さぁさ、皆さん、きいとくれ、原発賛成音頭だよ!!

おそらく、
村上龍あたりの新作小説は、きっと今回の一連の騒動をモチーフにして、いままさに出筆中ではなかろうか、夏あたりまでにタイムリーに間に合うように。
今後ミュージシャンたちも何らかの形で、癒し系でもメッセージ性でも励ましソングでも、今回の騒動に関する曲を作る人も出てくるだろう。

創作活動には近年これ以上ないテーマ・モチーフになるわけだが、願わくば、そんな陳腐なものは作らないで欲しい。
創作は現実に先行しない。
小説であれ、音楽であれ、触れれば触れるほど陳腐になる。今回のことに関して、ドキュメントならいざ知らず、創作はどう転んでも何のインパクトも持ちようがない。

津波にあった方々はもちろんだが、避難時、音楽も書籍もDVDも一切もっていくことはなく(それは邪魔な荷物だ)、すべての創造は精神・感情に肉薄しても超えることはない平時の娯楽、という絶対的な現実を目の当たりにした。

すべては、衣食住たりてのエンターテイメント。

それが芸術性が高かろうが、俗悪な俗謡であろうが、命の目の前ではまったく無意味だ。
高尚も劣等もない。
大切なのは、いまあること、生きていること、ここにいること、それだけだ。

今回の件は、エンターテイメントにはならない、しようもない。すれば陳腐になるだけだ。
いまだに避難所に身を寄せる方々が、今回の日々の自身の身の上を語るにはまだまだ時間がかかるし、身をおかずしての創造は空しい空虚なものになる。

小説家もミュージシャンも、そのあたりを心して創造していったほうがいい。
恋愛小説やラブソングでいい。
小説ならストーリー、音楽ならメロディ、映画なら映像、それがどうかなだけ。
肉体的危機の前では、精神性はガソリン不足で走りようもなかった車のように何の役にも立たない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、

いわき市平白銀のバー&キッチン「ルイジアナ」は原発以上に恐怖の腰痛を抱えたマスターKくんが連日営業中。
マスターKくんのご案内で、本日のテーマソングはこちら「原発賛成音頭」。

キヨシローはRCの時に出した「カヴァーズ」の“サマータイム・ブルース”で原発を取り上げていたが、そのアルバムは発売禁止の憂き目にあった。

作詞の言葉とか反原発の内容が触れたのではない。
単純にもっと大人の理由だ。

人気絶頂の当時RCの所属レコード会社は東芝EMI。
東芝EMIの親会社はもちろん、東芝。
もう、おわかりでしょう。
東芝は原子力事業に参加していて、今回の福島原発の原子炉も作っている。
そういうことだ。

今回の一連の話のように、裏で密通暗躍している。

それで後年、その怒りを密かに胸にしまっていたキヨシローは「原発賛成音頭」を作る。
しかもわざわざ、音頭にしてだ、笑。

♪~これなら問題ないだろう、の下りはそういう背景がある。

タイマーズのこのコスチュームも、まさに日本人の精神性を皮肉って具現化したように思われる。
(年寄りばかりではなくて、若者たちも含めての精神性だ)


復興復旧も見えない津波・震災で避難している地元をはじめ東北各地の皆さんへのCMやミュージシャンたちタレントたちの“がんばれソング”もいいのですが、こちら手のつけられない原子力爆弾を抱えて日夜過ごしている者としては、がんばりようもない現実もありまして。

原子力というのは、
サーカスの猛獣使いが、長い間飼いならしていたはずのライオンに突如野生が蘇って、いきなり首を噛み切られた、そんな状態ですな。

原発賛成音頭   タイマーズ


[PR]
Commented by ルイジアナ at 2011-04-26 03:30 x
サンボマスターも、もっとロックだと思ってたのに。。。
Commented by greenwich-village at 2011-04-26 10:50
キヨちゃんが生きていたら、「おぉ~、どブスの原発ベイベェー」って唄ってたろうなぁ。
福島ローカルでだけでパワープレイ中かな、猪苗代湖S。
せめてサビの「I LOVE YOU BABY 福島」なんて英詞じゃなくて、全編日本語で「大好きだ、ボクの福島」って唄ってほしかったね。
サンボ山口はイジメられキャラだから嫌いじゃないけど、あの金髪の広告屋はどうしても苦手だな。
Commented by spanky2011th at 2011-07-03 19:01
東京に住んでいる者です。まさかタイマーズの映像が見れるとは思いませんでした。隠れ原発反対派だった自分ですが、この隠れというのが福島の人たちに大きな迷惑をかけてしまったみたいです。ありがとうございます。
Commented by greenwich-village at 2011-07-04 23:11
spanky2011さん、はじめまして。
キヨシローは何よりピュアな人でしたね。大人になって幾つになっても、理屈もテクニックもわかっていても、ムキ出しのままの部分を抑えきれない人。そういうところがチャーミングでしたね。

大丈夫ですよ、隠れ反原発でも福島の人に迷惑なんてかかっていませんよ。迷惑なのは東電や政府の体質。

何も、私は反原発だ!なんて大声で誰かれ公言することはないと思いますよ。心ひそかに思って、日々それに則して普通に生活することが大事だと思うんです。
Commented by spanky2011th at 2011-07-05 17:08
 実は、私の兄は、工業高校を卒業して一時東電の関連会社に就職し、水力発電の仕事をしていたことがあり、その兄がその会社を辞めてから熱心な原発反対派になりました。私が実家に帰ると、原発の危うさをよく聴かされていました。うんざりするほどに。
 私は高校生の頃から反原発派で、小さくて柔らかいシステム発電派でした。そんな私ですが、実家のブロック塀に兄が貼り出した原発の恐ろしさを啓蒙するポスターを見た時、唖然としました。
 兄は原発のこととなるとエキセントリックになり、それが私を隠れ反原発派にさせたのかもしれません。
 それと、タイマーズの一連の「反原発」ソングを聴いたとき(つまり、二十数年前)、こんな馬鹿な妄想を抱いたのです。
 反原発運動がみのり、政府が「わかりました。原発はやめましょう」ということになり、電力不足になります。そのとたん、いままで反原発だった人々がいっせいに「もっと電力をよこせ」といいだし、にわかで稼働させた原発が大事故を起こし、日本が放射能で汚染されてしまい、だれも住めなくなってしまう。そんな物語です。
 ばかばかしいようですが、日本人の心性を考えると、あながち、なきにしもあらず、だと思うのです。
Commented by spanky2011th at 2011-07-05 17:09
<つづき>
 「君死にたもうことなかれ」の与謝野晶子も、爆弾三有志の話に感動し、一時期、戦争をたたえるような歌を作り、「日本人なら、爆弾三有志のように生きよう」と主張したのです。教科書には載ってない事実です。また、青年将校が政府要人を暗殺しだしたとき、マスコミはじめ国民も彼らを賞賛し、全うな発言をしていた人々が、暗殺を怖れて黙しだしたのです。
 戦争に突入させたのは、その時々のブームに流されやすい日本人の心性ではないのか。そんな思いがするのです。さらに、なにかあったときには、まったく正反対のことを発言しても、なんら、恥じない日本人の心性こそが問題なのではないのか。そんなことを考えているのです。
 タイマーズの曲にたしか「プーム、ブーム、その夏のブーム。便乗、便乗」というのがあったと思いますが、いま苦労されている福島の方々には申し訳ないのですが、東京は、あいも変わらず、「プーム、ブーム、その夏のブーム。便乗、便乗」という感じです。
チたのですが、ここでも、私は黙って通り過ぎてしまいました。
Commented by spanky2011th at 2011-07-05 17:35
<つづき>
 4月のことです。そのころ、東京は「東日本被災者支援募金」ブームでした。当然、私の住む国立駅前でも、入れ替わり立ち替わり、いろいろな団体が募金を呼びかけていました.
 あるとき、ある銀行がどうみても新入社員だろうという若者を並ばせて、その背後に担当者らしき人物が立ち、「支援の募金をお願いします」と、やっていたのです。「おい、新人研修に利用するな」と思いました。呆れ返ってしまいました。というより、怒りを覚えました。
 ここらへんも「プーム、ブーム、便乗、便乗」と、感じてしまうので。
 でも、東京も、水面下で、何かが動いているような感じがします。二十代の青年が、駅前で歌いだしたり、私のような者もブログを始めたり、なにか、やらずにいられない感じなのです。
 ちょうど、ビートルズ全盛期に、アフター・ビートルズが一斉に動き出したような、そんな感じです。ピンク・フロイトが、キング・クリムゾンが、レッド・ツェッペリンが、ジミ・ヘンドリックスが、自分の音楽を打ち出しはじめた時と、似ているような気がします。私の思い込みでないことを願うのみです。
 長々と書いてしまい、申し訳ありません。
Commented by greenwich-village at 2011-07-05 22:13
spankyさん、コメントありがとうございます。
長くありません、大変興味深く読ませていただきました。勉強になります。
それから、ブログも拝見させていただきました。こちらも興味深く、まだある程度しか読んでいないので、ゆっくり拝見したいと楽しみにしております。
リンクさせていただきました。

まさにこのコメントに共感するところがあるので、後ほどブログ本文でまとめてみたいと思っています。
by greenwich-village | 2011-04-25 12:15 | グリニッチ・ヴィレッジ | Comments(8)

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ