寒い季節の凛とした空気のようなア・カペラ

クリスマスのこの季節、いろんな場所でいろんなゴスペルグループの歌声が聞こえますね。

ゴスペルは基本的にキリスト教黒人系プロテスタントのもので、もちろんキリストの教えや讃えた歌などですが、そのスタイルはオルガンなりギターなりバンドなりがバックにつきますが、グループの基本はア・カペラ。
人の声とハーモニーだけで満天の星空のような輝きを作り出します。これがストリートに広まってドゥー・ワップというR&Bスタイルになっていきます。

クリスマスといっても「クリスマス・イヴ」ばかりじゃないのです、山下達郎。
全曲ア・カペラのこのアルバムは、真夏の真っ盛りの熱い最中に聴いても気持ちいいのですが、真冬の寒さの中で聴いても、冬の夜空のように美しいアルバムです。
山下氏自身、当時新しく作ったレーベルでこの音楽スタイルのこのアルバムさえ作れたらあとは辞めてもいいと思ったそうです。
結果、彼の作品の中で裏名作NO.1のアルバムになったのでした。

などという話はどうでも、ステキな音楽をどうぞ。

f0148098_2358337.jpg





[PR]
Commented by ピロナオ at 2011-12-10 21:07 x
ON THE STREET CORNER はその後パート3まで存在しますが、
この1枚目を聴いた時のインパクトが忘れられません。
ア・カペラを初めて知ったのはコレだし、全部達郎さん一人で録音というのもカルチャー・ショックでした。その頃はアナログ盤でしたが、今でもお気に入りの特別なアルバムですね。
Commented by greenwich-village at 2011-12-10 23:00
やはり一枚目ですね!パート2、3はアンコール的でもありますよね。さすがにパート4はないでしょうね、笑
私は最近の達郎は「ちょっとなぁ」なんです。何だか所謂バラードばかりで。
ちなみに当店では、コレはアナログもCDも置いてます。
いい音楽を語り継いで聴いてもらっていくのが、いまの私の仕事だと思っております。
by greenwich-village | 2011-12-10 00:08 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(2)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ