鮪に鰯/鮪の刺身を食いたくなったと人間みたいなことを女房が言った。

どうぞ、お聴きください。

「鮪に鰯」    詩:山之口獏   曲・唄:高田渡


[PR]
Commented by almaster at 2011-08-22 22:21 x
先程お話しした今週末開催のイベント『EarthTuning』の公式サイトです。詳しくはこちらで♪
http://earthtuning.mh6.mp7.jp/
ブログの内容に関係ない話ですみません(^_^;)
Commented by greenwich-village at 2011-08-23 10:29
「アース・チューニング」情報、ありがとうございます。あとでここでも宣伝アップしようと思います。
ブログ本文よりも、コミュニケーションや情報としてのネット、コメント欄のほうが重要ですよ、笑
Commented by spanky2011th at 2011-08-27 13:45
歌詞が沖縄出身の詩人山之内貘の詩。ほんと、いいですよね。貘というと、すぐに「襤褸は寝ている」とか、「地球に張り付いている」とか、忘れられない一文が頭に浮かび、その野良犬のような生き方と、宇宙を感じさせる視点とが絶妙で、私が大好きな詩人です。
Commented by greenwich-village at 2011-08-27 23:23
“野良犬のような生き方と宇宙を感じさせる視点”ってまさにその通りですね。詩人ってきっと基本的にそういう人たちなんでしょうね。
山之内獏は高田渡の唄でしか知らなくて、沖縄出身って初めて知りました。音楽的に、高田渡の世界、声や唄い方・メロディやギタースタイルにぴったりで、当然そうだからこそメロディをつけたんでしょうけど、これがまた古いアメリカンフォークやトラディショナルなところが絶妙で、大好きです。
きっとお二人とも同じ目線だったんでしょうね。
山之内の詩って、詩人にありがちな言葉の組み合わせだけの変な言い方がなくて、「言い得て妙」というか、的を射ているというか、的確というか、痒いところに手が届くというか、気持ちいいですね。
by greenwich-village | 2011-08-21 22:39 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(4)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ