1号機の核燃料、完全露出し溶融

そもそもコントロールできずにああなってしまった放射能を、いまさらどうしたってコントロールなどできない。

結局は、ただ丁寧に注水しながら目を離さないでいるしかない、注水できていればの話だが。



汚染水が放出されようが、とにかく水を入れるしかないんだろう。でなきゃ、どうなる?

何にも終わっていないうちからの、電力不足や原発の賛否両論などどうでもいい。


燃料が全部露出していて「温度は比較的低く、冷却はできている」

だって?なんだそりゃ。

圧力容器の底の水で冷やされているだって?

そりゃ、メルトダウンっていうんじゃないのか。

またスタンドに行列、ガソリン不足が始まるのか。


これからがいよいよ本番、残念ながら最終段階なのかな。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1号機の核燃料、完全露出し溶融

2011年5月12日(木)10時11分配信 共同通信 


東京電力は12日、福島第1原発1号機で、調整をした水位計で原子炉圧力容器内の水位を測定したところ、

水位は通常時の燃料上端から5メートル以下で、長さ4メートルの燃料が完全に露出して溶け落ち、圧力容器底の水で冷やされているとみられる

と発表した。

調整前の測定では、約1・5~1・7メートルが露出している状態とされていたため、想定外の低水位。

ただ圧力容器の表面温度は、上部から下部まで100~120度と比較的低く、東電は「(燃料の)冷却はできている」と強調している。

東電は燃料を冷やすために圧力容器内に毎時6~8トンの注水を続けていたが、対策が的確でなかったおそれがある

1号機は新たな冷却システムの設置を準備しているが、いまだに圧力容器内の状態を把握しきれていないことで、今後の計画にも影響しそうだ。

東電はこれまで、炉心の損傷割合は55%と推定していた。
[PR]
by greenwich-village | 2011-05-12 14:00 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ