このままでは現場の方々や他の実直な社員まで本当にヤバイぞ、東京電力社員諸君!

角界と同じような体質。
他の社員たち自ら、本当にそういう空気やそういう社員がいるなら、自浄努力して自分たちで自社の火を消すしかないでしょ。
消えなければ、自分たちの食いぶちもなくなってしまうんだから。
それとも、本当に、優秀な学校を卒業してもこんな幼稚な頭の人たちばかりの会社なのだろうかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東電社員「給与カットした瞬間に仕事しなくなるよ」
 

会長以下の役員、社員ともに年収カットが決定した東京電力で、社員だと名乗る男性が、ミニブログサービスのツイッター上に「ウチの社員結構現金な人多いから、給与カットした瞬間に仕事しなくなるよ」と傲岸不遜な書き込みを行い、インターネット上で炎上している。

福島第一原子力発電所の事故による復旧が続けられる中で、賠償に関して「聖域なきリストラを行う」(清水正孝社長)との宣言どおりにリストラを断行し始めた東京電力。
その同社の社員だと名乗る人物が、挑発的な発言が出た。

この人物は「工事管理部門だったが、警備方面の部署に異動」との記述がある。
また、この男性の他のブログによると、3月の終わりに数日間は福島第一に応援に行っていたのだという。

そして、発言は

「なんでウチの社員に給与出すんだなんて言ってる人たちがいるけど、ウチの社員結構現金な人多いから、給与カットした瞬間に仕事しなくなるよ。福島も柏崎も同時にメルトダウンするし関東も大停電して復旧しない。それでもいい?」

というもの。

現場で懸命に復旧作業にあたる社員や、協力会社の社員たちにとっては聞きたくない言葉だろう。

また、批判をする人たちには

「最近ウチの買いやバッシングする奴らの意見見てるとお前等日本出てけよって思う。外国なら安全だよ? 銃社会だから撃たれても文句言えないなど」

と、いう言葉を浴びせかけた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


30代で貯金1億円の猛者も!? 東京電力社員のフトコロ事情


「5月1日」。東京電力にとっては、ひじょうに大切な1日である。
1951年の5月1日に現在の企業体となった、創業記念日にあたるのだ。
関係者によると、会社休日でしかも特別手当として数万円が支給されるというのだ。
社員にとって、東京電力に入社した幸せを実感できる日だろう。

「数万円、たしか5万円もらえると聞いたことがあります」と、他の電力会社の中堅社員ら複数の関係者の証言を得た。
だが、「おそらく今年は出ていないのでは」と前出の関係者。
こんなご時世にもらえるということは考えにくい。

今年の5月1日は東京電力社員たちにとっては、復旧作業、あるいはコールセンターななどもてんやわんやだと聞く。
特別手当以前に、休日さえままならないことだろう。

f0148098_19562039.jpg


平均年収757万円(40.6歳)。
これは有価証券報告書に記載されている数字であるが、電力各社を比較すると、東電の社員平均年収は757万円となっており、9番目ということになる。

ただ、これを額面どおり受け取る電力業界関係者はいない。
「東電さんは10社の中でも別格です」という声が聞こえてくる。
業界関係者は「昔から高収益で、しかも組合が強いので、業界全体で言えることですが待遇はいいです。趣味が貯金で、しかも独身で30代なのに○○千万円と貯めている社員もいます。東電さんなら…」と続ける。
30歳代で貯金1億円以上という人がいても不思議ではない。

初任給は同じようだが、「30歳代で1000万円に到達しますし、賞与も年間200万円くらい行く人もいるらしいです」という。
社員寮が月額家賃2000円だという。

余談になるが、「部長レベルになると、接待費が年間100万円以上あるそうです」と関係者は言う。

だからなのか、東電本社からJR山手線の高架を一本挟んだところにある、
銀座のクラブにも出没する機会は多いそうだ。

「電力がないとあなたたちは営業できないね。電力を作っているのは我々だよ」

という幹部の発言は、銀座界隈では広まっているほどだ。

これだけの高待遇なのだから、この業界自体の就職も狭き門で、東大、京大をはじめとする有名大学卒はゴロゴロ社内にいるのだという。

さらに、5月1日以上に東電社員であることを幸せだと実感する時が来る日があるという。

東電では、退職者を対象にしたセミナーを毎年行っているそうだ。
そこで参加者たちは公的年金の少なさに唖然とし、企業年金の多さにビックリするのだという。

内部資料によると、同社の企業年金は月額40万円だというのだ。
公的年金の倍以上だから、社員が驚くのも当然だ。
東電に入って良かったと実感し、晴々として会社を去っていくのだ。
[PR]
by greenwich-village | 2011-05-03 19:51 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(0)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ