“洗浄”のメリークリスマス

寒いですね。いよいよ、そろそろ、もうすぐ、クリスマスですね。

街も少しずつクリスマスの飾りやイルミネーションがつけられてきています。
そのうち雪も降りますね。場所によってはもう降っているところもありますね。
被災地や避難地区のクリスマス。あの巨大なガラクタの上にも雪が降るんですね。
太郎の家の上にも、次郎の家の上にも、太郎を眠らし次郎を眠らす雪が降り積もる・・・というような詩がありましたが、あの巨大なガラクタは眠ってはくれないわけで、TV屋がお得意とする、
「あれから半年、あれから一年、あれから三年、あれから五年・・・・」といった特番は、あれから30年とかあれから50年とかになるんですね。

30年後の冬も、あの巨大なガラクタの上に、雪はちゃんと降り積もっていることでしょう。
そういう画像を頭の中で想像すると、
とりたてて自然崇拝者ではないのですが、つくづく、小ざかしい人智など超えた自然の大きな営みの凄さに言葉がなくなるのです。

人の営みは、「不的確な言葉と意味を的確に連ねるだけで成立する」ものですね。
おそらく私がこの世にいなくなった50年後の、その時もなお東京電力のままの巨大なガラクタの上に降る雪景色は、その絵は、そのコントラストは、これこそあまりにも詩的で芸術的すぎるように感じます。

人類は皆、短気でおしゃべり好きな独裁者ですが、自然は気の長い無口な掃除人のようですね。




f0148098_2039154.jpg

[PR]
by greenwich-village | 2011-11-25 20:52 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ