射程距離内にあるこの幸せな楽園のあちらこちらで、必然的な原発事故・放射能漏れの騒ぎ

茨城県東海村の原電もごく微量かもしれないが放射能漏れとニュースで聞くが、福井県でも何だか怪しい雲行き。
そちらのほうに避難した方が、やれやれと思う間もなくこの騒ぎ。
静岡は本当に大丈夫か?新潟はどうだ?九州は?
日本は地震が多い小さな島国だから、どこに居てもどこへ向かおうが、必ず射程距離内になる。
川の流れの向こう岸とこちら岸。
必然的。
願わくば、この地域以外が決してこんな騒ぎにならないように無事安泰を祈る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

敦賀原発2号機で放射能濃度上昇 燃料漏れの疑い


日本原子力発電は2011年5月2日、敦賀原発2号機(福井・敦賀市、加圧水型軽水炉、電気出力116万キロワット)で、1次冷却水中の放射能の濃度が大きく上昇したと発表した。

同社によると、濃度が上昇したのは希ガスとヨウ素133で、希ガスが4月26日測定値の750倍、ヨウ素133が2倍になっていることが確認された。
燃料集合体から漏れた疑いがあり、1次冷却水中の放射能濃度の監視あかをこれまでの週1回から1日1回に変更した。

今後、原因を特定するために原子炉を停止することを検討する。また、周辺環境への放射能の影響はないとしている。
[PR]
by greenwich-village | 2011-05-03 20:32 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ