離合集散

禅語に「不立文字」(ふりゅうもんじ)というのがありまして、平たく言えば、言葉に寄っては伝わらないということですが、先日友達に禅全般に関して尋ねられましたので、まぁ得りうることの入口あたりをかいつまんだのですが、以心伝心とはいかず、我ながら甚だの「増上満」。
前に一度、歌にしたものがありましたので、再アップ。まぁそれもこれも遠すぎれば夜空の星の如く、近すぎれば近視眼。ものの本によりますと、「色即是空」と「空即是色」が即時にあって「空と色」の因果。離合集散。ものも人もこの世は離合集散。空に留まることもなく色に偏ることもなく、離合集散。絶対真理なるものに自ら縛りつけて身動きをとれなくさせる。絶対ならば、離合集散こそ絶対。宗教でも祈りでもなく。

野狐禅のポップ唄。


[PR]
Commented by ナヴィ村 at 2011-08-21 12:14 x
 先日の禅宗の説明、我がブログには“かえって難しい印象・・・”と書きましたが、それは他の宗派、浄土宗とか真宗とか真言宗とかとの比較の中で考えて、なんか摑みどころが無いような印象を持ったということで、全く私個人の理解力の問題なので、あなたの「増上満」ではありませんよ。ありがとう。

 先日、東京に戻り早速、『The Gate』という映画を見たのですが、この映画も初めに禅問答があって・・・その辺りは自分のブログにも書きましたが、最後、トリニティサイトの中、広島の火で経やら千羽鶴やらが燃やされて無になる。灰になる。その行為に何の意味があるのか?と言われれば、個々の受け止め方の問題になるのですが、問いをたたて2500㎞を歩くというのは、凄いなあと思いました。

 見えました。悟れました。ボッコッ!(殴られる音。)
Commented by greenwich-village at 2011-08-21 23:11
説明言葉たらずの感があったりもして、不立文字とはウラハラ、それでも語ってしまった自分に増上慢。いささか増上慢だと省みて卑下満。まぁ、掴んだつもりがシャボン玉ですな。

the gateは面白そうだね。長崎やクリスチャンの集平さんとのやりとりも興味深い。ブログはいつも拝見しておりますよ。
集平さんの感想・意見は一般的にそう受け止められるだろうね。自己による自己救済だから、何の意味があるの?という社会性は基本的に希薄。一か所に向かっていないし、彼らも初めからそれで何も解決しないのは承知してるから。禅に呪術や超常はないから。つまりは、2500キロを歩いた、というところだろうな。

べつにかまわないんだけど、ボクは、監督が西洋人というところが引っ掛かるな。やっぱり西洋文化圏の西洋人だから、目線や感覚。日本の監督が撮ればいいのにね。
Commented by ナヴィ村 at 2011-08-22 07:12 x
>ボクは、監督が西洋人というところが引っ掛かるな。

 上映後、この監督と少し話したんだけど、失礼を承知で書くと、典型的な“見えました。悟れました。ボッコッ!”な人でした(笑)。
 

 何故、ゲイトが開いたか?時の大統領はブッシュですが、彼は「一人の人間として門を閉めておけとは言えない。しかし、大統領という立場としては門を開けろとは言えない。」とか言ったそうで、その判断は当日のその門番のおじさんに委ねられたそうです。

 で、このおじさんは、実に自分のお父さんが日本軍の捕虜として第二次世界大戦中、インパール作戦で死の行進を歩かされ亡くなったということで、日本人をとても憎んでいる人だったそうですが、当日、僧侶たちが、2500㎞歩いてきた(自分の父親がやらされたと同じように、というところか)ということに動かされて、開けてくれた・・・ということでした。つまり、まさに 2500キロを歩いた、ということなんだよ。

 ただ、その後、核解体基金という説明があって、それは無視した。
 
 そういう何か、生産的なことをしてしまうところが、見えました。悟れました。ボッコッ!のような気がしました(笑)。
Commented by greenwich-village at 2011-08-23 10:26
禅は日本文化の様々な深いところに関わっているから、やっぱり日本人監督に撮ってほしかったなぁ。
聖書を読んだことのない人たちがキリスト教が根本にある西洋文化を享受している、のと同じ誤解が生じたりするものね。
とはいうものの、日本人監督でも、禅や日本文化を誤読しているか理解していない人たちも多々いるだろうけど、笑

作品は作品として、映画は映画として、面白そうではあるね。
2500キロなんて歩けないなぁ、それがスゴイや。
愛は地球を救うのマラソンとか出演タレントみたいなギャラもないのにね、笑
ギャラもないのに2500キロ、ってところだね。
by greenwich-village | 2011-08-21 10:46 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(4)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ