絶対に、放射能がある日常に決して慣れてはいけない/結局誰も分からないし、何も変わっていない

ドタバタで何だかわけのわからないまま新年度が始まり、子供たちも学生も社会人もお父さんもお母さんも、場所や状況、新しい環境に身をおく人たちにとっては、それらの環境に出来るだけ早く慣れて、出来るだけ心地よく過ごせるように心がけるのが重要ですね。

「習うよりも慣れろ」といいますが、
こと放射能に関しては、決して慣れてはいけない。

原発の出来事が起きて早や2ヵ月ですが、ニュースも疎らになり騒ぎも少なくなって、「何事もなく普段の状況、普段の暮らしぶりに戻って、普段の経済活動をしていくのが大切だ」と言われますし、ある意味ではそういうことがとても大切だと痛切しているのですが、同時に、

やはり、この状況に決して慣れてはいけない

と切実に思うのです。

いままでは原発がある状況で、それが日常で、そうやって暮らしていましたが、これからは「壊れた原発が放射能を撒き散らしている」状況で、それを日常として生活しなければならない。

「習うより慣れろ」とはいいますが、
いくら普段どおりの生活に戻ろう、とはいっても、そんな状況に慣れることは出来ない。
そんな状況に慣れてしまうのは恐ろしいことです。

そんなことをいっても現実生活があるじゃないか、といいますが、放射能を撒き散らす壊れた原発があることこそ現実で、

いつのまにか慣れてしまったり、国家的催眠術や各メディアの洗脳プログラムで慣れさせられてしまったら、いづれ放射能が当たり前の世の中になって、何もなかったかのように過ぎて行ってしまうことになる。

目には見えず、音もなく、匂いもしないで、直ちに健康被害がない、とくれば、なんとなくもう大丈夫でしょうと何の根拠もないのに、実生活をするために自分自身を納得させてしまう。

火事が鎮火するようなものではないし、今もまったく安定しているわけでもないし、影響は今ではなく今後に及ぶものですし、来年も再来年もこの先ずっと福島原発はあのまま放射能を抱え込んであり続ける。

それを含めて、当たり前の日常として慣れてしまうことは、地域も日本としても「習うことは出来ても慣れることは出来ない」現実のはずです。

新年度の新しい環境には早く慣れていくべきでしょうが、
原発放射能のこの場合は、

いつのまにか慣れてしまうのが非常に危険なこと。

放射能は出続けているし、今後も放出される。
2ヵ月たっても、昨日あたりは、神奈川県で栽培されたお茶の葉から基準値を超えたセシウムが検出されていますし、この地域以上に、高度の上空には放射能が拡散していて、それらが福島県ではなく、むしろ他県や関東圏に降り注いでいる。


経験したことのない、データのない出来事に、正しい見解を求めることは出来ない。
何かの、国や学者の発表や意見を頼りにすがる以外にないのはわかるのですが、それほど当てにならない。
ああしたほうがいい、こうしたほうがいい、といいますが、そうしたところで本当にそうなるのか分からない。

国や東電、関係者や学者、評論家や私やあなたも、さまざまな意見や見解やデータや測定値を持ち寄っていますが、

実際のところは、結局、誰一人として何一つ分かっていないし、何も手がつけられないし、部位の修復作業はあっても、放射能を撒き散らす原子炉や建屋の状況は何一つ変わっていない。

それを抱えたままの新しい生活状況に慣れることなど出来るわけがない。




これからずっと、私たちに出来るたった一つのことは、この生活環境に決して慣れてしまわないこと。




間違いなく、いづれ、誰かしらの健康被害や、おかしな生態状況が報告されることになるでしょう。

チェルノブイリ級ならば、まさにロシアン・ルーレットでしょうね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





高濃度汚染水、3号機立て坑から海へ流出

2011年5月11日(水)22時57分配信 読売新聞 


東京電力は11日、福島第一原子力発電所の3号機取水口付近にある立て坑(深さ2・3メートル)から、放射性セシウム134などを含む高濃度の汚染水が海へ流出していたと発表した。

その濃度は1立方センチ・メートルあたり3万7000ベクレルで、国が定める海水の基準の62万倍に上った。
海中への拡散を防ぐ水中カーテン(シルトフェンス)が取水口を囲んで設置されているが、その外側の海水からも、同1万8000倍のセシウム134を検出した。
東電は立て坑をコンクリートでふさぎ流出を止めた。

3号機では、原子炉から漏れ出した高濃度汚染水がタービン建屋にたまっている。
それが水位の上昇に伴って作業用トンネル(トレンチ)へ漏れ出し、さらに電源ケーブル用のトンネルを通じて立て坑へ流れ込んだとみられる。
立て坑の側面に亀裂があり、そこから海へ流出したらしい。
流出が始まった時期は不明だが、東電は「さほど前ではない」とみている。
[PR]
by greenwich-village | 2011-05-12 10:46 | グリニッチ・ヴィレッジ

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ