がんばれ、原発現場で復旧作業をしている皆さん

福島県は大まかに縦割りで三等分、右から浜通り、中通り、会津地方というふうに区分わけしています。私が住むいわき市や原発は、その浜通りに位置しています。
福島県の面積は、日本でも上位に入る大きさです。

福島県だからといって、浜通りから会津や中通りはかなり遠いところになります。
その地方の農産物がただちに影響があるわけではありませんし、すでに収穫・加工されているものなら尚のことです。
もちろん、県や国がしっかりと検査しています。

近い場所で現在進行形の浜通りやいわき市はまだまだ出荷できませんし、現状では私も決してお勧めいたしませんが、少なくとも、県や国の検査をクリアしている会津や中通りの福島県産のものは大丈夫です。

そうはいっても、そうは納得しても、頭では理解しても、なかなか手が伸びないのは当然と思いますが、すべての福島県産が良くないわけでもありませんので、そのあたりは頭に片隅に入れておいて頂きたいと思います。

風評は仕方ないものです。
「がんばれ、ニッポン」「がんばれ、東北」「がんばれ、福島」「がんばれ、いわき」は大変うれしく思うのですが、復興はがんばれても、いわきに関しては、相手が目に見えない放射能ですから、正直、何をがんばればいいのか、がんばりようもないと私は思っています。

いま、がんばって欲しいのは、原発で作業している現場の方々です。
だから、

「がんばれ、原発現場で復旧作業をしている皆さん」

いま強く望むものは、それだけです。
[PR]
by greenwich-village | 2011-04-02 12:45 | グリニッチ・ヴィレッジ

CD レコード 楽器 書籍 家具 器 インテリア ヴィンテージアイテム


by グリニッチ・ヴィレッジ