commented by ほぴ村 at 2012-05-28 22:04 x
(財)生涯学習開発財団 認定コーチの認定資格試験に合格しました。
(漢検なら8級 英検なら5級みたいなもんだけど。)
改めて協力していただきありがとうございました。
Commented by greenwich-village at 2012-05-29 09:57
おめでとう!8級でも5級でも、努力した有資格は何でも上級だね。これからはコーチって呼ばなくちゃな、笑。そういう資格や知識や感性を活かせていければいいよね。
by greenwich-village | 2012-05-27 12:04 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(2)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ