古くもなく遠くもない/小説「方舟さくら丸」と音楽「消えた故郷・生命の輝き」


新しさとは、一般に新しいと認識された時点で、決して何も新しいものではなく、
遠い場所で起こった出来事は、もはや、遠い場所での他人の出来事ではない。


君がダウンロードしたデータやソフトは、まるで君自身のように急速に古び老化し、
君が手に入れた流行のマテリアルは、まさに取り留めもなく、薄白と薄らいでいく。


高騰する日本円や金相場には、放出された放射能産業が構築したシステム同等しかないが、
人生には意味がある

人生には意味がない、というのなら、何もそんなに逃げ惑い恐れ不安になることはない。
一寸でも逃げ惑い恐れ不安がよぎるなら、思考ではなく、生命そのものに意味がある証だ。


“意味”がある“生命”そのものを危機にさらすのは、大概、無意味な思考による行為だ。
“生命の意味”による行為は普遍的であって、古くもなく遠くもない。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


古い時代の小説  「方舟さくら丸」  安部公房 

f0148098_032259.jpg


核時代の方舟に乗りうる者は、誰と誰なのか?  “御破算のとき”が遂にやってきた!

f0148098_033614.jpg


遠い国の音楽  「消えた故郷・生命の輝き」  ナターシャ・グジー

f0148098_035293.jpg


ウクライナの民族楽器  バンドゥーラ 

f0148098_04670.jpg



千と千尋




なぜなのか教えて




まるで悪い夢のよう すべてが燃えている かつては生命が輝いていたこの場所で

いま風が灰を吹き散らす

なぜ大地がこんなに苦しまなければならないの この大地に何の罪が­あるというの

あなたに閱こえる? 助けてと苦しむ大地の声が

子どもらの笑い声がこだましたあの場所で いま涙が流され死が笑う

­母は子を抱きしめて空に向かって悲しみ嘆く

なぜあの子がこんなに苦しまなければならないの あの子に何の罪が­あるというの

人生の軎びを知らないままこの世から旅立っていった

いいえこれは夢ではなく現実  未来への希望の灯が消えてしまいそう­

なぜなのか教えて
[PR]
by greenwich-village | 2011-08-20 00:19 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ