いわき市放射能観光社/コバルト60と旅する<春の東海村軽水炉グルメツアー>のご案内

●枝野官房長官が案内する<菅直人杯争奪・大相撲巡業・大熊町場所観戦ツアー>

●東電清水社長と行く<春の福島原発20キロ圏内サバイバル探険ツアー>

●ゴールデンウィーク<激安・三都物語/女川原発・六ヶ所村・柏崎刈羽原発ツアー>

●石原都知事と巡る<いわき市・北茨城近海鮮魚・露地もの葉物野菜食べ放題ツアー>


も好評ご案内中。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


トリチウム、コバルト60が検出 次は東海村が危ない

東北と関東で余震が続く中、「福島原発と同じくらい危ない」とみられているのが、茨城県の東海村だ。誰もが知っている日本の原子力発電発祥の地。東海発電所は98年に営業運転を停止したが、隣接する東海第2発電所は110万キロワットの沸騰水型軽水炉として稼働してきた。

ところが3月11日の震災で、第2発電所を津波が襲い、非常用発電機の冷却用ポンプが浸水した。そのためポンプ3台のうちの1台が停止。現在、外部電源が回復し、原子炉は冷温停止状態に落ち着いているが、甘く見てはいけない。

マスコミが福島原発の放射能漏れに集中しているため、あまり知られていないが、3月11日夜に排水口から水が漏れていたことが判明。トリチウム、コバルト60といった放射性物質が検出されたのだ。両物質とも国の基準値の4000分の1と濃度は低く、経産省の原子力安全・保安院は環境への影響はないというが、茨城県沖・南部・北部だけで175回もの余震が起きているのだ。

琉球大名誉教授の木村政昭氏(地震学)が言う。

「これだけ余震が集中していると、第2発電所の施設はかなりのダメージを受けていると考えられます。ただでさえ放射性物質が漏れ出す危険性が高いうえに、いま心配されているのが茨城南部と千葉北東部の地震。内陸地震で、もし起きればM6.5以上のエネルギーになりそうです。地震でもろくなった建物がさらにダメージを受けたら、福島原発のように、危険な放射性物質が漏れ出すかもしれません」

東海村も危ない……。

(日刊ゲンダイ2011年4月15日掲載)
[PR]
by greenwich-village | 2011-04-19 13:00 | グリニッチ・ヴィレッジ

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ